大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > HotTopics > 1個レベルで細菌を検出・識別できる新システムを実演 -感染症診断の迅速化に期待-

1個レベルで細菌を検出・識別できる新システムを実演 -感染症診断の迅速化に期待-

 1個レベルで細菌やウイルスを検出・識別するセンサーの開発は非常に困難であり、装置も大きく、コスト等の課題がありました。

 今回、ナノテクを用いて作製したセンサーは、電流変化で細菌を検出し、センサーから得られるビッグデータを機械学習することで、1個の細菌を識別することに成功しました。

 細菌・ウイルスを極微量で、検出・識別することができれば、インフルエンザなどの感染症を迅速に診断し、早期に治療が行えます。

 また、今回のセンサーシステムは、小型化が可能であり、半導体微細加工技術によるチップの量産化で低価格化も期待されます。

細菌・ウイルス検査システムの試作機
図:細菌・ウイルス検査システムの試作機

 本成果は革新的研究開発プログラムImPACTの研究開発課題によって得られました。

ImPACT

 本研究成果は第39回定例記者会見で発表いたしました。詳細はこちらをご覧ください。

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > HotTopics > 1個レベルで細菌を検出・識別できる新システムを実演 -感染症診断の迅速化に期待-

1個レベルで細菌を検出・識別できる新システムを実演 -感染症診断の迅速化に期待-

 1個レベルで細菌やウイルスを検出・識別するセンサーの開発は非常に困難であり、装置も大きく、コスト等の課題がありました。

 今回、ナノテクを用いて作製したセンサーは、電流変化で細菌を検出し、センサーから得られるビッグデータを機械学習することで、1個の細菌を識別することに成功しました。

 細菌・ウイルスを極微量で、検出・識別することができれば、インフルエンザなどの感染症を迅速に診断し、早期に治療が行えます。

 また、今回のセンサーシステムは、小型化が可能であり、半導体微細加工技術によるチップの量産化で低価格化も期待されます。

細菌・ウイルス検査システムの試作機
図:細菌・ウイルス検査システムの試作機

 本成果は革新的研究開発プログラムImPACTの研究開発課題によって得られました。

ImPACT

 本研究成果は第39回定例記者会見で発表いたしました。詳細はこちらをご覧ください。