大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 革新的イノベーション創出プログラム (COI STREAM)

革新的イノベーション創出プログラム (COI STREAM)

Center of Innovation Science and Technology based Radical Innovation and Entrepreneurship Program

概要

 人間力決定因子を医学・脳科学的に究明し、これと密接に結びつく体・脳状態の簡易パラメータをモニタリングすることで、常に人間力を診断、活性化する手段を提供する。生活・居住環境や教育・スポーツ環境のコントロール、ウエラブルデバイスにより、脳や五感への最適刺激を導入する。幼少期から老年期に至るまで、常に意欲的で潜在力を発揮できるスーパー日本人を育成、豊かな社会を構築する。

実地体制

プロジェクトリーダー:上野山 雄(パナソニック(株)) 研究リーダー:松本和彦(大阪大学) (中核機関)パナソニック(株)、大阪大学 (サテライト機関)金沢大学

参画機関

東京大学、脳情報通信融合センター、国立循環器病センター、東京都市大学、電気通信大学、近畿大学、imec international、メディネット(株)、(株)日立製作所、ダイキン工業(株)、昭和電工(株)、コニカミノルタ(株)、セメダイン(株)、(株)カネカ、パイクリスタル(株)、MSI. TOKYO(株)、クオンタムバイオシステムズ(株)、 NPO法人 Evidence創出者倶楽部、(株)ブレイン・シェア、(株)ブレインズ、(株)ファーストシステム、田中商事(株)、大日本スクリーン製造(株)、日新化成(株)、東邦化成(株)、(株)新興製作所、オルガノ(株)、(株)PFU、国立精神・神経医療研究センター、金沢工業大学

実現の鍵となる研究開発テーマ

  • coi_01
  • (人間力の医学・脳科学的解明)
     血液・涙等の検体を用いて活性化を阻害するストレス物 質を探索、ストレス度を可視化する。
     また、7Tの磁気共鳴画像装置および子供用脳磁計を用いて、脳状態を可視化、人間力決定因子を解明する。
  • coi_02
    (簡易モニタリング手法の開発)
     ストレス物 質を定量的に検出する新規デバイスの開発、および簡易ウェアラブルセンサやビジネス顕微鏡を用いて、体・脳状態をオンサイト にモニタリングする手法を開発する
  • coi_03
    (人間力活性化手法の開発)
     人間力活性化に影響を与える、睡眠/音楽等の生活・居住環境や教育・スポーツ現場における対人環境のコントロール、新規ウエラブルデバイスを 用いた脳や五感からの刺激による活性化を図る

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 革新的イノベーション創出プログラム (COI STREAM)

革新的イノベーション創出プログラム (COI STREAM)

Center of Innovation Science and Technology based Radical Innovation and Entrepreneurship Program

概要

 人間力決定因子を医学・脳科学的に究明し、これと密接に結びつく体・脳状態の簡易パラメータをモニタリングすることで、常に人間力を診断、活性化する手段を提供する。生活・居住環境や教育・スポーツ環境のコントロール、ウエラブルデバイスにより、脳や五感への最適刺激を導入する。幼少期から老年期に至るまで、常に意欲的で潜在力を発揮できるスーパー日本人を育成、豊かな社会を構築する。

実地体制

プロジェクトリーダー:上野山 雄(パナソニック(株)) 研究リーダー:松本和彦(大阪大学) (中核機関)パナソニック(株)、大阪大学 (サテライト機関)金沢大学

参画機関

東京大学、脳情報通信融合センター、国立循環器病センター、東京都市大学、電気通信大学、近畿大学、imec international、メディネット(株)、(株)日立製作所、ダイキン工業(株)、昭和電工(株)、コニカミノルタ(株)、セメダイン(株)、(株)カネカ、パイクリスタル(株)、MSI. TOKYO(株)、クオンタムバイオシステムズ(株)、 NPO法人 Evidence創出者倶楽部、(株)ブレイン・シェア、(株)ブレインズ、(株)ファーストシステム、田中商事(株)、大日本スクリーン製造(株)、日新化成(株)、東邦化成(株)、(株)新興製作所、オルガノ(株)、(株)PFU、国立精神・神経医療研究センター、金沢工業大学

実現の鍵となる研究開発テーマ

  • coi_01
  • (人間力の医学・脳科学的解明)
     血液・涙等の検体を用いて活性化を阻害するストレス物 質を探索、ストレス度を可視化する。
     また、7Tの磁気共鳴画像装置および子供用脳磁計を用いて、脳状態を可視化、人間力決定因子を解明する。
  • coi_02
    (簡易モニタリング手法の開発)
     ストレス物 質を定量的に検出する新規デバイスの開発、および簡易ウェアラブルセンサやビジネス顕微鏡を用いて、体・脳状態をオンサイト にモニタリングする手法を開発する
  • coi_03
    (人間力活性化手法の開発)
     人間力活性化に影響を与える、睡眠/音楽等の生活・居住環境や教育・スポーツ現場における対人環境のコントロール、新規ウエラブルデバイスを 用いた脳や五感からの刺激による活性化を図る