要旨原稿案内「第47回質量分析総合討論会」

                 

    要旨原稿執筆方法について(A4版2枚
     

    1. A4(縦)の用紙を用いて、上下左右に以下のマージン(余白)を必ず開けて残りを本文等に当てて下さい。余白(上=23mm、左右=28mm、下=34mm)
    2. 本文中の左上(縦30mm×横40mm)は討論会実行委員会が講演番号を記入しますので、空白にして下さい。
    3. 文字サイズはタイトル=16ポイント、本文等=12ポイント、題名を含む英文は半角文字=12ポイントで入力して下さい。
    4. 記入項目は以下のとおりです。(各項目の間は1行の改行を入れて下さい
      1. タイトル(16ポイント)
      2. 所属(略称で明記、複数の時は中黒「・」で区切る)、(以下12ポイント
      3. 氏名(発表者には「○」印を付け、必ずふりがな「ルビ文字」を氏名の上に付けて、複数の時は中黒「・」で区切る
      4. 英文題名(必ず記入
      5. 英文所属・氏名(必ず記入
      6. 英文概要(100〜200Word程度
      7. 本 文(和文で記入
      8. キーワード(一枚目の最下位行に記入
    5. 2枚目は、1行目の左端から、本文を初めて下さい。(2枚目の行数は38〜42行にして下さい
    6. 図表が必要な場合は、本文枠内に記載、あるいは、しっかりと貼り付けて下さい。(図表の説明は英文で書いて下さい
    7. 作成する原稿は2部(コピーで可)となります。

    要旨原稿見本は下記項目をクリックして下さい。

    GIFファイル見本(印刷時に「ページ設定」で上下左右の余白を最小にするとA4サイズ1枚に出力されます。)
    PDFファイル見本(本ファイルを見るためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。)


    データベース用原稿提出について(A4版1枚
     

    1. データベース原稿となりますので、演題、所属、発表者等の変更がないようにお願いします。
    2. 文字サイズは演題を含めて9.5〜10ポイント(英文は演題を含め、この半角サイズ)でご記入下さい。
    3. 詳細は、以下のデータベース用原稿記載例を参照下さい。ただし、研究題目、和文研究抄録、英文研究抄録、キーワード欄の幅は用紙の上下左右の余白幅が記入例と大幅に変更されない範囲で記入用紙を作成し、適宜調節されてもかまいません。
    4. 作成いただく原稿は1部となります。
       

    データベース用原稿記載見本は下記項目をクリックして下さい。

    ・GIFファイル見本及び記載枠(印刷時に「ページ設定」で上下左右の余白を最小にするとA4サイズ1枚に出力されます。)
    ・Microsoft Word 97(*.doc)ファイル見本及び記載枠
    ・Microsoft Word 95(*.doc)ファイル見本及び記載枠
    ・Microsoft Word 5.0 for Macintosh(*.mcw)ファイル見本及び記載枠
    以下のファイルは「Microsoft Internet Explorer 4.0」でのみ利用いただけます。
    ・一太郎V8(*.jtd)ファイル見本及び記載枠
    ・一太郎V7(*.jfw)ファイル見本及び記載枠
    ・一太郎V6(*.jbw)ファイル見本及び記載枠


詳細案内ページへ戻る
ホームページへ戻る



日本質量分析学会のホームページへ
・大阪大学のホームページへ
・産業科学研究所のホームページへ