ようこそ

TEM images of nanostructures

以前の更新履歴


  
2013.10.1 神内直人さんが助教として着任されました。
2013.9.26 研究内容を更新。
2013.9.4 研究業績を更新。
2013.6.21 研究業績を更新。
2013.5.8 研究業績を更新。
2013.4.18 研究業績を更新。
2013.4.4 小川洋平君(M1)と玉岡武泰君(M1)が当研究室に配属されました。
2013.4.4 研究業績を更新。
2013.1.18 研究業績を更新。物質科学、特に触媒化学における定量的顕微鏡法―環境制御TEM法―に関するReviewが、「Microscopy」誌のオンライン版にて公開されました。
2012.12.6 研究業績を更新。
2012.10.31 研究業績を更新。
2012.8.3 環境制御・透過電子顕微鏡法による金チタニア触媒の活性構造についての研究成果が「Science」誌のEditors' Choice: Highlights of the recent literature欄で"A Glimpse of Gold"として紹介されました。
2012.7.17 横澤忠洋さんが助教として着任されました。
2012.6.22 研究業績を更新。当研究室の桑内康文君(大学院生:博士課程)が筆頭著者の論文が、ドイツ化学会発行のAngewandte Chemie International Editionに発表されました(論文掲載ページ)。
2012.4.27 研究業績を更新。カーボンナノチューブの成長に関する研究が、「Micron」誌のオンライン版にて公開されました。
2012.4.13 吉田秀人助教が、第109回触媒討論会優秀ポスター賞を受賞しました。
2012.4.10 メンバーを更新。
2012.4.5 相馬健太郎君(M1)と前納覚君(M1)が当研究室に配属されました。
2012.4.1 高瀬紀子さんが事務補佐員として着任されました。
2012.4.1 Keju Sunさんが特任研究員として着任されました。
2012.1.20 研究業績を更新。触媒活性中の金属ナノ粒子表面と相互作用する気体分子の可視化に関する研究が、「Science」誌に掲載されました(論文掲載ページ)。
2011.9.12 研究業績を更新。金ナノ粒子触媒に関する研究が、「Angewandte Chemie International Edition」のHot paperとして選定され(2011年9月7日)、2011年9月9日に同誌のオンライン版にて公開されました。
2011.6.20 研究業績を更新。
2011.4.24 研究業績を更新。
2011.4.5磯崎祐輔君(M1)と仲村宗起君(M1)が当研究室に配属されました。
2011.4.4研究室ホームページ開設!!