産業科学研究所 小林研究室は、表面化学・半導体化学・太陽電池を専門とする研究室です。

バナースペース

大阪大学産業科学研究所小林研究室

〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
第二研究棟5階

TEL 06-6879-8451
FAX 06-6879-8454

上のFlashが見られない方はこちらよりAdobe Flash Playerをダウンロードして下さい。
IE8未満だとページがずれる可能性があります。こちらより最新のIEをダウンロードして下さい。

WWW を検索 小林研究室ホームページ内を検索

~お知らせ~

小林研究室は、表面化学・半導体化学を専門とする研究室です。
主に太陽電池やシリコンナノ粒子に関わる研究を行っています。
大阪大学 理学研究科 化学専攻より加入できます。


産研定例記者会見の様子がNHKのニュースで放映されました。
※音声とテロップは小林研の学生が入れ直しています。

TOPICS
太陽電池のトピックス
新着記事
2018/3/14~18
小林悠輝特任研究員が招待講演を行います。
Y. Kobayashi, TBA, 14th International Conference of Computational Methods in Science and Engineering (ICCMSE-2018), Thessaloniki, Greece.

2018/3/6~9
松本准教授が招待講演を行います。
T. Matsumoto, H. Kobayashi, “High capacity anode of C-Si swarf composite materials for Li ion batteries”, 4th Annual World Congress of Smart Materials-2018 (WCSM-2018), Osaka, Japan.

2017/11/20~23
小林光教授と今村助教が招待講演を行います。
H. Kobayashi, "Surface characteristics of Si nanopowder and its application".
K. Imamura, TBA.
Progress in Applied Surface, Interface and Thin Film Science 2017 (SURFINT-SREN V), Auditorium al Duomo, Florence, Italy.

2017/10/31~11/3
小林悠輝特任研究員が招待講演を行います。
Y. Kobayashi, “Si nanopowder for internal hydrogen generation materials”, 6th International Symposium on Advanced Ceramics and Technology for Sustainable Energy Applications toward a Low Carbon Society (ACTSEA 2017), The Garden Villa, Kaohsiung, Taiwan.

2017/10/27
小林光教授が招待講演を行います。
H. Kobayashi, TBA, Taiwan Vacuum Society 2017(TVS-2017), National Cheng Kung University, Taiwan.

2017/10/24
松本准教授が招待講演を行います。
T. Matsumoto, H. Kobayashi, "Nitric Acid Oxide for Gate Oxide in Thin-Film Transistors and Passivation for Si Solar Cells, and Application of Si Swarf", 7th Annual World Congress of Nano Science and Technology 2017, Hilton Fukuoka Sea Hawk, Fukuoka, Japan.

2017/9/1
リチウムイオン電池のシリコン切粉負極の劣化のメカニズム解明と抑制方法の論文(K. Kimura, T. Matsumoto, H. Nishihara, T. Kasukabe, T. Kyotani and H. Kobayashi, J. Electrochem. Soc. 164 (2017) A995-A1001.)が、Renewable Energy Global Innovationsにより、Key Scientific Articleとしてフィーチャーされました。

2017/8/21
水とシリコンナノ粒子から水素が発生する反応の詳細なメカニズムを、赤外分光法やX線光電子分光法で重水やシリコンナノ粒子表面の挙動を観察することにより、解明しました。
K. Imamura, Y. Kobayashi, S. Matsuda, T. Akai, H. Kobayashi, "Reaction of Si nanopowder with water investigated by FT-IR and XPS", AIP Adv. 7 (2017) 085310-1-10. (Open Access)

2017/8/1
硝酸蒸気酸化(NAVOS)法を用いて、600℃の低温で4H-SiC表面に平坦な界面を持つ酸化膜の形成することに成功しました。
T. Matsumoto, H.-S. Joe, H. Kobayashi, "Mechanism of low temperature oxidation of 4H-SiC by nitric acid vapor oxidation method at 600°C", ECS J. Solid State Sci. and Technol. 6 (2017) P578-P581. (Open Access)

2017/7/24
有機化合物(ジメチルアントラセン)の青色のフォトルミネッセンス(蛍光)が、シリコンナノ粒子に吸着することにより6万倍に増強されることを発見し、このメカニズムを提案しました。
M. Maeda, T. Matsumoto, H. Kobayashi, "Photoluminescence from vibrational excited-states for organic molecules adsorbed on Si nanoparticles", Phys. Chem. Chem. Phys. 19 (2017) 21856-21861. (Open Access a year after publication)

2017/7/17
表面構造化学的転写(SSCT)法により形成した反射防止膜不要の極低反射表面をもつ、低コスト高効率結晶シリコン太陽電池のエネルギー変換効率が約20%に達したことを記者会見・プレスリリースにて発表し、報道件数は35件を超えました。

2017/6/20
表面構造化学的転写(SSCT)法と裏面凹凸構造の組み合わせにより、極低反射結晶シリコン太陽電池のエネルギー変換効率が、19.8%に達しました。
D. Irishika, Y. Onitsuka, K. Imamura, H. Kobayashi, “Improvement of conversion efficiency of silicon solar cells by submicron-textured rear reflector obtained by metal-assisted chemical etching”, Solar RRL, 1 (2017) 1700061-1-4.

2017/6/16
谷口正俊特任教授が着任しました。

2017/6/10
陽極線の陽イオンが流れる方向が、電流が流れる方向と一致することを直接観測する簡易型理科教材の試作に成功しました。
西山雅祥,石塚守,金子文俊,福本孝夫,東正弘,蔡徳七,小林光,笠井俊夫,“陽極線が真空中で流れる方向と特性を直接観測する簡易型理科教材の試作”,科学教育研究 40 (2017) 241-251.

2017/5/22
シリコン切粉由来のシリコンナノ粒子を用いたリチウムイオン電池負極の特性が、フルオロエチレンカーボネートの添加量とシリコンナノ粒子のカーボンコート量に依存するメカニズムを提案しました。
T. Matsumoto, K. Kimura, H. Nishihara, T. Kasukabe, T. Kyotani and H. Kobayashi, “Fabrication of Si nanopowder from Si swarf and application to high-capacity and low cost Li-ion batteries”, J. Alloys Compd., 720 (2017) 529-540.

2017/5/16
シリコンナノ粒子を用いた水素水製造のメカニズムを解明しました。
Y. Kobayashi, S. Matsuda, K. Imamura, H. Kobayashi, “Hydrogen generation by reaction of Si nanopowder with neutral water”, J. Nanopart. Res. 19 (2017) 176-1-9.
(Open Access)

2017/4/10
表面構造化学的転写(SSCT)法を用いた極低反射結晶シリコン太陽電池のエネルギー変換効率が、19.5%に達しました。
K. Imamura, D. Irishika, H. Kobayashi, “Surface nanocrystalline Si structure for highly efficient crystalline Si solar cells”, Prog. Photovolt. 25 (2017) 358-366.

2017/3/30
SiC表面の新規高速研磨法を発見し、この反応機構を解明しました。
T. Akai, K. Imamura, H. Kobayashi, "Fabrication mechanism of atomically flat n-type 4H-SiC (000-1) surfaces by electrochemical method", ECS J. Solid State Sci. and Technol. 6 (2017) 265-269.

2017/3/15
リチウムイオン電池のシリコン切粉負極の劣化のメカニズム解明とこの抑制方法を提案しました。
K. Kimura, T. Matsumoto, H. Nishihara, T. Kasukabe, T. Kyotani and H. Kobayashi, “Improvement of cyclability of Li-ion batteries using c-coated Si nanopowder electrode fabricated from Si swarf with limitation of delithiation capacity”, J. Electrochem. Soc. 164 (2017) A995-A1001.
(Open Access)

2017/2/22
シリコン切粉(産廃)をリチウムイオン電池に用いた論文が発表され、東北大多元研京谷・西原研と共同でプレスリリースを行い、報道件数は50件を超えました。
T. Kasukabe, H. Nishihara, K. Kimura, T. Matsumoto, H. Kobayashi, T. Kyotani, “Beads-milling of waste Si sawdust into high-performance nanoflakes for lithium-ion batteries”, Sci. Rep. 7 (2017) 42734-1-10. (Open Access)

2017/2/15〜17
ナノテク展に出展し、CRESTの表面構造化学的転写(SSCT)法を用いた極低反射結晶シリコン太陽電池について成果発表を行いました。多数のご来場どうもありがとうございました。


2017/1/23〜25
化粧品開発展に出展し、水素発生材料としてのシリコンナノ粒子の開発について、成果発表を行いました。多数のご来場どうもありがとうございました。


2017/1/4
表面構造化学的転写(SSCT)法で処理したシリコン太陽電池基板表面の極低反射化のメカニズムを解明しました。
K. Imamura, D. Irishika, H. Kobayashi, “Mechanism of ultra-low reflectivity for nanocrystalline Si/crystalline Si structure formed by surface structure chemical transfer method”, J. Appl. Phys. 121 (2017) 013107.

2016/12/13 
小林教授がシリコンナノ粒子の医薬応用に関する発表を行いました。
H. Kobayashi, R. Imamura, “Hydrogen Generation in the Body to Avoid Oxidation Stress”, 1st International Conference on COI Program, Osaka.


2016/11/24
今村健太郎助教が
9th International Conference Solid State Surfaces and Interface Awards in The Best Young Researcher Contribution Content
を受賞しました。


更新履歴
小林研究室更新履歴B 2017/10/10 色々更新しました

 サイトマップ