大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 所長あいさつ

所長あいさつ

Greetings

Photo
所長 中谷 和彦

 産業科学研究所は、大阪を中心とする関西財界や有志の「産業に必要な自然科学の基礎と応用」に関する研究機関を大阪に設置したいという強い要望を背景に、昭和14年、現在の大阪大学の前身である大阪帝国大学に設立されました。その後、時代の要請に伴い組織改編と新たな研究分野の充実を重ね、平成21年に新たな学際融合研究の展開、ナノサイエンス研究の強化、産学連携と大学院教育への貢献、国際共同研究の一層の推進を目指して、第1研究部門(情報・量子科学系)、第2研究部門(材料・ビーム科学系)、第3研究部門(生体・分子科学系)の3研究部門と、産業科学ナノテクノロジーセンターに改組・拡充され、今日に至っています。平成22年から、北大電子研、東北大多元研、東工大資源研、九大先導研との5大学附置研によるネットワーク型「物質・デバイス領域共同研究拠点」を開始するとともに、5大学附置研の大型共同研究プロジェクト「附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト」を進め、全国の大学、企業研究者とのネットワークの形成と我が国の科学研究の一層の発展に努めています。
 設立時に与えられた産研の使命である「産業に必要な自然科学の基礎と応用に関する研究」の意味するところは、75年余を経た今日に至っても全く変わっていません。即ち、我が国屈指の高等教育機関である大阪大学の附置研究所として、産研は世界最高水準の教育・研究を実施する責任を負うと同時に、その科学研究を産業に資するべく展開することが求められています。産研が持つ多様でかつ高品質な研究シーズを、実社会のニーズを解決する技術へ確実に展開するためには、異なる視点を持つ他大学・研究機関や企業研究者の皆様のご協力が是非とも必要になります。今後も産研は使命を忘れることなく、世界最高水準の教育・研究機関で有り続けるべく努力して参ります。引き続き皆様の温かいご支援とご指導・ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 所長あいさつ

所長あいさつ

Greetings

Photo
所長 中谷 和彦

 産業科学研究所は、大阪を中心とする関西財界や有志の「産業に必要な自然科学の基礎と応用」に関する研究機関を大阪に設置したいという強い要望を背景に、昭和14年、現在の大阪大学の前身である大阪帝国大学に設立されました。その後、時代の要請に伴い組織改編と新たな研究分野の充実を重ね、平成21年に新たな学際融合研究の展開、ナノサイエンス研究の強化、産学連携と大学院教育への貢献、国際共同研究の一層の推進を目指して、第1研究部門(情報・量子科学系)、第2研究部門(材料・ビーム科学系)、第3研究部門(生体・分子科学系)の3研究部門と、産業科学ナノテクノロジーセンターに改組・拡充され、今日に至っています。平成22年から、北大電子研、東北大多元研、東工大資源研、九大先導研との5大学附置研によるネットワーク型「物質・デバイス領域共同研究拠点」を開始するとともに、5大学附置研の大型共同研究プロジェクト「附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト」を進め、全国の大学、企業研究者とのネットワークの形成と我が国の科学研究の一層の発展に努めています。
 設立時に与えられた産研の使命である「産業に必要な自然科学の基礎と応用に関する研究」の意味するところは、75年余を経た今日に至っても全く変わっていません。即ち、我が国屈指の高等教育機関である大阪大学の附置研究所として、産研は世界最高水準の教育・研究を実施する責任を負うと同時に、その科学研究を産業に資するべく展開することが求められています。産研が持つ多様でかつ高品質な研究シーズを、実社会のニーズを解決する技術へ確実に展開するためには、異なる視点を持つ他大学・研究機関や企業研究者の皆様のご協力が是非とも必要になります。今後も産研は使命を忘れることなく、世界最高水準の教育・研究機関で有り続けるべく努力して参ります。引き続き皆様の温かいご支援とご指導・ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。