財団について

交通案内
横浜市鶴見区末広町1-6
横浜バイオ産業センター
TEL 045-502-4810
FAX 045-502-9810
yamabosi@kihara.or.jp
個人情報保護方針
ヤマボウシ
木原財団は、横浜市が掲げる「ライフサイエンス都市横浜」の推進に向けて、産学官ネットワークを持続的に発 展できるバイオクラスター形成をめざし、横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワークの運営をおこなうとともに、研究開発支援、学術振興、産業振興の各事業 を実施しています。

また、横浜市とともに横浜バイオ産業センター内に整備を進めてきた「横浜バイオ医薬品研究開発センター」の運営をおこなっています。
○横浜バイオ医薬品研究開発センターに係る会計検査院発表の平成23年度決算検査報告について

横浜バイオ医薬品研究開発センターは、経済産業省の採択を受け、「平成21年度産業技術研究開発施設整備費補助金」を充当して整備した施設です。
今回の会計検査院の指摘を踏まえ、経済産業省とも協議しつつ、当財団が事業実施主体として直接に利用者と契約を締結するなど、運営形態を見直す方向で調整してまいります。
新着情報

平成25年4月1日 公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団になりました。(平成25年4月1日)
PDF

第21回(平成24年度)木原記念財団学術賞 受賞者が決定しました。(平成25年4月1日)

学術賞:長浜バイオ大学バイオサイエンス学科 客員教授
    木下 哲 氏 
    「植物生殖過程におけるエピゲノム制御と生殖隔離機構」

学術賞 
 応用科学賞
:大阪大学産業科学研究所 教授
    永井 健冶 氏
    「蛍光タンパク質エンジニアリングに基づく革新的
                バイオイメージング技術の開発」

※平成25年5月15日(水)14:00より、横浜市戸塚区の横浜市立大学木原生物学研究所にて贈呈式を行います。



NEWSLETTER第29号を発行しました。
詳細はこちらから
H24.10.23

○寄付金の免税措置に関するお知らせ
当財団は、平成23年1月16日をもって特定公益増進法人の証明が終了しました。寄付金の免税措置については、平成23年1月16日までに財団にご入金いただいた寄付金について、該当となります。
(詳しくは財団事務局までお問い合わせ下さい。)
 募金活動の推進
財団の主な活動
 横浜バイオ医薬品研究開発センター(YBIRD)

YBIRDは、遺伝子組換えタンパク質の治験薬(非無菌原薬)をGMP基準で調製できる施設です。生産技術研究室の他、GMP管理施設(動物細胞用、微生物用 各1ライン)を持ち、ほとんどの宿主に対応可能です。

 調製規模:動物細胞培養装置500L、微生物培養装置300L

 
        微生物培養室            タンパク質精製室

このYBIRDにより、バイオ医薬品の開発に必要な治験薬や非臨床試験用薬の調製におけるプロセス研究と実調製、バイオ医薬品製造技術(産生技術、精製技 術、モニタリング技術等)の研究開発等について、初期検討の段階から様々な形の協働体制(共同研究、受託研究、受託試験、技術評価試験等)で支援します。
さらに、技術研修、講義等によるバイオ人材育成にも取り組んでいます。
施設見学も可能ですので、まずはご相談下さい。
 (連絡先アドレス:gmp@kihara.or.jp
 
パンフレットはこちらから 日本語(PDF)English(PDF)

○YBIRD事業ではバイオ医薬品創製に関する研究シーズ等を募集し
  ています。
  詳しくは、こちらをご覧ください。

 横浜バイオ産業センター(YBIC) 

横浜バイオ産業センター入居者募集

バイオ関連の新技術を目指す企業や研究機関を対象とした、研究・開発・生産が可能な賃貸型の事業拠点としてYBICの管理・運営を行っています。
YBICは、理化学研究所横浜研究所、横浜市立大学連携大学院、横浜市産学共同研究センター、リーディングベンチャープラザ等バイオ関連の企業や研究機関が集積している、横浜サイエンスフロンティア(横浜市鶴見区末広地区)に立地しています。

 現在入居テナントの募集はありません。
 パンフレット(PDF)
 募集案内(PDF)
 入居申請書類  様式1-5(word)、 4-3(excel)、 別紙「人員表」(excel)
 横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク強化事業
バイオビジネスの担い手のネットワークを強化することにより、革新的な研究開発や製品等を次々と創出し、地域経済の活性化、人々の生活の質の向上に貢献することを目的としています。

横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク


横浜バイオテクノロジー懇談会は活動を終了いたしました。
 学術奨励事業

木原記念財団学術賞 
  • 第21回(平成24年度)受賞者決定    
     平成25年3月27日の理事会において、第21回(平成24年度)木原記念財団学術賞及び応用科学賞の受賞者が決定いたしました。

    学術賞:長浜バイオ大学バイオサイエンス学科 客員教授
    木下 哲 氏
    課題:「植物生殖過程におけるエピゲノム制御と生殖隔離機構」

    応用科学賞:大阪大学産業科学研究所 教授
    永井 健冶 氏
    課題:「蛍光タンパク質エンジニアリングに基づく革新的バイオイメージング技術の開発」
  • 平成25年5月15日(水)14:00より、横浜市戸塚区の横浜市立大学木原生物学研究所 ホールにて第21回(平成24年度)木原記念財団学術賞・特別賞の贈呈式を行います。
     去年の贈呈式の様子 
 生命科学の知識普及

  • 木原記念こども科学賞

    第21回(平成25年度)の募集案内は平成25年6月上旬に神奈川県内の小・中学校に配布します。

     
    第20回(平成24年度)木原記念こども科学賞表彰式が開催されました。日程:平成24年12月2日(日)                           会場:横浜市立大学木原生物学研究所                    
 共同研究の組織化・調査研究及び学術情報出版

 学術交流事業


 募金活動の推進

 業務・財務に関する資料


(C) 2006 Yokohama Foundation For The Advancement Of Life Sciences All rights reserved.


高校生実習会


MEDTEC2013.htmlへのリンク