大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > HotTopics > 産業科学研究所国際シンポジウム開催

産業科学研究所国際シンポジウム開催

 平成28年12月12日(月)、13日(火)の両日に、梅田グランフロントにおいて第20回大阪大学 産業科学研究所国際シンポジウム(第15回大阪大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター、および、第4回 関西ナノテク・第12回 阪大ナノテク国際シンポジウムとの共催)を開催しました。タイトルは、”Molecular Technology Frontiers towards IoT world”とし、産研が取り組む学際領域を総括する今注目の話題とした。4セッション構成とし、各セッションを大きな分野で括り、情報分野から慶応大の徳田英幸教授、分子技術に対する取り組みを東大の中村栄一教授、ナノテク・材料に対する期待を川合知二教授(大阪大学/NEDO)、更に、IntelからIoT担当上席研究員のBrian McCarsonによる同社の取り組みについて各分野を代表する基調講演をお願いしました。。また、招待講演が12件、2日目にはポスター発表が107件となり、盛会のもとで活発な議論が交わされました。

図1

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > HotTopics > 産業科学研究所国際シンポジウム開催

産業科学研究所国際シンポジウム開催

 平成28年12月12日(月)、13日(火)の両日に、梅田グランフロントにおいて第20回大阪大学 産業科学研究所国際シンポジウム(第15回大阪大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター、および、第4回 関西ナノテク・第12回 阪大ナノテク国際シンポジウムとの共催)を開催しました。タイトルは、”Molecular Technology Frontiers towards IoT world”とし、産研が取り組む学際領域を総括する今注目の話題とした。4セッション構成とし、各セッションを大きな分野で括り、情報分野から慶応大の徳田英幸教授、分子技術に対する取り組みを東大の中村栄一教授、ナノテク・材料に対する期待を川合知二教授(大阪大学/NEDO)、更に、IntelからIoT担当上席研究員のBrian McCarsonによる同社の取り組みについて各分野を代表する基調講演をお願いしました。。また、招待講演が12件、2日目にはポスター発表が107件となり、盛会のもとで活発な議論が交わされました。

図1