当研究室で行っている研究について、ご紹介いたします。


学会・研究会・会議などでの発表







2018
Nagai T.
Vivid Application of Super-duper Chemiluminescent Proteins - From Bioactivity Imaging to Glowing Plants.
Bioengineering Seminar Series, Georgia Institute of Technology, 2018.2.8
Nagai T.
Super-duper bioluminescent probes for next generation neuroscience.
SPIE Photonic West BiOS 2018 plenary session, San Francisco, 2018.01.28 Picture
Inagaki S, Agetsuma M, Nagai T.
A novel fiber-free technique for brain activity imaging in multiple freely behaving mice.
SPIE Photonic West BiOS, San Francisco, 2018.01.27
Nagai T.
A novel fiber-free technique for brain activity imaging in multiple freely behaving mice.
Nanoscope technologies, Dallas, 2018.01.25
永井 健治
化学発光が拓く次世代バイオフォトニクス
第10回つくばがん研究会, 筑波大学, 2018.1.18
Matsuda T, Yamasaki S, Nishino K, Nagai T, Yamaguchi A.
Analysis of the in cell dynabics of a multi-drug exporter AcrB in the absence and presencen of substrates.
21st SANKEN International Symposium, ISIR, 2018.1.16
Yoshida K, Hayashi K, Nakashima R, Yamaguchi A, Nagai T, Matsuda T.
Direct and functional reconstitution of Haloterrigena turkmenica bacteriorhodopsin from polymer-bounded nanodisc into liposome.
21st SANKEN International Symposium, ISIR, 2018.1.16
Riani YD, Matsuda T, Nagai T.
Green variant of monomeric photosensitizing fluorescent protein for photo-inducible protein inactivation and cell ablation.
21st SANKEN International Symposium, ISIR, 2018.1.16
Tsuji M, Hattori M, Arai Y, Nagai T.
In vitro evolution of photoswitchable red fluorescent protein.
21st SANKEN International Symposium, ISIR, 2018.1.16
Farhana I, Suzuki K, Matsuda T, Nagai T.
Toward spatiotemporally-scalable Ca2+ imaging with a bimodal indicator.
21st SANKEN International Symposium, ISIR, 2018.1.16
2017
永井 健治
新しい産学共創に向けた大阪大学の取り組み
IT連携フォーラムOACIS 第33回シンポジウム「ICT産学連携フェア2017」, 大阪大学, 2017.12.08
永井 健治
少数性の生命科学:Minor要素の振舞いがシステム全体に影響を及ぼす思わぬ仕掛け
2017年度生命科学系学会合同年次大会, 神戸ポートアイランド, 2017.12.07
松田 知己、永井 健治
生理機能イメージングのための蛍光・発光タンパク質を用いたCa2+プローブと光操作
2017年度生命科学系学会合同年次大会, 神戸ポートアイランド, 2017.12.07
服部 満、小澤 岳昌、永井 健治
3次元発光イメージングを利用した生細胞観察法の開発
2017年度 人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミックアライアンスG3 分科会, 東北大学, 2017.11.27
Nagai T.
Various applications of super-duper bioluminescent proteins: From bioimaging to glowing plants
29th Annual Meeting of Thai Society for Biotechnology and International Conference, Swissotel Le Concorde, Bangkok, Thailand, 2017.11.23
Nagai T.
Bioluminescent probes for multi-purpose use in wide range of bioimaging
8th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Imperial Palace Seoul Hotel, Korea, 2017.11.15
Matsuda T, Nagai T.
Fluorescent/Bioluminescent Protein-Based Ca2+ Probes and Photo Manipulation for Imaging of Physiological Functions
20th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease, Awaji Yumebutai, 2017.10.26
Nadim H, Suzuki K, Iwano M, Matsuda T, Nagai T.
Multicolor Bioluminescent Calcium Imaging Across Three Orders of [Ca2+] Magnitude in Single Living Cells
20th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease, Awaji Yumebutai, 2017.10.22-26
Inagaki S, Agetsuma M, Ohara S, Iijima T, Wazawa T, Arai Y & Nagai T.
Genetically encoded bioluminescent voltage indicator applicable to brain activity recording in freely moving mice
9th Optogenetics Research Society Japan International Symposium, 東北大学, 2017.10.21
永井 健治 
picture
外れ値から見出す新しい生命現象
研究会「理論と実験」2017, 広島大学, 2017.10.06
Nakano M, Arai Y, Kotera I, Okabe K, Kamei Y, Nagai T
Development of a genetically encoded thermometer
Workshop Advanced Material Sciences 2017, Leibniz Institute of Polymer Research Dresden, Germany, 2017.09.21
永井 健治 
Development of techniques for imaging physiological functions toward visualization of singularity caused by minority elements
第55回日本生物物理学会年会, 熊本大学, 2017.09.20
稲垣 成矩、揚妻 正和、筒井 秀和、大原 慎也、新井 由之、神野 有香、白 貴蓉、飯島 敏夫、Daniels Matthew、岡村 康司、松田 知己、永井 健治 
複数の自由行動マウスにおける脳活動計測が可能な化学発光膜電位指示薬の開発
第55回日本生物物理学会年会, 熊本大学, 2017.09.19
篠田 肇、Ma Yuanqing、中島 良介、櫻井 啓介、松田 知己、永井 健治
ハナガサクラゲ由来の耐酸性・単量体型GFP
第55回日本生物物理学会年会, 熊本大学, 2017.09.19
Nadim H、鈴木 和志、岩野 恵、松田 知己、永井 健治
Development of chemiluminescent low affinity Ca2+ indicators applicable to analyzing Ca2+ dynamics in endoplasmic reticulum
生理学研究所研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」, 生理学研究所, 2017.09.15
篠田 肇、Yuanqing Ma、中島 良介、櫻井 啓介、松田 知己、永井 健治
酸性オルガネラ内機能イメージングのための、耐酸性GFP の開発
生理学研究所研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」, 生理学研究所, 2017.09.14
松田 知己、藤原 沙都姫、永井 健治
光スイッチング Ca2+指示薬 -超解像機能イメージングを目指して-
生理学研究所研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」, 生理学研究所, 2017.09.14
永井健治
高光度化学発光タンパク質の様々な応用展開ーバイオイメージングから発光植物までー
2017年応用物理学会秋季学術講演会, 福岡国際会議場, 2017.09.05
永井健治
多彩なナノランタンで未来の世界を彩る
2017年光化学討論会・市民公開講座「バイオイメージング最前線講演会」, 東北大学青葉山キャンパス, 2017.09.04
永井健治、岩野恵
化学発光タンパク質「ナノ・ランタン」による新たな価値の創造
イノベーション・ジャパン2017 JSTプレゼンテーション, 東京ビックサイト, 2017.08.31
永井健治
高光度化学発光タンパク質が可能にする次世代バイオイメージング
第36回分子病理学研究会 「フェニックスシンポジウム in 宮崎」, フェニックス・シーガイア・リゾート「コテージヒムカ」, 2017.07.22
Nagai T.
Various application of super-duper chemiluminescent proteins -from bioimaging to glowing plants-
IBCS seminar, RILD Auditorium, University of Exeter (Exeter, Devon UK), 2017.07.14
永井健治
高光度発タンパク質を利用したバイオイメージング
北海道大学医学研究院, 2017.07.03-07
永井健治
高光度発光タンパク質が拓く未来社会
特別講義, 和歌山県立医科大学医学部, 2017.06.30
永井健治
picture
シンギュラリティにおける少数性の役割解明に向けて
第二回 ルミノジェネティクス研究会, 箱根強羅 静雲荘, 2017.06.26
篠田肇
picture
化学発光3Dイメージングに向けたデジタルホログラフィー顕微鏡の開発
第二回 ルミノジェネティクス研究会, 箱根強羅 静雲荘, 2017.06.27
中野雅裕
picture
蛍光性温度プローブタンパク質の開発
第二回 ルミノジェネティクス研究会, 箱根強羅 静雲荘, 2017.06.26
稲垣成矩
picture
複数の自由行動マウスにおける脳活動計測が可能な化学発光膜電位指示薬の開発
第二回 ルミノジェネティクス研究会, 箱根強羅 静雲荘, 2017.06.26
Nagai T.
Acid Resistant Monomeric GFP for Quantitative Single Cell Analyses.
the Biophysical Society Thematic Meeting Single-Cell Biophysics: Measurement, Modulation, and Modeling, National Taiwan University, Taiwan , 2017.06.20
Riani YD, Matsuda T, Nagai T.
Green Variant of Monomeric Photosensitizing Fluorescent Protein for Photo-Inducible Protein Inactivation and Cell Ablation.
the Biophysical Society Thematic Meeting Single-Cell Biophysics: Measurement, Modulation, and Modeling, National Taiwan University, Taiwan , 2017.06.17
Nagai T.
Various Application of Super-duper Chemiluminescent Proteins:From Bioimaging to Glowing Plants.
Special Lecture, National Chiao Tung University, Taiwan , 2017.06.16
岩野 恵、永井 健治
ライブイメージングのための高光度発光植物の開発
第69回日本細胞生物学会大会, 仙台国際センター, 2017.6.14
永井健治
蛍光・化学発光タンパク質の開発と社会実装への展開
第 59 回公開講演会(繊維技術), 大阪産業創造館, 2017.05.26
和沢 鉄一、新井 由之、河原 吉伸、中野 雅裕、鷲尾 隆、永井 健治
遺伝子工学的に開発した蛍光プローブによる細胞生理機能超解像イメージング
2017年度人工知能学会全国大会 (JSAI2017), ウィンクあいち, 2017.05.24
Nagai T.
Development of techniques for imaging physiological functions toward visualization of minority cells.
Joint Symposium on Bioimaging between Singapore and Bioimaging Society of Japan, National University of Singapore, Singapore, 2017.05.21
Nadim H.
picture
Development of Chemiluminescent Low Affinity Ca2+ Indicators Applicable to Analysis of Ca2+ Dynamics in Endoplasmic Reticulum.
Joint Symposium on Bioimaging between Singapore and Bioimaging Society of Japan, National University of Singapore, Singapore, 2017.05.20
Nagai T.
Bioluminescent indicator applicable to membrane voltage recording in various excitable cell types. (Plenary Presentation)
OPTICS & PHOTONICS International Congress 2017, Pacifico Yokohama, 2017.04.19
Nagai T.
Super-Easy Superresolution Imaging by Spontaneously Photoswitchable Fluorescent Protein.
Palais de Congress, Bordeaux, France, 2017.04.12
Nagai T.
A photoswitchable fluorescent protein with fast spontaneous switching on property and large photon budget able to easy superresolution imaging.
Janelia Research Campus/HHMI, Ashburn, Virginia, USA, 2017.04.04
永井健治
生物発光タンパク質プローブの開発と生命科学研究への応用
薬学会第137年会, 仙台国際センター, 2017.03.27
永井健治
生物発光が拓く生命科学と未来社会
第112回分子科学フォーラム, 岡崎コンファレンスセンター, 2017.03.24
永井健治
高光度発光タンパク質の開発と生命科学研究への応用
第8回OCARINA国際シンポジウム, 大阪市立大学, 2017.03.07
永井健治
「生物発光が拓く生命科学と未来社会」
総合生命科学部シンポジウム, 京都産業大学, 2017.03.03
永井健治
高光度発光タンパク質の開発と社会実装への展開
多元技術融合光プロセス研究会, AIST, 東京, 2017.03.02
永井健治
蛍光・化学発光タンパク質プローブの開発と生命科学研究への応用
特別講演会, 広島大学大学院理学研究科, 2017.02.15
永井健治
パネルディスカッション「関西発イノベーション促進に向けた産学官の対話」
未来創造対話in大阪2017, ナレッジキャピタル, コングレコンベンションセンター, 2017.2.7
Nagai T.
Super-duper chemiluminescent proteins applicable to wide range of bioimaging
SPIE BIOS, San Fransisco, 2017.1.28
2016
永井健治
高光度発光タンパク質を利用したバイオイメージング
先端医学トピックス, 神戸大学院 医学研究科, 2016.12.06
永井健治
マイノリティ細胞の可視化に資する超解像生理機能イメージング法の開発
第39回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜, 2016.12.01
稲垣成矩
自由行動マウスの脳活動計測を可能にする化学発光膜電位センサーの開発
第39回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜, 2016.11.30
中野雅裕
様々な生物種の温度測定に利用でき且つ速い温度変化を測定可能な蛍光性温度プローブタンパク質
第54回日本生物物理学会年会,つくば国際会議場,つくば市, 2016.11.27
稲垣成矩
自由行動マウスの脳活動計測を可能にする化学発光膜電位センサーの開発
第54回日本生物物理学会年会,つくば国際会議場,つくば市, 2016.11.26
新井由之
自発的光スイッチング蛍光タンパク質による簡便超解像イメージング
第54回日本生物物理学会年会,つくば国際会議場,つくば市, 2016.11.26
和沢鉄一
高速スイッチング蛍光タンパク質と改良されたSPoD-ExPAN による超解像イメージング
第54回日本生物物理学会年会,つくば国際会議場,つくば市, 2016.11.25
永井健治
超解像生理機能イメージング法の開発とマイノリティ細胞の可視化の試み
第54回日本生物物理学会年会,つくば国際会議場,つくば市, 2016.11.25
Nagai T.
Five color variants of bright bioluminescent protein and Ca(2+) indicators for real-time multicolor bioimaging
Janelia Fluorescent Proteins and Biological Sensors V Conference, Virginia, USA, 2016.11.7
Nagai T.
Genetically encoded bioluminescent probes for multi-purpose use in wide range of bioimaging
World Life Science Conference, National Convention Center, Beijing, China, 2016.11.2
Nagai T.
Genetically encoded bioluminescent probes for multi-purpose use in wide range of bioimaging
Beijing University, China, 2016.11.1
永井健治
生物発光が拓く未来社会
エモリ大学, アメリカ ジョージア州 アトランタ, 2016.10.26
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with bright biolulminescent proteins
Emory University, Atlanta, 2016.9.26
Nagai T.
Super-duper bioluminescent proteins for optical imaging and control of biological functions
第39回日本神経科学大会シンポジウム ,パシフィコ横浜, 2016.7.21
永井健治
蛍光・化学発光タンパク質を利用した生理機能の可視化
光産業技術マンスリーセミナー ,東京都文京区 光産業技術振興協会 , 2016.7.19
Nagai T.
A Spontaneously Switchable Fluorescent Protein for a PALM-Based Easy and Fast Super-Resolution Microscopy
Gordon Research Conference(GRC) Single Molecule Approaches to Biology, Hong Kong, 2016.7.7
和沢鉄一、新井由之
新規光スイッチング蛍光タンパク質による超解像イメージング
第140回生命機能研究科研究交流会, 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ, 2016.6.22
Nagai T.
Bioluminescent probes capable of video rate functional imaging at various spatial level ranging from single cell to whole body
Federation of American Societies for Experimental Biology, Lisbon, Portugal, 2016.6.13
Nagai T.
Bioluminescent probes capable of video rate functional imaging at various spatial level ranging from single cell to whole body
International Symposium on Chemiluminescence and Bioluminesence, Tukuba, Japan, 2016.5.31
永井健治
バイオイメージング-蛍光vs化学発光
第五回バイオイメージング研究会, 東京大学大学院薬学系研究科 5Wセミナー室, 2016.5.23
永井健治
少数性生物学概論
岡山大学医歯薬総合研究科, 2016.5.20
Nagai T.
Genetically Encoded Bioluminescent Probes for Multi-purpose Use in Wide Range of Bioimaging
The Fourth Japan-China Symposium on Nanomedicine,Kitakyushu International Conference Center, Kitakyushu, Japan, 2016.5.12
永井健治.
分子プローブと光摂動ツールの開発および走化性応答の少数性生物学
新学術領域「少数性生物学」研究成果報告会, 東京大学 伊藤謝恩ホール, 2016.3.15
和沢鉄一.
光スイッチングタンパク質Kohinoor とSPoD-ExPAN法を用いた生体適合性の高い超解像蛍光イメージング
新学術領域「少数性生物学」研究成果報告会, 東京大学 伊藤謝恩ホール, 2016.3.15
Takauchi H.
A spontaneously switchable fluorescent protein for super-resolution imaging by high-speed single molecule detection
新学術領域「少数性生物学」研究成果報告会, 東京大学 伊藤謝恩ホール, 2016.3.15
永井健治.
発光タンパク質技術の社会実装を目指して
第78回(平成27年度第4回)産研テクノサロン 『未来を拓くサイエンス -産研教授が語る研究の夢- 』, 富国生命ビル まちラボ,大阪市, 2016.2.5
Nagai T.
Super-duper luminescent proteins applicable to wide range of research
IMCE International Symposium, ITO Campus, Kyushu University, 2016.1.27
Nagai T.
Super-duper chemilumiescent proteins
University of Bordeaux, Osaka, Osaka City University, ISIR, Osaka University, 2016.1.26
2015
Nagai T.
Prospect of minority biology
Pacifichem 2015 ,Kohala/Kona - Sheraton Waikiki, 2015.12.19
Nagai T.
Genetically-encoded luminescent indicator applicable in millisecond voltage phenomena
Pacifichem 2015 ,Kohala/Kona - Sheraton Waikiki, 2015.12.17
Suzuki K.
Multiple color pallet of super-duper luminescent proteins for long-term and ultrafast acquisition of biological phenomena
Pacifichem 2015 ,Kohala/Kona - Sheraton Waikiki, 2015.12.16
Inagaki S.
Genetically-encoded chemiluminescent indicator applicable in millisecond voltage phenomena
Pacifichem 2015 ,Kohala/Kona - Sheraton Waikiki, 2015.12.16
Nagai T.
Bioimaging with bright luminescent proteins: Comparing pros and cons of fluorescence and luminescence
Pacifichem 2015 ,Kohala/Kona - Sheraton Waikiki, 2015.12.15
永井健治.
自ら光る街路樹の創生をめざして
第49回光学五学会, 大阪市立大学文化交流センター・ホール, 2015.12.5
稲垣成矩.
複数の光遺伝学操作と組み合わせたイメージングと薬剤スクリーニングの可能性を広げる発光膜電位指示薬の開発
BMB2015, 神戸ポートアイランド, 2015.12.4
松田知己.
遺伝子コードされたケイジドカルシウム用いた細胞内 Ca2+ 操作
BMB2015, 神戸ポートアイランド, 2015.12.3
永井健治.
微小反応場における分子反応素過程を理解するための超解像「機能」イメージングに向けた取リ組み
BMB2015, 神戸ポートアイランド, 2015.12.2
永井健治.
高光度化学発光タンパク質が拓く次世代バイオイメージング
BMB2015, 神戸ポートアイランド, 2015.12.2
中野雅裕.
遺伝子にコードされたレシオメトリック蛍光性温度センサーの開発
BMB2015, 神戸ポートアイランド, 2015.12.2
Shinoda H.
An acid insensitive green fluorescent protein from Olindias formosa
BMB2015, 神戸ポートアイランド, 2015.12.1
Nagai T.
Genetically-Ecoded Tools to Optically Control and Image Ca2+ Dynamics
The 2nd East-Asia Microscopy Conference ,The Himeji Chamber of Commerce and Industry , 2015.11.27
Arai Y.
Spectral fingerprinting of individual cells visualized by cavity-reflection-enhanced light-absorption microscopy
The 2nd East-Asia Microscopy Conference ,The Himeji Chamber of Commerce and Industry , 2015.11.25
Wazawa T.
Biocompatible super-resolution imaging of fast photoswiching fluorescent proteins by polarization demodulation/excitation angle narrowing
The 2nd East-Asia Microscopy Conference ,The Himeji Chamber of Commerce and Industry , 2015.11.25
Nagai T.
Bioimaging with genetically-encoded fluorescent and chemiluminescent proteins
北海道大学ニコンイメージングセンター学術講演会, 北海道大学 電子科学研究所, 2015.11.20
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
Physical Biology Lecture at SINAP, Chinese Academy of Sciences, Shanghai, P. R. China, 2015.11.2
永井健治.
光る植物で明るい未来!?
大阪大学×ナレッジキャピタル / 研究ときめき*カフェ 
「考える」を考える学校 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル,大阪市, 2015.10.29
永井健治.
第8回関西発仕事コンソーシアム~やってみなはれ勉強会~
富国生命ビル まちラボ,大阪市, 2015.10.28
永井健治.
高光度発光タンパク質によるバイオイメージングと多用途利用
岡山県医用工学研究会, 岡山大学 鹿田キャンパス, 2015.10.16
Nagai T.
Genetically-encoded tools to optically control and image neuronal activity
4th International Frontiers in Neurophotonics Symposium, the Musée de la civilization, Québec city, Canada, 2015.10.04
Nakano M.
Genetically encoded ratiometric fluorescent thermometer with broad, high dynamic range, and rapid response
第24回 日本バイオイメージング学会 学術集会, 東京理科大学 葛飾キャンパス, 2015.9.27
永井健治.
生物発光が拓く未来の生活
第24回 日本バイオイメージング学会 学術集会 公開講座 
「私たちのくらしとバイオイメージング~見えるからわかるバイオの世界~」 , 東京理科大学 葛飾キャンパス, 2015.9.26
Nagai T.
Genetically-encoded tools to optocally control and image physiological events
PRESTO-Harvard Joint Symposium, Harvard University, 2015.9.21
永井健治.
「少数分子が担う生命現象」 "Biological events operated by small number of biomolecules"
第53回日本生物物理学会年会 シンポジウム, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.15
和沢鉄一、新井由之、永井健治.
光スイッチング蛍光タンパク質が実現する次世代超解像イメージング
第53回日本生物物理学会年会・オプトラインランチョンセミナー, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.15
Nagai T.
A fast- and positively photoswitchable fluorescent protein for ultralow-laser-power RESOLFT nanoscopy
第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.14
Wazawa T.
Biocompatible superresolution imaging by polarization demodulation/excitation angle narrowing of fast photoswitching fluorescent proteins
第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.14
Inagaki S.
Luminescent indicator expands application for functional voltage imaging with multiple optical manipulation and drug screening
第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.14
Shinoda H.
Novel green fluorescent protein from Olindias formosa with exceptional pH stability
第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.14
永井健治.
蛍光・化学発光イメージングに相応しいカメラの選び方
第53回日本生物物理学会年会・浜松ホトニクス株式会社ランチョンセミナー, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.13
Arai Y.
Spectral fingerprinting of individual cells observed by cavity-reflection-enhanced light-absorption microscopy
第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.13
Suzuki K.
Color pallet of super-duper luminescent proteins capable of wide range application
第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス 自然科学本館, 2015.9.13
永井健治.
生物発光が拓く未来社会
第53回日本生物物理学会年会・市民講演会, 石川県教育会館 ホール, 2015.9.12
永井健治.
細胞の構造・動態・機能を可視化するための遺伝子ツール
第31回分析電子顕微鏡討論会 , 幕張メッセ国際会議場, 2015.9.1
永井健治.
光る植物で明るい未来
市民参加シンポジウム 未来を拓く植物バイオのチカラ, 大阪富国生命ビル, 2015.8.29
Nagai T.
Single Molecule/Nanoparticle Spectroscopy and Imaging
The 4th Hsinchu Summer Workshop ,National Chiao Tung University, Taiwan, 2015.7.10
Nagai T.
Single Molecule/Nanoparticle Spectroscopy and Imaging "Fluorescent bio-probes"
The 4th Hsinchu Summer Course ,National Chiao Tung University, Taiwan, 2015.7.9
永井健治.
蛍光から発光へ:バイオイメージングの新潮流
BioMecForum 第 77 回研究会, 大阪大学, 2015.7.4
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with bright chemiluminescent proteins
Biophysical Society Thematic Meeting: New Biological Frontiers Illuminated by Molecular Sensors and Actuators ,National Taiwan University, Taipei, Taiwan, 2015.6.29
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with bright luminescent proteins
The 3rd China-Japan Nanomedicine Symposium,Institute of Basic Medical Sciences Chinese Academy of Medical Science & Peking Union Medical College, Beijing, China , 2015.6.19
永井健治.
蛍光・化学発光によるバイオイメージングの現状と展望
2015年 先端光化学若手研究会, 早稲田大学, 2015.6.14
永井健治.
高光度発光タンパク質を利用したバイオイメージング
第10回日本ケミカルバイオロジー学会, 東北大学, 2015.6.11
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with bright luminescent proteins -Comparing pros and cons of fluorescence and luminescence-
The 1st Infectious Disease Imaging Symposium -Basics and Applications-, Nagasaki University, Japan, 2015.6.4
Nagai T.
Genetically-encoded tools to optically control and image Ca2+ dynamics
19th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease,Vanderbilt University,USA,2015.5.31
永井健治.
超解像蛍光イメージングに最適な蛍光タンパク質の選び方
日本顕微鏡学会第71回学術講演会, 国立京都国際会館, 2015.5.15
和沢鉄一.
SPoD/ExPANおよびSTED, RESOLFTによる超解像蛍光顕微鏡イメージング
日本顕微鏡学会第71回学術講演会, 国立京都国際会館, 2015.5.15
高内大貴.
高速に1分子蛍光局在超解像イメージングを可能にする光スイッチングタンパク質の開発
日本顕微鏡学会第71回学術講演会, 国立京都国際会館, 2015.5.14
Nagai T.
A fast- and positively photoswitchable fluorescent protein for ultralos-laser power RESOLFT nanoscopy
Hangzhor, China,2015.5.11
Nagai T, Kawakami S, Matsuda T, Nakano M, V.P. Koldenkova.
Development of a ratiometric Mg2 indicator with expanded dynamic range
Focus on Microscopy FOM 2015, the Lokhalle event center(Gottingen, Germany), 2015.3.30
Nakano M, Arai Y, Kotera I, Iwasaki T, Kamei Y, Nagai T.
Monitoring temperature inside a single cell with a novel genetically encoded fluorescent temperature indicator
Focus on Microscopy FOM 2015, the Lokhalle event center(Gottingen, Germany), 2015.3.30
永井健治.
街路樹を照明灯に!遺伝子組み換え植物の可能性
市民参加シンポジウム「未来を拓く植物バイオのチカラ」, 大阪富国生命ビル4F(大阪市), 2015.3.28
永井健治.
Ca2+動態を光で制御し可視化するタンパク質ツール
第120回日本解剖学会・第92回日本生理学会合同大会, 神戸国際会議場, 2015.3.21
Nagai T.
Genetically-encoded tools to optically control and image Ca2+ and Mg2+ dynamics.
The 2nd International Symposium on Plant Environmental Sensing,
AIST Tokyo Waterfront, Tokyo, Japan, March 14, 2015
Nagai T.
Toward long term single molecule imaging in live cells with luminescent probes
The 15th International Membrane Research Forum、iCeMS, Kyoto University、2015.3.2
Nagai T.
Genetically-encoded tools to optically control and image Ca2+ dynamics
International Symposium on Bio-imaging and Gene Targeting Sciences in Okayama、
the 50th Anniversary Hall, Okayama University (Okayama City)、2015.2.15
永井 健治
Ca2+動態を光で操作し可視化するための遺伝子ツール
新学術領域 柔らかな分子系 第8回ワークショップ、岡山いこいの村(岡山県瀬戸内市)、2015.1.24
永井 健治
遺伝子にコードされた分子スパイによる最先端バイオイメージング -蛍光vs化学発光ー
講演会、筑波大学 生物・農林学系F棟506(つくば市)、2015.1.23
2014
永井 健治
少数性生物学概説および少数性分子の可視化・操作技術の開発
第14回 名古屋大学・遺伝子実験施設 公開セミナー、名古屋大学 理学南館 坂田・平田ホール(名古屋市)、2014.12.17
永井 健治
オモロイサイエンスを行う秘訣
北海道大学 医学部 生理学I、北海道大学 医学部(北海道札幌市)、2014.12.16
Nagai T.
Genetically-encoded chemiluminescent sensor for membrane voltage to monitor neuronal activity
2nd Conference of SANKEN Core to Core, 3rd imec Handai International Symposium Knowledge Capital Congres Convention Center(Osaka, Japan)、2014.12.12
Nagai T.
Basics of genetically-encoded fluorescent/chemiluminescentprobes
2nd AIST International Imaging Workshop
DAILAB, Biomedical Research Institute, AIST(Tsukuba, Japan)、2014.12.10
永井 健治
遺伝子にコードされた分子スパイによる生命現象の解明に向けて
奈良先端大学院大学物質創成科学研究科「光ナノサイエンス特講」、2014.12.8
Nagai T.
Bioimaging by means of engineered fluorescent/chemiluminescent proteins
IIT Madras(インド)、2014.12.1
川上 祥司、松田 知己、中野 雅裕、Vadim Perez Koldenkova、永井 健治
Mg2+チャネルタンパク質を利用した高性能蛍光マグネシウムイオンプローブの開発
第37回日本分子生物学会、パシフィコ横浜、2014.11.27
松田 知己1、Emmy Tran1、竹本 研2、坂井 直樹3、新井 由之1、野田 勝紀4、内山 進4、永井 健治4 (1.阪大・産研、2.横市大・院医・医学、3.リューベック大・生化研、4.阪大・院 工・先端生命)
単量体型光増感蛍光タンパク質 SuperNova
第37回日本分子生物学会、パシフィコ横浜、2014.11.27
稲垣 成矩1、松田 知己1、新井 由之1、神野 有香2、筒井 秀和2,3、岡村 康司2、永井 健治1
(1.阪大・産研、2.阪大・医学、3.北陸先端大・マテリアルサイエンス研究科)
複数の光遺伝学ツールと組み合わせ可能な、化学発光膜電位センサーの開発
第37回日本分子生物学会、パシフィコ横浜、2014.11.25
永井 健治
観て弄るタンパク質の創出による1細胞生物学
第37回日本分子生物学会、パシフィコ横浜、2014.11.25
永井 健治
センサーデバイス開発学
名古屋市立大学大学院薬学研究科、2014.11.14
永井 健治
生命現象を光で見て弄る技術の開発
大学院講義 基礎研究方法論
愛媛大学医学部 基礎第1講義、2014.10.28
永井 健治
今にのめりこむ~超サイエンス術~
第3回TRCイメージングシリーズセミナー
愛媛大学医学部 基礎第1講義、2014.10.28
Nagai T.
Genetically-encoded tools to optically control and image Ca2+ dynamics
the 16th International Conference on Retinal Proteins (ICRP2014)
Nagahama Royal Hotel、2014.10.9
Nagai T.
Expanded palette of bright luminescent proteins for real-time multi-color luminescence imaging
Janelia Conference: Fluorescent Proteins and Biological Sensors IV
HHMI's Janelia Research Campus、2014.9.29
Shigenori Inagaki1, Tomoki Matsuda1, Yoshiyuki Arai1, Yuka Jinno2, hidekazu Tsutsui2,3, Yasushi Okamura2, Takeharu Nagai1 (1ISIR., Univ. Osaka, 2Grad. Sch. Med., Univ. Osaka, 3Sch. Mat. Sci., JAIST)
Genetically-encoded chemiluminescent voltage indicator applicable in conjunction with multiple optogenetic tools
Janelia Conference: Fluorescent Proteins and Biological Sensors IV
HHMI's Janelia Research Campus、2014.9.29
Yoshiyuki Arai 1, Takayuki Yamamoto 1, Takeo Minamikawa 2, Tetsuro Takamatsu 2, Takeharu Nagai 1 (1 ISIR, Osaka Univ., 2 Kyoto Pref. Univ. Med.)
吸収増幅顕微鏡による細胞イメージング
第53回日本生物物理学会年会 3SDA ラマン顕微分光および先端光計測が拓く生物物理の視界 Cutting-Edge Optical Imaging Approaches and Raman Micro-Spectroscopy Pioneering Bio-Physics Cavity reflection enhanced light absorption microscopy for cellular imaging
札幌コンベンションセンター、2014.9.27
Tetsuichi Wazawa1,2, Nobuyuki Morimoto2, Makoto Suzuki2 (1Biomolec Sci Engin, ISIR, Osaka Univ, 2Dept Mater Proc, Grad Sch Engin, Tohoku Univ)
LN 光変調器を用いた高精度周波数領域蛍光異方性測定による蛍光色素の回転運動解析
High-precision frequency-domain fluorescence anisotropy measurement using a waveguide LN modulator for dye rotational motion analysis
第53回日本生物物理学会年会 
札幌コンベンションセンター、2014.9.27
Kazushi Suzuki1, Yoshiyuki Arai1,2, Takeharu Nagai1,2 (1Grad sch engin, Osaka Univ, 2ISIR, Osaka Univ)
マルチモーダル超高輝度化学発光タンパク質 Multi-modal super-duper chemi-luminescent protein
第53回日本生物物理学会年会 
札幌コンベンションセンター、2014.9.27
Shigenori Inagaki1, Tomoki Matsuda1, Yoshiyuki Arai1, Yuka Jinno2, hidekazu Tsutsui2,3, Yasushi Okamura2, Takeharu Nagai1 (1ISIR., Univ. Osaka, 2Grad. Sch. Med., Univ. Osaka, 3Sch. Mat. Sci., JAIST)
複数の光遺伝学ツールとの組み合わせが可能な化学発光膜電位センサーの開発
Genetically-encoded chemiluminescent voltage indicator applicable in conjunction with multiple optogenetic tools
第53回日本生物物理学会年会 
札幌コンベンションセンター、2014.9.27
Tamiki Komatsuzaki (ahokkaido University), Takeharu Nagai
Prospect of minority biology 少数性生物学の展望
第53回日本生物物理学会年会 新学術領域研究「少数性生物学―個と多数の狭間が織りなす生命現象の探求―」共催 少数性、数揺らぎが創出する機能のシナリオ Scenario of functions from minority and number fluctuations
札幌コンベンションセンター、2014.9.26
Takeharu Nagai
生物発光がもたらす未来のほっこり生活 Future warm life brought about by bioluminescence
第53回日本生物物理学会年会 第一回総会ワークショップ 「生物物理が拓く未来社会」
札幌コンベンションセンター、2014.9.26
Takeharu Nagai
マルチカラーオプトジェネティクスによる細胞機能の多元操作と化学発光膜電位センサーによる高速計測
第53回日本生物物理学会年会 オプトラインランチョンセミナー「ハイパワーLEDが拓くマルチモダリティオプトジェネティクスシステム」 
札幌コンベンションセンター、2014.9.25
Dhermendra. K. TIWARI
Fluorescent protein
JSPSサイエンス・ダイアログ 
栃木県立宇都宮女子高等学校、2014.9.22
Takeharu Nagai
EXPANDED PALETTE OF SUPER-DUPER LUMINESCENT PROTEINS FOR REAL-TIME MULTI-COLOR LONG-TERM IMAGING
1細胞解析技術に関するナイロビ国際シンポジウム(Joint Meeting of the 1st Africa International Biotechnology & Biomedical Conference and the 8th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis) 
Safari Park Hotel NAIROBI, KENYA、2014.9.10
Kazushi Suzuki, Yoshiyuki Arai, Takeharu Nagai.
Multi-modal superduper chemiluminescent proteins enabling multicolor functional imaging and manipulation
IMC 2014(The International Microscopy Congress 2014) 
Prague Congress Centre Prague, Czech Republic 、2014.9.10
Takeharu Nagai
Photochromic fluorescent protein with fast on-off switching for versatile nanoscopy
IUPAB Congress 2014 (2014 International Biophysics Congress) 
Brisbane Convention and Exhibition Centre Brisbane, Queensland, Australia、2014.8.5
永井 健治
Genetically-encoded tools to optically control and image cellular events
京都大学生命動態システム科学推進拠点:発生・細胞生物学・システム生物学コース 
京都大学医学部記念講堂、2014.6.27
Takeharu Nagai
Genetically-encoded photosensitizer for light-dependent perturbation of biological function
iCeMS International Symposium: "Light Control in Cell Biology"
Kyoto University iCeMS、2014.6.13
Takeharu Nagai
Genetically-encoded tools to optically control and image calcium dynamics
the 2014 FASEB SRC on Calcium and Cell Function 、Meliã Nassau Beach Nassau, Bahamas、2014.6.2
稲垣 成矩
Development of a genetically-encoded chemiluminescent voltage indicator
平成25年度アライアンス成果報告会、大阪大学会館 豊中市、2014.5.30
中野 雅裕
"Monitoring Temperature inside a Single Cell with a Novel Genetically Encoded Fluorescent Temperature Indicator "
平成25年度アライアンス成果報告会、大阪大学会館 豊中市、2014.5.30
永井 健治
オモロイサイエンスを行う秘訣
「生理学Ⅰ」講義 、北海道大学 医学研究科 札幌市、2014.5.23
永井 健治
in vivo ライブイメージングによる高次生命現象の可視化と応用
日本実験動物科学技術さっぽろ2014 、札幌コンベンションセンター 札幌市 、2014.5.16
TIWARI Dhermendra Kumar
"FAST PHOTOSWITCHING FLUORESCENT PROTEIN FOR LIVE CELL SUPERRESOLUTION IMAGING, Dhermendra K TIWARI, Yoshiyuki ARAI, Yamanaka MASAHITO, Katsumasa FUJITA, Takeharu NAGAI"
日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会 、幕張メッセ 国際会議場 千葉市 、2014.5.11
Takeharu Nagai
"吸収増幅顕微鏡による細胞個性計測 新井 由之,山本 高之,南川 丈夫,高松 哲郎,永井 健治 Cellular Individuality observed by cavity enhanced absorptionmicroscopy Yoshiyuki Arai, Takayuki Yamamoto, Takeo Minamikawa,Tetsuro Takamatsu, Takeharu Nagai "
日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会 、幕張メッセ 国際会議場 千葉市 、2014.5.11
永井 健治
"今この時を完全燃焼すべし!「15年後に教授になる方法:薬学部の利点と欠点」 "
講演会 、岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 岡山市 、2014.4.28
TIWARI Dhermendra Kumar
"A novel photoswitchable fluorescent protein for nanoscopy D.K. Tiwari, Y. Arai, M. Yamanaka, K. Fujita & T. Nagai"
FOM2014(Forcus On Microscopy 2014) 、Seymour Centre, University of Sydney Sydney, Australia 、2014.4.16
Tomoki Matsuda
"Genetically encoded photoactivatable Ca2+ indicator for hilighted imaging in arbitrary single cell T. Matsuda & T. Nagai "
FOM2014(Forcus On Microscopy 2014) 、Seymour Centre, University of Sydney Sydney, Australia 、2014.4.15
Yoshiyuki Arai
"Cellular individualty observed by cavity enhanced light absorption microscpy Y. Arai, T. Yamamoto & T. Nagai"
FOM2014(Forcus On Microscopy 2014) Sydney, Australia 、2014.4.14
永井健治
今にのめりこむ-超オモロいサイエンス術-
超異分野若手シンポジウム、大阪大学、2014.3.22
永井健治
光で拓く生命科学
静岡県立大学市民勉強会「環境・生命・宇宙」、静岡県立大学、2014.3.15
永井健治
少数性生物学概説および少数生体分子の可視化・操作技術の開発
生体システム専攻バイオサイエンスシンポジウム、東工大すずかけ台キャンパス、2014.2.18
永井健治
パッパラパーこそものの上手なれ
Meet The Mentors、岡山大学医歯薬総合研究科、2014.2.5
永井健治
蛍光から化学発光へ-バイオイメージングの新潮流-
平成25年度第2回次世代バイオナノ研究会「マイクロ・ナノ空間の生体計測・イメージング」、東京ビッグサイト、2014.1.30
永井健治
発光タンパク質を利用した様々な技術開発
特許庁技術研修会、特許庁、2014.1.28
2013
永井健治
1細胞内の分子吸収スペクトルを計測可能な吸収増幅顕微鏡の開発
第5回膜輸送体研究会、新富良野プリンスホテル、2013.12.27
永井健治
蛍光・化学発光タンパク質エンジニアリングによる生理機能の操作と可視化
量子エレクトロニクス研究会「バイオ・メディカルフォト二クス:基礎と応用の最前線」、上智大学セミナーハウス@軽井沢、2013.12.20-22
Nagai T.
Manipulation and visualization of biological function with genetically encoded molecular spies.
2013 ASCB annual meeting, New Orleans, USA, 2013.12.14
永井健治
少数性生物学-タンパク質に個性はあるか?-
第36回分子生物学会公開市民講座、神戸ポートピアホテル、2013.12.6
永井健治
高輝度化学発光タンパク質が拓く次世代解析技術
プロメガダイナミックコネクション、ホテルパールシティ神戸、2013.12.3
Nagai T.
SuperNova, a monomeric photosensitizing fluorescent protein for chromophore-assisted light inactivation.
36^th JSMB Symposium on dynamic cell anatomy by molecular imaging and photo manipulation, Kobe International Conference Center, 2013.12.3
Nagai T.
Luminescent proteins able to high speed imaging at singlecell and whole body level.
1st Osaka University-EPFL InternationalSymposium, Osaka University, 2013.12.2
永井健治
細胞・個体内の生理機能を操り・視る光学ツールの開発
シンポジウム-を創る操る、奈良先端科学技術大学院大学ミレニアムホール。2013.11.28
永井健治
パッパラパーになって科学革命を起こしませんか?
中間市民講演会、中間市民ホール、2013.11.10
Nagai T.
Genetically-encoded functional probes applicable in conjunction with photo-manipulation technologies.
International Symposium on Nanomedicine, Kyushu Institute of Technology, 2013.11.09
永井健治
LED光源を利用した生体試料の可視化と操作
第51回日本生物物理学会、国立京都国際会館、2013.10.29
Nagai T.
Genetically-encoded functional probes applicable in conjunction with photo-manipulation technologies
Optogenetics2013、Keio University, North Hall、Tokyo, Japan、2013.9.27
永井健治
蛍光から化学発光へ -バイオイメージングの新潮流-
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会、岡山コンベンションセンター、岡山県岡山市、2013.9.21
永井健治
高輝度化学発光タンパク質によるリアルタイムバイオイメージング
第65回日本生物工学会大会、広島国際会議場、広島市、2013.9.20
Nagai T.
Superstrong luminescent protein for high speed imaging at single cell and whole body level
JSAP-OSA Joint Symposia(第74回応用物理学会秋季学術講演会)、同志社大学京田辺キャンパス、京都府京田辺市、2013.9.19
永井健治
細胞・個体イメージング用光学プローブの開発
日本学術会議公開シンポジウム 「医学・生命科学の革新的発展に資する統合バイオイメージングの展望」、日本学術会議講堂、 東京都、2013.9.17
永井健治
高輝度発光タンパク質の医学応用
化学工学会 第45回秋季大会、岡山大学 津島(東)キャンパス、 岡山市、2013.9.16
Nagai .T
Photo-manipulation of intracellular Ca2+ by a genetically-encoded caged Ca2+
ECS Workshop 2013 4th ECS WORKSHOP “Ca2+ and cell death”、Grand Beguinage of Leuven、 Leuven (Belgium)、2013.9.12
Nagai .T
Invention of high performance bright luminescent proteins used as a light source in cells
第10回「光の利用と物質材料・生命機能」領域会議、東大寺総合文化センター、 奈良市、2013.9.4
永井健治
Invention of high performance bright luminescent proteins used as a light source in cells
FIRST川合PJ2013年度中間報告会、ラフォーレ那須、 栃木県那須郡那須町、2013.8.31
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
Department of Pharmacology, University of Oxford, United Kingdom, 2013.8.13
永井健治、福田憲隆、松田知己
遺伝子にコードされたケージドCa2+の開発と生物学研究への応用
第65回日本細胞生物学会大会、ウインクあいち、 名古屋市、2013.6.20
永井健治
蛍光から化学発光へ:バイオイメージングの新潮流
CREST・さきがけ 光科学技術合同シンポジウム、東京大学弥生講堂・一条ホール、 東京都、2013.6.20
永井健治
少数性生物学を支える技術の開発
新学術領域「少数性生物学」第5回班会議、びわこクラブ、 大津市、2013.6.15
永井健治
超高輝度発光タンパク質による革命的バイオイメージング
日本顕微鏡学会第89回学術講演会、ホテル阪急エキスポパーク、 吹田市、2013.5.22
永井健治
蛍光から化学発光へ:バイオイメージングの新潮流
木原記念財団学術賞授賞式、横浜市立大学木原生物学研究所、 横浜市、2013.5.15
永井健治
生体ナノシステム動作原理の理解に基づいた新規医療材料・バイオナノデバイスの創成
第3回物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会、北海道大学学術交流会館、 札幌市、2013.4.22
永井健治
蛍光から化学発光へ:バイオイメージングの新潮流
蛋白研セミナー「光の、光による、光のための蛋白質科学」、大阪大学蛋白質研究所、 吹田市、2013.4.20
永井健治
超高輝度発光タンパク質による革命的バイオイメージング
第90回日本生理学会年会、タワーホール船堀、 東京都江戸川区、2013.3.27
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
Focus on Microscopy 2013、MECC Conference Center、Maastricht, The Netherlands、2013.3.26
永井健治
蛍光から化学発光へ:バイオイメージングの新潮流
先端的光イメージング拠点形成プロジェクト・成果報告シンポジウム、北海道大学医学部学友会館フラテ2階 特別会議室、北海道、2013.3.18
永井健治
Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
The Fourteenth International Membrane Research Forum、iCeMS Main Building, Kyoto University、京都府京都市、2013.3.17
永井健治
分子プローブと光摂動ツールの開発
新学術領域第4回領域会議、ヒルトンニセコビレッジ、北海道虻田郡、2013.3.1
永井健治
バイオイメージングの新潮流
「物質・デバイス領域共同研究拠点」[B-1]公開シンポジウム、北海道大学電子科学研究所、北海道札幌市、2013.2.25
永井健治
蛍光から化学発光へ:バイオイメージングの新潮流
神戸バイオメディカル学術交流会、理研CDB、兵庫県神戸市、2013.2.20
永井健治
バイオイメージング光源の最新技術
平成24年度第4回テクノサロン 「バイオサイエンスの応用展開」、大阪大学産業科学研究所、大阪府茨木市、2013.2.1
永井健治
LED を利用したバイオサイエンス技術
レーザー学会第33回年次大会、姫路商工会議所、兵庫県姫路市、2013.1.30
2012
永井健治
高輝度蛍光タンパク質波長変異体の開発とその生物学的応用
第四回膜輸送体研究会、新富良野プリンスホテル、北海道富良野市、2012.12.28
永井健治
Revolusionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
オックスフォード大学特別ワークショップ、大阪大学産業科学研究所、大阪府茨木市、2012.12.21
永井健治
異物探索・排出モード切替仮説の検証
CREST「構造生命」キックオフ会、ラフォーレ伊東、静岡県伊東市、2012.12.19
永井健治
高輝度光源Light Engineの特性を生かした生命科学研究におけるアプリケーション例とその可能性。
第35回日本分子生物学会年会、福岡国際会議場、福岡県福岡市、2012.12.11
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
The Thirteenth JAFoS (2012 Japanese-American Kavli Frontiers of Science symposium)、Arnold and Mabel Beckman Center、Irvine、2012.12.1
Nagai T.
Genetically-encodable functional indicator and manipulator for deciphering biological events
The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012)、the Nagoya Congress Center、Nagoya、2012.11.28
Nagai T.
Revolutionary Bioimaging with Super-Duper Luminescent Proteins
International Joint Symposium on Single-Cell Analysis、Kyoto Research Park、Kyoto、2012.11.27
永井健治
オワンクラゲの研究から
北三瓶小中学校講演会、北三瓶小学校、中学校、島根県大田市、2012.11.16
永井健治
遺伝子にコードされた分子スパイによる生命現象の解明に向けて
第33回日本レーザー医学会総会、阪大吹田キャンパスコンベンションセンター、大阪、2012.11.11
Nagai T.
Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins
Janelia Farm, USA, 2012.11.5
Nagai T.
Genetically-encoded functional probes applicable in conjunction with photo-manipulation technologies
Pradigm Innovation in Biology-Novel Strategy and Thinking-Academia Sinica, Taipei, Taiwan, 2012.10.17
下村脩、近江谷克裕、永井健治
「ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「次世代へのメッセージ」
東大伊藤謝恩ホール、東京、2012,10.8
永井健治、松田知己、堀川一樹
「生体組織内の任意の細胞で機能イメージングを可能にする光活性化型Ca2+センサーの開発」
生理研研究会「超階層シグナル伝達研究の新展開」,岡崎コンファレンスセンター、岡崎、2012.10.2
永井健治
「遺伝子にコードされた発光プローブ」
第50回日本生物物理学会年会シンポジウム「1分子生物学と生化学の狭間に潜むナノシステム動作力学の理解を目指して」,名古屋大学、名古屋、 2012.9.22
Nagai T
"Revolutionary bioimaging with super-duper luminescent proteins."
4th International Symposium on Photonic Bioimaging, Hokkaido University, Sapporo, Japan, 2012.9.17
Nagai T
"Genetically-encoded functional probes applicable in conjuction with photo-manipulation technologies."
14th international congress of histochemistry, Kyoto, 2012.8.27
Nagai T
"Genetically-encoded tools for chromophore-assited light inactivation of biomolecule functions."
14th international congress of histochemistry, Kyoto, 2012.8.27
永井健治
「最先端バイオイメージング技術で何を解き明かすのか?」
第52回生命科学夏の学校、西浦温泉、2012年8月25日
永井健治
「遺伝子にコードされた分子スパイによる生命現象の解明に向けて」
第24回高遠シンポジウム、高遠、2012年8月23日
永井健治
「蛍光タンパク質の基礎」
第19回細胞生物学ワークショップ、神戸、2012年8月6日
永井健治
「FRETの基礎」
第19回細胞生物学ワークショップ、神戸、2012年8月6日
永井健治
「システム機械設計」
大阪府立大学集中講義、堺、2012年8月1-3日
Nagai T
"Revolutionary bioimaging with super-duper lluminescent proteins."
Department of Chemistry, Alberta University, Canada, 2012.7.16
永井健治
「遺伝子にコードされた分子スパイによる生命現象の解明に向けて」
新学術領域「超高速バイオアセンブラ」第一回若手研究者シンポジウム、京都、2012年7月4日
永井健治
「光で拓くナノバイオテクノロジー」
札幌、2012年6月29日
永井健治
「少数性生物学って何?」
新学術領域「秩序ロジック」班会議、ルスツ、2012年6月19日
永井健治
「LEDを利用したバイオサイエンス技術」
第1回レーザーバイオ医療委員会、札幌、2012年6月8日
永井健治
「バイオイメージングで何を観るのか?」
第64回細胞生物学会、神戸、2012年5月30日
永井健治
「生理機能の光操作と可視化技術」
九州大学先導物質科学研究所セミナー、福岡、2012年5月24日
永井健治
「可視化と光操作で読み解く少数性生物学」
北大・生化学特別講義I、2012年5月15日
永井健治
「改変蛍光タンパク質を利用した生理機能の可視化」
学術振興会第167委員会、台場、2012年4月19日
Nagai T
" Revolutionary bioimaging with super-duper lluminescent proteins."
JSAP2012, Tokyo, 2012.3.15
Nagai T
"Genetically-encoded technologies to quantitatively visualize and control bio-function in living cells."
International symposium on molecular imaging and systems biology, Tokyo, 2012.1.30
永井健治
「光遺伝学ツールを含む光操作技術と組み見合わせて利用可能な自動発光型機能プローブ」
大4回未来創薬・医療イノベーションセミ ナー、札幌、2012年1月17日
永井健治
「光技術が拓く生命科学の新潮流」
東京大学医学研究科大学院講義、東京、2012年1月16日
Nagai T
「Genetically-encoded technologies to quantitatively visualize and control bio-function in living cells」International Symposium on Molecular Imaging and Systems Biology
2012.1.30 (Tokyo University, Tokyo, Japan)
2011
永井健治
「個と多数の狭間が織りなす生命現象の解明を目指して」
文科省数理連携ワークショップ「数理連携10の根本問題の発掘」 和光、 2011年12月28日

Nagai T
「Genetically-encoded technologies to quantitatively visualize and manipulate biomolecule in living cells」
第34回日本分子生物学会2011.12.14(パシフィコ横浜、横浜)

Nagai T
「Auto-luminescent functional probes applicable in conjunction with photo-manipulation technology including optogenetic tools」2011.12.14
Promega Dynamic Connection(パシフィコ横浜、横浜)

Nagai T
「Auto-luminescent genetically encoded indicators for real time in vivo imaging」SPIE 2011 Smart Nano+Micro material and Devices
2011.12.5 (Swainburne Univ. of Technology, Melbourne, Australia)

Nagai T
「Spying biological events in living cells by genetically-encoded functional indicators」The third RIES-CIS international symposium
2011.10.28 (NCTU, Sinchu, Taiwan)

Nagai T
「Expanding the repertory of genetically-encoded Ca2+ indicators」3rd International Symposium on Photonic Bioimaging
2011.10.21 (Keio Plaza Hotel, Sapporo, Japan)

Nagai T
「Imaging tools applicable in conjunction with optogenetic technology」生理研研究所研究会「超階層シグナル伝達研究の新展開」
2011.9.29 (岡崎コンファレンスセンター、岡崎)

Nagai T
「1分子生物学と生化学の狭間に潜むナノシステム動作力学の理解を目指して」第84回日本生化学大会
2011.9.21(国立京都国際会館,京都)

Nagai T
「Halo Tag テクノロジーによる分子機能の時空間的光不活性化と超高輝度化学発光タンパク質によるリアルタイムイメージング」2011 Promega New Technology Seminar 
2011.9.20(キャンパスプラザ京都、京都)

Nagai T
「What should we learn from light emitting organisms? Efficient energy transfer and its application for bioimaging」第49回日本生物物理学会年会
2011.9.17 (兵庫県立大学姫路書写キャンパス,姫路)

永井 健治
「蛍光タンパク質を使用した分子動態計測と化学発光タンパク質による次世代バイオイメージング」第49回日本生物物理学会年会
2011.9.16 (兵庫県立大学姫路書写キャンパス,姫路)

永井 健治
「蛍光・化学発光タンパク質を用いたバイオイメージング技術の現状と展望」第20回日本バイオイメージング学会学術集会
2011.9.2(千歳科学技術大学、千歳)

Nagai T
「Engineering green fluorescent proteins to visualize andmanipulate biological functions」 5th COE symposium, 14th MPC
2011.08.09 (Hamamatsu University School of Medicine, Shizuoka, Japan)

Nagai T
「Imaging Probes for Neuronal Cell Biology」Developmental Neurobiology Course,
2011.07.29 (OIST, Okinawa, Japan)

Nagai T
「Toward invention of high performance genetically-encoded luminescent indicators for functional imaging in living organisms」Symposium to commemorate 150 years of German-Japan friendship,
2011.07.15 (Mirai CAN Hall, Tokyo, Japan)

Nagai T
「Toward deciphering biological phenomena by genetically-encoded molecular spies」,
2011.07.11 (Immunology Frontier Research Center, Osaka University, Japan)

Nagai T
「Invention of high performance bright luminescent proteins used as a nanolight source」AS-JST joint workshop on innovative use of light and nano/bio materials,
2011.05.26 (Academia Sinica, Taipei, Taiwan)

Nagai T
「Auto-luminescent genetically-encoded ratiometric indicator for real-time Ca2+ imaging at the single cell level」IUPAC international congress on analytical science 2011,
2011.05.24 (Kyoto international conference center, Kyoto, Japan)
      
Nagai T
「Auto-luminescent imaging tools for combination use with optogenetic technology」44th Annual meeting of the Japanese Society of Developmental Biology,
2011.05.19 (Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan)
     
  
Nagai T
「Towards Understanding Biological Phenomena by Genetically-Encoded Molecular Spies」NCCR CHEMICAL BIOLOGY MINI-SYMPOSIUM
2011.4.19 (SV1717a, École polytechnique fédérale de Lausanne)

Nagai T
「Toward invention of high performance genetically-encoded luminescent probes for functional imaging in living organisms」 Photonic Bioimaging
2011.2.6-10 (Hilton Niseko Village, Hokkaido, Japan)

Nagai T
「How to engineer fluorescent proteins to construct high performance FRET-based indicators for biological functions」 Chemistry Seminar
2011.1.25 (Chemistry Gazebo, Department of Chemistry, Stanford University)

Nagai T
「Development of ultra-sensitive Ca2+ indicators, yellow cameleon-Nano」 Japan-Taiwan Joint Workshop on Bioelectronics
 2011.1.21 (Nation Cheng Kung University, Tainan, Taiwan)

2010
永井 健治
「蛍光・化学発光タンパク質によるバイオイメージング技術の動向と展望」第2回 Bio Opto Japan カンファレンス
2010.9.29-30(パシフィコ横浜 展示ホールB・横浜)

永井 健治
「バイオイメージング技術の現状と展望」癌研セミナー
2010.9.17-18((財)癌研有明病院 吉田講堂・東京都江東区)

Kenta Saito, Takeharu Nagai
「Auto-luminescent genetically-encoded ratiometric indicator for real-time Ca2+ imaging at the single cell level」
ECS 2010 Warsaw
2010.9.6-10(Warsaw Ochota Campus・ワルシャワ)

Takeharu Nagai
「A Novel Way to Expand the Dynamic Range of Genetically-encoded FRET-based Indicators」Bio Korea 2010
2010.9.1-4(COEX Convention and Exhibition Center・Seoul)
永井 健治
「Toward Elucidation of Biological Enigma by Genetically-encoded Molecular Spies」
新学術領域「システム分子行動学」イメージングワークショッププログラム
2010.8.18(九州大学 箱崎キャンパス・福岡市)

永井 健治
「蛍光・化学発光タンパク質の基礎と応用」浜松医科大学第19回メディカル・ホトニクスコース
2010.8.2(浜松医科大学・浜松市)

Noriyuki Hatsugai
「Bacterial-induced hypersensitive cell death involves fusion of the vacuolar and plasma memberanes」
Plant Biology 2010
2010.7.31-8.4(Montreal convention centre・Montreal )

永井 健治
「光による分子機能コントロール」平成22年度レーザー顕微鏡研究会
2010.7.5-7(独立行政法人 理化学研究所・和光市)

永井 健治
「結晶構造情報に基づく蛍光タンパク質の改変とその生物学的応用」第10回日本蛋白質科学会年会
2010.6.17(札幌コンベンションセンター・札幌市)

永井 健治
「先端的バイオセンシング技術-蛍光タンパク質間FRET法の新たな展開」10th symposium of Gene and Drug Delivery
2010.6.2-3(北海道大学・札幌市)

堀川 一樹
「生物のパターン形成に利用される振動子システム」リズム現象の研究会V
2010.5.28-29(お茶の水女子大学・東京都文京区)

Takeharu Nagai
「A Novel Way to Expand the Dynamic Range of Genetically-encoded FRET-based Indicators」 International Symposium for the Bio Imaging and Cell Dynamics
2010.5.18-20(Gwangiu Institute Science and Technology・Korea)

永井 健治
「神経細胞の機能イメージング、何をどこまで可視化できるようになっているのか」研究会
2010.4.6-8(自然科学研究機構 基礎生物学研究所・岡崎市)

永井 健治
「改変蛍光タンパク質による神経機能の可視化と操作」重点共同利用研究研究会
-ニューロンのネットワーク構築における細胞極性の生物学的意義-
2010.4.7(基礎生物学研究所・岡崎)

永井 健治
「蛍光タンパク質技術が拓いたもの」
第115回日本解剖学会学術集会, 2010.3.29(岩手県民会館・盛岡)

永井 健治
「蛍光・発光物質が切り開く未来の生物学」
目で見る生命科学の面白さ~ノーベル賞受賞者 下村脩博士と一緒に実験をしませんか~
2010.3.28(岩手医科大学・盛岡)

永井 健治
「Approaches to in vivo functional imaging by engineering bacterial luminescent protein」
第83回日本細菌学会, 2010.3.27 (パシフィコ横浜・横浜)

永井 健治
「結晶構造情報に基づく蛍光タンパク質の改変とその生物学的応用」
ソフトナノ材料研究ステーションシンポジウム, 2010.3.11(東北大・仙台)

2009
Takeharu Nagai
”Toward elucidation of biological enigma by genetically-encoded molecular spies”
International Symposium on Waching Biomolecules in Action, 2009.12.16 (Senri Life Science Center, Osaka)


永井健治
「蛍光タンパク質テクノロジーの展望 -観て触って探る生命の不思議-」
平成21年度生理学研究所シナプス研究会「シナプス機能と病態 」、2009.12.14(生理学研究所、岡崎市)

小寺一平, 岩崎卓也, 今村博臣, 野地博行, 永井健治
「A new way to make your FRET-based indicator more efficient: dimerization interface engineering of fluorescent protein」
第32回日本分子生物学会年会、2009.12.9(パシフィコ横浜、横浜市)

永井健治
「蛍光タンパク質性機能プローブの精密設計とバイオイメージングへの応用」
第7回脳科学研究教育センターシンポジウム、2009.12.9(北海道大学、札幌市)

S. J. Lee1, S. V.Alworth, C. Huang, S. Oh, H. Watanabe,K. Saito, K. Horikawa, M. Nomura, T. Tani, T. Nagai
”Automated Kinetic Characterization of Intracellular Single Molecule Trafficking”
49th Annual Meeting of American Society for Cell Biology, 2009.12.5-9 (San Diego Convention Center, USA)


Takeharu Nagai
”Toward understanding biological phenomena by genetically-encoded molecular spies”
BIT’s 3rd Annual Eorld Congress of Gene-2009, 2009.12.4 (Foshan Sansui Golden Sun Hotel, China)


永井健治
「FRET指示薬」
第14回細胞生物学ワークショップ、2009.11.24(北海道大学、札幌市)

永井健治
「蛍光タンパク質テクノロジー」
第14回細胞生物学ワークショップ、2009.11.22(北海道大学、札幌市)

永井健治
「Toward understanding biological phenomena by genetically-encoded molecular spies」
2009年生物物理・生化学・分子生物学会北海道支部会合同年会、2009.11.13(北海道大学、札幌市)

Takeharu Nagai
”Toward understanding biological phenomena by genetically-encoded molecular spies”
Molecular Imaging for Syetems Biology, 2009.11.6 (Okazaki Conference Center, Okazaki)


Tomoki Matsuda, Atsushi Miyawaki, Takeharu Nagai
”Direct measurement of protein dynamics in single living cells using a photoconvertible fluorescent protein Phamret”
Fluorescent proteins and biological sensors II、2009.11.1-4 (Jenelia farm/HHMI、Ashburn(USA))


永井健治
「蛍光タンパク質を巧妙に用いた生理機能動態の可視化」
第47回日本生物物理学会年会、2009.10.30(アスティ徳島、徳島市)

小寺一平、岩崎卓也、今村博臣、野地博行、永井健治
「The effects on the dynamic range of FRET indicators by the mutations in the dimerization interface of fluorescent proteins」
第47回日本生物物理学会年会、2009.10.30(アスティ徳島、徳島市)

植松利亮、小寺一平、斎藤健太、初谷紀幸、堀川一樹、永井健治
「Toward long time physiological imaging of plant cells with reduced autofluorescence by using a Ca2+ indicator composed of a red-shifted FRET pair」
第47回日本生物物理学会年会、2009.10.30-11.1(アスティ徳島、徳島市)

永井大輔、谷知己、永井健治
「Correlation among dipole orientation, FRET efficiency and dynamic range of FRET-based indicators」
第47回日本生物物理学会年会、2009.10.30-11.1(アスティ徳島、徳島市)

Takeharu Nagai
”Toward elucidation of dynamic living system by hierarchical molecular imaging”
82th Annual meeting of JBS, 2009.10.21 (Kobe Convention Center, Kobe)


Takeharu Nagai
”Vivid visualization of biological functions using fluorescent protein-based molecular spies”
91th G-COE seminar, 2009.10.20 (Kyusyu University, Fukuoka)


Takeharu Nagai
”Toward understanding biological enigma by genetically-encoded molecular spies”
Hokkaido University-Academia Sinica Joint Symposium, 2009.10.7 (Hokkaido University, Sapporo)


永井健治
「GFP は何故光るか?-機能指示薬作成法と生理機能の可視化/フェルスター共鳴エネルギー移動(FRET)を利用したバイオセンサー作成法」
第5回ライブセルイメージング講習会、2009.10.6 (産業技術総合研究所つくばセンター、つくば市)

永井健治
「Visualization of Cellular Functions and Dynamics by the Smart Use of Fluorescent Proteins」
30th iCeM Seminer、2009.9.28 (京都大学吉田キャンパス、京都市)

永井健治
「新規蛍光タンパク質の開発とバイオイメージングへの応用」
BioOpto Japan 2009、2009.9.17 (パシフィコ横浜、横浜市)

永井健治
「Vivid visualization of biological functions using fluorescent protein-based molecular spies」
非常勤講師、2009.9.16 (熊本大学、熊本市)

永井健治
「Deciphering enigma of biological functions by genetically-encoded molecular spies」
東大医科研大学院セミナー「分子と生命現象の可視化」、2009.9.14 (東京大学医科学研究所、東京都港区)

永井健治
「Toward elcidation of biological enigma by genetically-encoded molecular spies and snipers」
第2回 スイス-日本 生命化学シンポジウム、2009.9.12 (東京大学駒場キャンパス、東京都目黒区)

永井健治
「Perspective of bioimaging and biomanipulation techniques」
International Symposium of post-silicon materials and devices research alliance projecInternational Symposium "Innovative Nanoscience of Supermolecular Motor Proteins"、 2009.9.8 (京都大学芝蘭会館、京都市)

永井健治
「Molecular Nano-Mechanics & Bio-Mechanics Research Group(G3)」
International Symposium of post-silicon materials and devices research alliance project、2009.9.6 (大阪大学銀杏会館、吹田市)

永井健治
「革新的蛍光タンパク質技術による生命現象の解明に向けて」
非常勤講師、2009.9.3 (東京大学医学部、東京都港区)

Ippei Kotera, Takeharu Nagai
”Utilization of type IIS restriction enzyme for single-molecule DNA sequencing and in vitro DNA recombination ”
The EMBO Metting2009、2009.8.29-9.1 (Amsterdam RAI、Amsterdam)


松田知己、宮脇敦史、永井健治
「蛍光・化学発光タンパク質の基礎と応用」
第18回浜松医科大学メディカルホトニクス・コース、2009.8.25 (浜松医科大学、浜松市)

Takeharu Nagai
”Toward understanding biological phenomena by genetically-encoded molecular spies ”
Inviting Talk, 2009.8.19 (NIH, Bethesda(USA))


Takeharu Nagai
”Rational design of photoswitchable fluorescent probes and its use for bioimaging”
238th American Chemical Society Meeting, 2009.8.18 (Washington Convention Center, Washington DC(USA))


松田知己、宮脇敦史、永井健治
「光変換蛍光タンパク質による生きた細胞内のタンパク質動態測定」
光イメージング若手の会「光塾」第1回、2009.8.15-16 (未来ICT研究センター、神戸市)

松田知己、宮脇敦史、永井健治
「光変換蛍光タンパク質による生きた細胞内のタンパク質動態測定」
光イメージング若手の会「光塾」第1回、2009.8.15-16 (未来ICT研究センター、神戸市)

Kazuki Horikawa, Takeharu Nagai
”Constructive role of noise in self-organized pattern formation in social amoeba ”
The Third q-bio Conference on Cellular Information Processing, 2009.8.8 (John's College ,Santa Fe(USA))


永井健治
「Deciphering Enigma of Biological Function by Genetically-encoded Molecular Spies」
光イメージング国際シンポジウム、2009.8.1 (京王プラザホテル、札幌市)

永井健治
「蛍光タンパク質テクノロジーの最前線」
第34回組織細胞化学会講習会、2009.7.29 (徳島大学長井記念ホール、徳島市)

永井健治
「レーザーが拓く新たな蛍光タンパク質技術」
第2回「レーザーをライフサイエンスに橋渡しする」専門委員会、2009.7.24 (北海道大学、札幌市)

Kazuki Horikawa, Takeharu Nagai
”Ca2+ dynamics in large-scale cellular networks visualized by ultra-sensitive Ca2+ probe, “cameleon Nano”
2009 Gordon Research Conferences calcium signaling, 2009.7.16 (Il Ciocco Hotel ,Lucca(Italy))


Takeharu Nagai
”Tune-up of FRET-based functional indicators for high sensitive bioimaging”
Application Trens of Live Cell Imaging、2009.7.17 (Ewha Woman University, Soul(Korea))


Takeharu Nagai
”Deciphering enigma of biological function by a genetically-encoded fluorescent indicator ”
Gordon Research Conferences(Fertilization & Activation Of Development)、2009.7.13 (the Holderness School in Plymouth、NH(USA) 、Plymouth)


永井健治
「階層間分子イメージングによる動的生命システム解明へのアプローチ」
非常勤講師、2009.7.3 (長崎大学医学部良順会館ボードインホール、長崎市)

永井健治
「タンパク質でできた分子スパイによる細胞内非平衡現象の可視化」
ソフトマター物理第4回領域研究会、2009.7.2 (北海道大学、札幌市)

松田知己、宮脇敦史、永井健治
「光変換蛍光タンパク質による生きた細胞内のタンパク質動態測定 」
第8回北陸ポストゲノム研究フォーラム、2009.6.11 (金沢大学十全講堂、金沢市)

永井健治
「生理機能・動態を計測するための蛍光タンパク質技術」
第9回日本蛋白質科学会年会、2009.5.22 (熊本全日空ホテルニュースカイ、熊本市)

松田知己、堀川一樹、永井健治
「生体組織内の1細胞レベルでの機能イメージングを可能にする光活性型生理機能プローブ」
第9回日本蛋白質科学会年会、2009.5.22 (熊本全日空ホテルニュースカイ、熊本市)

堀川 一樹 永井健治
「生体内ライブイメージングを可能にするバイオプローブの開発」
ナノテクノロジー研究センター、2009.5.21 (北海道大学、札幌市)

齊藤健太、小林健太郎、谷知己、永井健治
「A mercury Arc Lamp-Based Multi-Color Confocal Real Time Imaging System for Cellular Structure and Function」
第9回NIBB-EMBLシンポジウム、2009.4.22 (岡崎コンファレンスセンター、岡崎市)

永井健治
「Measurement of Diffusion Coefficient of Biomolecules by Fluorescence Decay After Photostimulation of Photoswichable Fluorescent Proteins in Living Cells 」
第9回NIBB-EMBLシンポジウム、2009.4.21 (岡崎コンファレンスセンター、岡崎市)

Takeharu Nagai
”Multifunctional imaging by genetically-encoded homo-FRET-based indicator”
Focus On Microscopy 2009、2009.4.7(Jagiellonian University Auditorium Maximum Krakow、Poland)


永井健治
「光活性化型バイオセンサータンパク質の開発(永井、松田)」
「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学(バイオ操作)第7回公開シンポジウム、2009.3.5-7(東京エレクトロンホール宮城、宮城)

Takeharu Nagai
”Deciphering enigma of biological function by genetically-encoded molecular spies”
2009.2.27-3.1(ENS Joliot Curie Lab、Lyon)


Takeharu Nagai
”Deciphering enigma of biological function by genetically-encoded molecular spies”
Current Advances in Live Cell Imaging Workshop、2009.2.18-20(Seoul National University Hospital、Seoul)


永井健治
「改変蛍光タンパク質を利用した生理機能の可視化」
未踏・ナノテクノロジー第151委員会 第86回、2009.1.30-31(物質材料研究機構、茨城)

永井健治
「GFPを巧妙に用いた分子機能・動態の可視化」
第8回学術講演会、2009.1.21-22(京都府立医科大学 研究開発センター、京都)

2008
友杉 亘、松田 知己、谷 知己、根本 知己、小寺 一平、齊藤 健太、 堀川 一樹、永井 健治
「光安定性とプロトン非感受性を兼ね備えた群青色蛍光タンパク質の開発」
自然科学研究機構生理学研究所多光子顕微鏡室主催イメージング勉強会講演、2008.12(岡崎)

友杉 亘、松田 知己、谷 知己、根本 知己、小寺 一平、齊藤 健太、 堀川 一樹、永井 健治
「高いフォトスタビリティと非プロトン感受性を特徴とする群青色蛍光タンパク質の開発とその応用」
平成20年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会、2008.12(札幌)

永井健治
「バイオテクノロジー/生命システムの階層間をまたぐイメージング技術」
第31回日本分子生物学会年会、2008.12.10-12(ポートアイランド、神戸)

友杉 亘、松田 知己、谷 知己、根本 知己、小寺 一平、齊藤 健太、 堀川 一樹、永井 健治
「高いフォトスタビリティと非プロトン感受性を特徴とする群青色蛍光タンパク質の開発とその応用」
平成20年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会、2008.12(札幌)

小寺一平、永井健治
「迅速プラスミド構築法: type IIS制限酵素とDNAポリメラーゼ阻害剤を用いた DNAの自動組換え技術(FASTR)」
第31回日本分子生物学会年会、2008.12.10-12(ポートアイランド、神戸)

友杉 亘、松田 知己、谷 知己、根本 知己、小寺 一平、齊藤 健太、 堀川 一樹、永井 健治
「An ultramarine fluorescent protein with increased photostability and pH insensitivity」
第10回北海道大学電子科学研究所国際シンポジウム、2008.12(北海道大学、札幌)

Kenta Saito, Takeharu Nagai
”Single live cell and plant Ca2+ imaging with bioluminescence resonance energy transfer (BRET)”
The 10th RIES-Hokudai International Symposium, 2008.12.8(Hokkaido University, Sapporo)


Toshiaki Uematsu, Ippei Kotera and Takeharu Nagai
”Long time physiological imaging with a red-shifted Ca2+ indicator based on FRET”
The 10th RIES-Hokudai International Symposium, 2008.12.8(Hokkaido University, Sapporo)


Kenta Saito and Takeharu Nagai
”Single live cell and plant Ca2+ imaging with BRET-based probes”
The 46th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2008.12.5(Fukuoka International Congrss Center, Fukuoka)


Wataru Tomosugi, Tomoki Matsuda, Tomomi Tani, Tomomi Nemoto, Ippei Kotera, Kenta Saito, Kazuki Hotikawa and Takeharu Nagai
”An ultramarine fluorescent protein with increased photostability and pH insensitivity”
The 46th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2008.12.5(Fukuoka International Congrss Center, Fukuoka)


Wataru Tomosugi, Tomoki Matsuda, Ippei Kotera, Kenta Saito and Takeharu Nagai
”Development of a fluorescent protein with deep blue color”
The 46th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2008.12.5(Fukuoka International Congrss Center, Fukuoka)


Toshiaki Uematsu, Ippei Kotera and Takeharu Nagai
”Long time physiological imaging with a red-shifted Ca2+ indicator based on FRET”
The 46th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2008.12.5(Fukuoka International Congrss Center, Fukuoka)


永井健治
「Engineering fluorescent proteins to visualize and manipulate biological functions 」
第11回日米先端科学(JAFoS)シンポジウム、2008.12.4-9(ベックマンセンター、アメリカ)

永井健治
「Engineering fluorescent proteins to visualize biological functions 」
第8回日米先端工学シンポジウム、2008.11.17-19(神戸国際会議場、兵庫)

友杉 亘、松田 知己、谷 知己、根本 知己、小寺 一平、齊藤 健太、 堀川 一樹、永井 健治
「An ultramarine fluorescent protein with increased photostability and pH insensitivity」
日本生物物理学会北海道支部若手ネットワーク第1回若手研究発表会、2008.11(北海道大学、札幌)

Tomoki Matsuda, Takeharu Nagai
”Direct measurement of protein dynamics in single living cells using a rationally designed photo-convertible fluorescent protein”
The 11th Hokkaido University/Seoul University Join Symposium, 2008.11.7(Hokkaido University, Sapporo)


Ippei Kotera, Takeharu Nagai
”Construction of multi-fragment plasmid by a rapid and spontaneous recombination reaction in a single tube”
The 11th Hokkaido University/Seoul University Join Symposium, 2008.11.7(Hokkaido University, Sapporo)


Kenta Saito, Kentaro Kobayashi, Tomomi Tani and Takeharu Nagai
”A mercury arc lamp-based multi-color confocal real time imaging for cellular structure and function”
The 11th Hokkaido University/Seoul University Join Symposium, 2008.11.7(Hokkaido University, Sapporo)


永井健治
「蛍光タンパク質を巧妙に用いた分子機能・動態の可視化」
薬学会、2008.11(長井記念館、東京)

永井健治
「Direct measurement of protein dynamics in single living cells using a rationally designed photoconvertible fluorescent protein」
さきがけ&CREST合同シンポジウム、2008.10(東京大学弥生ホール、東京)

永井健治
「Imagaing biological functions by using FRET-based sensor proteins」
ICCB2008、2008.10(韓国)

永井健治
「GFPは何故光る?」
ライブセルイメージング講習会、2008.10(産総研筑波(つくば)、茨城)

Takeharu Nagai
”Engineering fluorescent and bioluminescent proteins to visualize biological functions”
NEWroscience2008, 2008.9(de Sao Paulo university, Brazil)


Takeharu Nagai
”Engineering fluorescent and bioluminescent proteins to visualize biological functions”
Catolica de Chile, 2008.9(Catolica de Chile university, Chile)


Takeharu Nagai
”Engineering fluorescent and bioluminescent proteins to visualize biological functions”
IBRO (I Neurolatam), 2008.9(Buzios, Brazil)


松田 知己、宮脇 敦史、永井 健治
「合理的に設計した光変換蛍光タンパク質による生きた細胞内での タンパク質動態測定」
日本動物学会第79回大会、2008.9.5-7(福岡大学、福岡市)

永井健治
「蛍光プロープの利用」「FRETの基礎」
第11回細胞生物学ワークショップ、2008.8(情報通信研究機構神戸研究所未来ICT研究センター、神戸)

永井健治
「GFPは何故光る? ‐機能指示薬作成法と生理機能の可視化‐」
第17回メディカル・ホトニクスコース、2008.7(浜松医科大学、浜松)

永井健治
「改変蛍光タンパク質によるタンパク質機能・動態のリアルタイム可視化」
岩手医科大学先端医療研究センター公開シンポジウム「バイオイメージングと分子生物学による脳・血管解明ー健康増進に向けた最先端研究」、2008.7(岩手県医師会館ホール、盛岡市)

永井健治
「蛍光タンパク質を利用した生理学研究の新たな展開」
特定領域「バイオ操作」若手研究者第3回ワークショップ、2008.7(てんぶす那覇テンブスホール、那覇市)

松田 知己、永井 健治
「蛍光蛋白質を利用した生理機能・分子動態イメージング」
九州大学大学院医学研究員 教育・研究支援センター、グローバル COE共催 顕微鏡イメージング先端技術セミナー、2008.7.15(九州大学医学部、福岡市)

永井健治
「Direct measurement of protein dynamics in single living cells using a rationally designed photoconvertible fluorescent protein?」
第60回日本細胞生物学会大会、2008.6(パシフィコ横浜、横浜市)

松田 知己、宮脇 敦史、永井 健治
「合理的に設計した光変換タンパク質による生きた細胞のタンパク 質動態解析」
第8回 日本蛋白質科学会年会、2008.6.10-12(タワーホール船橋、東京都)

永井健治
「ビジュアルバイオロジーって?」
第41回日本発生生物学会、2008.5(徳島県郷土文化会館、徳島)

Takeharu Nagai
”Engineering fluorescent and bioluminescent proteins for biological research”
Institute of Neuroscience, 2008.5(Chinese Academy of Sciences, Shanghai)


永井健治
「Direct measurement of protein dynamics in living cells using a rationally designed photoconvertible fluorescent protein」
NIPS-JST国際ワークショップ、2008.4(岡崎コンファレンスセンター、岡崎市)

T. Matsuda & A. Miyawaki & T. Nagai
「Direct measurement of protein dynamics in single living cells using a rationally designed photo-convertible fluorescent protein」
FOM2008, 2008.4(兵庫県淡路島夢舞台国際会議場)

T. Nagai, W. Tomosugi, T. Matsuda, I. Kotera & K. Saito
「Development of a fluorescent protein with deep blue color.」
FOM2008, 2008.4(兵庫県淡路島夢舞台国際会議場)

永井健治
「ビジュアルバイオロジーに基づく新たな生命像の構築を目指して」
理化学研究所・北海道大学ジョイントシンポジウム、2008.4(理化学研究所、和光)

永井健治
「バイオイメージングの難しさ」
癌研セミナー、2008.3(癌研究所、東京)

友杉 亘、松田 知己、小寺 一平、齊藤 健太、永井 健治
「群青色蛍光タンパク質の開発とその生物学的応用」
平成20年度北大細胞生物研究集会、2008.3(北海道大学、札幌)

永井健治
「私の研究観 -ビジュアルバイオロジーへの道-」
グローバルCOEプログラムの若手・学生研究交流会、2008.2(関西セミナーハウス、京都)

永井健治
「天然ナノ発光粒子GFPを用いた生理機能センサーの開発とバイオイメージング 」
通研共同プロジェクト研究会「フォトニック結晶の光産業技術への展開、2008.2(東北大学、仙台)

永井健治
「蛍光タンパク質のエンジニアリングによる生理機能指示薬作成とライブイメージング」
東北大学多元物質化学研究所特別講演会ー細胞機能を探るインテリジェントマテリアルの開拓と医療展開ー)、2008.2(東北大学、仙台)

永井健治
「最新のバイオイメージング技術」
北海道バイオ産業クラスター・フォーラム シーズン公開会、2008.1(ホテルモントレエーデルホフ、札幌)

永井健治
「Perspective of Bioimaging Technologies using Engineered Fluorescent Proteins」
ソウル大学・北海道大学ジョイントシンポジウム、2008.1(ソウル大学、韓国)

T. Matsuda, T. Nagai
”Direct measurement of protein dynamics in single living cells using a rationally designed photo-convertible fluorescent protein”
The 9th RIES-Hokudai International Symposium, 2008.1(Hokkaido University, Sapporo)


Ippei Kotera, Takeharu Nagai
”Versatile strategy for high-throughput multi-fragment DNA recombination by a spontaneous partner-seeking reaction in a single tube”
The 9th RIES-Hokudai International Symposium, 2008.1(Hokkaido University, Sapporo)


友杉 亘、松田 知己、小寺 一平、齊藤 健太、永井 健治
「Development of a fluorescent protein with deep blue color」
第9回北海道大学電子科学研究所国際シンポジウム、2008.1(北海道大学、札幌)

2007

Takeharu Nagai
Imaging Biological Events Using FRET-based Sensor Proteins “
International Symposium on Advance Techniques for Molecular Imaging , 2007.12 (Taichu, Taiwan)


友杉亘、松田知己、小寺一平、斉藤健太、永井健治
群青色蛍光蛋白質の開発」
日本生物物理学会第
45回年会、 2007.12(横浜)

永井健治
生理機能センサータンパク質によるバイオイメージング」
第3回バイオ機器勉強会、2007.12
(北九州)

永井健治
「蛍光イメージングの新たな展開」
30回日本分子生物学会年会、2007.12 (横浜)

松田知己、宮脇敦史、永井健治
「新規光色変換蛍光タンパク質による生細胞のタンパク質動態測定」
平成
19年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会、2007.12(北海道大学)

永井健治
合理的に設計した光変換蛍光タンパク質による生きた細胞内のタンパク質」
光学会、
2007.11(大阪)

永井健治
「イメージングの現在と未来」
視る生物学2
-イメージングの現在と未来- 2007.11(奈良)

Takeharu Nagai
Imaging biological functions using FRET-based sensor proteins ”
Frontier BIomedical and Electro-optical Science
 , 2007.11 (Taipei, Taiwan)

Takeharu Nagai
Perspective of bioimaging using fluorescent and bioluminescent proteins
J Symposium on Promotion of Academic Exellence
 , 2007.11(Taipei, Taiwan)

Takeharu Nagai
Engneering fluorescent proteins to visualize biological functions.
Joint Symposium for the Promotion of Academic exchange on Nanotechnology and Nanobiology
 , 2007.11(Sapporo)

Takeharu Nagai
Engineering fluorescent and bioluminescent proteins to visualize biological functions
Annual Meeting of Korean Society for Molecular Biology and Biochemistry, 2007.10(Seoul, Korea)


永井健治
蛍光顕微鏡の展開 GFPFRET― 
第3回ライブセルイメージング講習会  2007.10(筑波)

Takeharu Nagai
Engineering Fluorescence Proteins
Microscopia de Fluorescencia y Confocal Espectral, 2007.9 (Mexico City, Mexico)
 

Takeharu Nagai
ENGINEERING FLUORESCENT AND BIOLUMINESCENT PROTEINS TO VISUALIZE BIOLOGICAL FUNCTIONS
The 5th International Forum on Post-Genome Technologies, 2007.9(Shujo, Chaina)


Takeharu Nagai
ENGINEERING FLUORESCENT AND BIOLUMINESCENT PROTEINS TO VISUALIZE BIOLOGICAL FUNCTIONS
The 2nd International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis
 , 2007.9(Tokyo)

永井健治
バイオイメージング技術に望むもの「細胞は如何にして外界情報を知覚するか?」の探求
平成
19年度科研費特定領域研究「細胞感覚」夏の班会議・若手の会、2007.8(葉山

 
永井健治
GFPは何故光る?」
16 浜松医科大学メディカルホトニクス・コース、2007.7 (浜松)

Takeharu Nagai
Visualization of biological function by using FRET- and BRET-based indicator
APBP2007 3rd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics & Biophotonics Downunder
, 2007.7  (Carns)

永井健治
蛍光・化学発光タンパク質を利用して何ができるか?」
生物発光化学発光研究会第25回学術講演会、2007.6
(札幌)

永井健治
蛍光・発光タンパク質を利用した生理機能センサーの開発とライブイメージング 
第一回生体分子イメージングの新たな技術開発に関する研究会、
2007.6(名古屋)

Takeharu Nagai
”Various Applications of Fluorescent Proteins for Cell Biology”
16thAnnual Meeting of the Korean Scociety for Smooth Muscle Research, 2007.6(Seoul, Korea)


永井健治
「バイオイメージング技術の展望」
40回日本発生生物学会・第59回日本細胞生物学会合同大会、2007.5(福岡)

Takeharu Nagai
”GFP and Quantum Dot”
Advanced Microscopy Course for Bio-Medical Research, 2007.5(Beijin, China)


松田知己、宮脇敦史、永井健治
Phamret: 光活性化と蛍光エネルギー移動を利用した細胞生物学研究のための効果的な蛍光マーカー蛋白質」
第7回日本蛋白質科学会年会、仙台国際センター、
2007.5(仙台)

T. Matsuda, A. Miyawaki, T. Nagai
”Phamret: An effective highlighter of fluorescent protein based on photoactivation-mediated resonance energy transfer for cell biological studies”
3rd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics & Biophotonics Downunder II, Shangri-La Hotel, Cairns, 2007.7 (Australia)

永井健治
「蛍光・化学発光タンパク質を利用した生細胞内のリアルタイム機能イメージング」

第127回日本薬理学会、ヴォルフォートとやまホール、 2007.3(富山)

永井健治
「蛍光・発光タンパク質を利用した生理機能センサーの開発とライブイメージング」
弟96回日本病理学会、2007.3(大阪国際会議場、大阪)


T. Matsuda, A. Miyawaki, T.Nagai
“Phamret: An efficient highlighter protein based on photoconversion-mediated FRET for cell biological studies”
International Symposium on Functional Organization of the Nucleus, 2007.1(Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji, Japan)

2006
永井健治
「蛍光・発光タンパク質を用いたバイオセンサーの開発と生理機能のライブイメージング」
第4回分野横断スクール「ナノバイオスクール」-生体細胞の形態・機能観察から動的診断、都市センターホテル、 2006.12(東京)


永井健治
「蛍光・発光タンパク質を利用した生理機能イメージング」
通研共同プロジェクト研究会、「フォトニック結晶の光産業技術への展開」、2006.12
(東北大学ナノスピン総合研究棟、仙台)

永井健治
「生きた細胞の中の生理反応をリアルタイムに可視化する技術の開発」
大阪大学蛋白質研究所セミナー“ケミカルバイオロジーの進展と生命科学研究の新たな展開”、大阪大学蛋白質研究所、
2006.11(大阪)

T. Nagai
Imaging biological functions by using genetically-encoded indicators & a spinning disc confocal system with a mercury arch lamp as a light source”

Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2006.11(Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan)

永井健治
「近未来的バイオイメージング技術の展望」
15回バイオイメージング学術集会、 2006.11(岩手医科大学60周年記念館)

T. Nagai
Development of FRET- and BRET-based functional indicators with expanded dynamic range

The
2nd Sapporo Conference, 2006.10(Hokkaido University, Sapporo, Japan)

永井健治 
「蛍光・化学発光タンパク質を利用した生理機能イメージング」
分子構造討論会2006、2006.9
(グランシップ、静岡)

永井健治
「蛍光分子を利用して生体機能と情報をはかる」
生化学会近畿支部、
2006.9(大阪大学コンベンションセンター、大阪)

永井健治
個体レベルでのニューロン・グリア機能解析に資するイメージング法の開発」 
18回生理研研究会Neuro-glio-vascular interaction におけるプリン作動性シグナリングの病態生理的機能、2006.9(岡崎)

T. Nagai
Development of FRET- and BRET-based functional indicators with expanded dynamic range

16th International Microscopy Congress, 2006.9 (Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan)

永井健治
「蛍光分子を利用して生体機能と情報をはかる」 
生命をはかる研究会、2006.8
(日本コンベンションセンター、幕張)

T. Nagai
“Vivid visualization of biological functions by using DNA-encodable indicators- Toward multifunctional imaging-”
7th Joint Meeting of The Histochemical Society & The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry, 2006.8 (Hilton Waikoloa Village, Big Island of Hawaii, USA)


T. Nagai
“Realtime imaging and manipulation of biological functions by fluorescent proteins”
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, 2006.7(Kyoto, Japan)


T. Nagai:
”Engineering green fluorescent proteins to visualize and manipulate biological functions”
Microscopy workshop, 2006.7 (National Cheng Kung University , Tainan)


T. Nagai:
”Engineering green fluorescent proteins to visualize biological functions”
Symposium on New Frontier in Live Cell Imaging”, 2006.7 (Yang Ming University, Taipei)


永井健治
「近未来的バイオイメージングの展望」
特定領域研究2領域合同公開シンポジウム、細胞内のダイナミックネットワーク:前進するオルガネラ研究、千里ライフサイエンスセンター、 
2006.6(大阪)

永井健治
「バイオイメージング技術の現状と展望」
日本生体医工学会北海道支部第
28ME研究会、2006.6(北海道大学、札幌)

永井健治
「発光性タンパク質を利用した生理機能の可視化と操作~医療応用を目指して~」 
臨床応用を目指した産学連携セミナー3分子細胞イメージングと疾患・創薬研究~ライブセルから
in vivoへの展開、 2006.5(コクヨホール、東京)
T. Nagai
“Molecular and cellular imaging of living organisms”
63rd KSBMB Annual Meeting, COEX, 2006.5 (Seoul, Korea)


T. Tani, K Saito, T. Nagai
“Single molecule imaging of nerve growth factor receptor trkA expressed in the growth cones of dorsal root ganglion explants”

Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan
, 2006.11(Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan)

K. Takemoto, T. Nagai
“A genetically-encoded indicator for RNA in living cells”

Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan
, 2006.11(Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan)

T. Matsuda, A. Miyawaki, T.Nagai
“Phamret: An efficient highlighter protein based on photoconversion-mediated FRET for cell biological studies”

Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan
, 2006.11(Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan)

K. Saito, T. Nagai
“Ca2+ imaging of single living cell with bioluminescence resonance energy transfer (BRET)”
Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2006.11(Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan)

永井健治
「個体レベルの機能イメージングを目指して」
79回日本薬理学会シンポジウム、 2006.3(パシフィコ横浜、横浜)

永井健治
「個体レベルの機能イメージングを目指して」
111回日本解剖学会層階シンポジウム、 2006.3(北里大学、相模原)

永井健治
「個体レベルの機能イメージングを目指して」
岡崎統合バイオサイエンスセンター創設5周年シンポジウム、2006.2
(岡崎カンファレンスセンター、岡崎)

永井健治
「蛍光および発光タンパク質を利用した機能指示薬の作成法」
6回細胞生物学ワークショップ、2006.1 (北海道大学、札幌)

2005

永井健治
「形態形成原理の解明を目指して-バイオイメージングによるアプローチー」、第
28回日本分子生物学会バイオテクノロジーセミナー、2005.12 (JALリゾートシーホークホテル福岡、福岡)

谷知己
「神経成長円錐における軸索伸長の情報処理」
43回日本生物物理学会シンポジウム、 2005.11(札幌コンベンションセンター、札幌)

永井健治
「生命の原理に迫るには?」
第5回先端研究交流セミナー、
2005.11(順天堂大学、東京)

T. Tani
”Signal input of nerve growth factor into the growth cone visualized by the use of single-molecule imaging”
The 3rd RECBS-Hokudai Symposium, 2005.11(Hokkaido University, Sapporo)


齋藤健太、永井健治
「シロイヌナズナにおける重力情報伝達のリアルタイム可視化解析」
43回日本生物物理学会、 2005.11(札幌コンベンションセンター、札幌)

T. Nagai
”Application of GFP-based indicators to visualize biological functions”
The TRF & Microscopy Workshop, 2005.10(Yang Ming University, Taipei)


T. Nagai
”Application of GFP-based indicators to visualize biological functions”, Japan-UK Symposium on Promotion of Regional Partnership on Nanotechnology Development, 2005-10 (HokkaidoUniversity, Sapporo)

T. Nagai
”Functional imaging of living cells by the GFP-based indicators”
LSM CLUB 2005, 2005.9 (China)


T. Nagai
”Real-time detection of signal transduction pathway in living cells”
American Academy of Nanomedicine First Annual Meeting, 2005.8 (Johns Hopkins University, USA)


永井健治
「細胞内の現象を見る・いじる」
浜松医科大学
Medical Photonics Course2005.8 (浜松医科大学、浜松)

永井健治
FRETの基礎」
5回細胞生物学ワークショップ、2005.8 (情報通信総合研究所、神戸)

永井健治
Engineering green fluorescent proteins to visualize and manipulate biological functions
浜松医科大学
COE国際シンポジウム、 2005.8(浜松医科大学、浜松)

谷知己
「やわらかなバイオ素材:細胞膜の物理的特性とその生理機能に学ぶ」
医工共同開催講義、2005.7
(東北大学、仙台)

永井健治
「化学発光を用いた機能イメージング法の開発」
発光イメージング研究会、
2005.7(基礎生物学研究所、岡崎)

永井健治
Engineering green fluorescent proteins to visualize and manipulate biological functions
82回ニューロサイエンス談話会、2005.7(北海道大学、札幌)

永井健治
「蛍光タンパク質を利用した生体機能のライブイメージング」
日本顕微鏡学会、
2005.6(エポカルつくば、つくば)

永井健治
「ニポウ式共焦点による
FRETイメージング」
日本顕微鏡学会、
2005.6(エポカルつくば、つくば)

永井健治
「蛍光タンパク質が拓く光観察・操作技術」
慶応大学医学部セミナー、2005.5
(東京)

永井健治
「蛍光タンパク質が拓く光観察・操作技術」
浜松医科大学セミナー、2005.5
(浜松)

永井健治
「蛍光タンパク質を用いた生体機能イメージングの現状と展望」
日本病理学会、2005.4
(パシフィコ横浜、横浜)

永井健治
「生体機能イメージングの現状と展望」
三共
()セミナー、2005.3(東京)

T. Tani
”Single-molecule analyses of the interactions of nerve growth factor and the receptors on the membrane of dorsal root ganglion growth cones”
2005.2
(Indiana University, BloomingtonUSA)

T. Tani
”Signal input of nerve growth factor into the growth cone visualized by the use of single-molecule imaging”
2005.2(Indiana University, BloomingtonUSA)


T. Tani
”Signal input of nerve growth factor into the growth cone visualized by the use of single-molecule imaging”

49th Biophysical Society Meeting,,
2005.2(Long BeachUSA)

ページのトップへ戻る

戻る