重要:
新学術領域「少数性生物学」の研究期間終了に伴い、2016年3月31日をもちまして、バイオナノフォトニクスコンソーシアムの顕微鏡設備の利用公開が終了いたしました。これまでのご利用をありがとうございました。また、これまでご参加頂きました協賛企業の皆様に深く感謝いたします。 

概要

設立の概要

BNPCは、アンドール・テクノロジーPLC、 オプトライン、オリンパス、システムブレイン、スペクトラ・フィジックス、ソーラボジャパン、中央精機、 東海ヒット、ニコンインステック、日本ナショナルインスツルメンツ、日本ローパー、浜松ホトニクス、 モレキュラーデバイスジャパン、という複数の企業が、共同で新しい学問領域である「少数性生物学」を推進・普及するための産学連携活動を行なうことを主たる目的として結成されました。BNPCの主な運営目的は以下の通りです。

◆少数性生物学についての議論の場
◆少数性生物学に係るバイオフォトニクス実験の場
◆少数性生物学トレーニングコース(年1回)の場
◆協賛企業主催のワークショップ・デモンストレーションの場

少数性生物学に興味があるものの自身の研究にどのように取り込めば良いか分からない方、細胞内の生理機能を操作し、バイオイメージングを行うバイオフォトニクス実験のための設備が全くない、設備はあっても使い方がわからない、或いは単にバイオイメージングに適した対物レンズや光学フィルターがない、設備が老朽化して思うような操作や観察ができないなど少数性生物学とはおよそ関連がなくとも最先端のバイオフォトニクス施設を利用したい方は、どなたでも利用が可能です。まずはぜひ設備の見学だけでも、お気軽に当施設へお越しください。

BNPCの協賛企業

アンドール・テクノロジーPLC 株式会社オプトライン オリンパス株式会社
株式会社システムブレイン スペクトラ・フィジックス株式会社 ソーラボジャパン株式会社
中央精機株式会社 株式会社東海ヒット 株式会社ニコンインステック
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 株式会社日本ローパー 浜松ホトニクス株式会社
モレキュラーデバイスジャパン株式会社
ページのトップへ戻る