大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス

研究内容

産業科学研究所と東北大学多元物質科学研究所(多元研)との間で平成17年度に設置した「新産業創造物質基盤技術研究センター」および翌平成18年度の2研究所間アライアンスプロジェクトに端を発し、平成19年度からは4附置研究所間で、さらに平成22年度からは5附置研究所間アライアンスプロジェクトを実施した。これら長年に渡る物質・デバイス研究分野における附置研究所間連携アライアンスプロジェクトの実績を基盤として、ナノおよび物質・デバイスに関する共同研究をさらに深化させるとともに、異分野間の交流を動的かつ濃密に実施する融合共同研究を飛躍的に展開させる新規な共同研究・実践教育の新たな枠組みを構築し、イノベーションを創出することを指向した新たな取り組みを行う「人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス」プロジェクトを平成28 年度より開始した。
 本プロジェクトでは、産研および東北大多元研のほか、北海道大学電子科学研究所(電子研)、東京工業大学化学生命科学研究所(化生研)および九州大学先導物質化学研究所(先導研)の5附置研究所がネットワークを組むことで、研究所横断型の共同研究を、「エレクトロニクス 物質・デバイス」(G1)、「環境エネルギー 物質・デバイス・プロセス」(G2)、および「生命機能 物質・デバイス・システム」(G3)の3グループに分かれて研究課題を設定し、戦略的で卓越した融合研究を推進することで、人と環境と物質とを繋ぐイノベーション創出を志向したプロジェクトを展開している。
 これに加え、ダイナミック・アライアンスでは、若手人材育成を効果的に推進するために、若手研究者をリーダーとして滞在型の濃密な共同研究を推進するCOREラボの設置や、若手研究交流会、院生を対象とした次世代若手プログラムの推進、更には技術支援シンポジウムなど研究支援組織のネットワーク活動推進と積極的なプロジェクト関与などのプログラムを実施し、コバレント(濃密な)およびダイナミックを基軸とし、人材・機器・場所のシェアリングを通じた戦略的融合研究を進めている。これらを実践する上で、本ダイナミック・アライアンスは、「物質・デバイス領域共同研究拠点」と相補的かつ密接なプログラム連携を取りながら展開している。
 本プロジェクトは、産研をプロジェクト事業本部とし、中谷和彦所長(事業本部長)のもと、5研究所からなる運営委員会により運営されており、産研からは、関野徹教授がアライアンス運営委員長を務める。

産研における各研究グループのメンバーは次の通りである。

  1. (G1)「エレクトロニクス 物質・デバイス」研究グループ(10名)
    関谷 毅 教授(副リーダー)、松本和彦 教授、安蘇芳雄教授、大岩 顕 教授、小口多美夫 教授、古澤孝弘 教授、田中秀和 教授、吉田陽一 教授、鷲尾 隆 教授、能木雅也 准教授
  2. (G2)「環境エネルギー 物質・デバイス・プロセス」研究グループ(7 名)
    小林 光 教授(副リーダー)、菅沼克昭 教授、関野 徹教授、竹田精治 教授、真嶋哲朗 教授、田中慎一郎 准教授、誉田義英 准教授
  3. (G3)「生命機能 物質・デバイス・システム」研究グループ(12 名)
    西野邦彦 教授(副リーダー)、加藤修雄 教授、黒田俊一 教授、駒谷和範 教授、笹井宏明 教授、谷口正輝 教授、中谷和彦 教授、永井健治 教授、沼尾正行 教授、山口明人 特任教授、槇原 靖 准教授、鈴木健之 准教授

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス

研究内容

産業科学研究所と東北大学多元物質科学研究所(多元研)との間で平成17年度に設置した「新産業創造物質基盤技術研究センター」および翌平成18年度の2研究所間アライアンスプロジェクトに端を発し、平成19年度からは4附置研究所間で、さらに平成22年度からは5附置研究所間アライアンスプロジェクトを実施した。これら長年に渡る物質・デバイス研究分野における附置研究所間連携アライアンスプロジェクトの実績を基盤として、ナノおよび物質・デバイスに関する共同研究をさらに深化させるとともに、異分野間の交流を動的かつ濃密に実施する融合共同研究を飛躍的に展開させる新規な共同研究・実践教育の新たな枠組みを構築し、イノベーションを創出することを指向した新たな取り組みを行う「人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス」プロジェクトを平成28 年度より開始した。
 本プロジェクトでは、産研および東北大多元研のほか、北海道大学電子科学研究所(電子研)、東京工業大学化学生命科学研究所(化生研)および九州大学先導物質化学研究所(先導研)の5附置研究所がネットワークを組むことで、研究所横断型の共同研究を、「エレクトロニクス 物質・デバイス」(G1)、「環境エネルギー 物質・デバイス・プロセス」(G2)、および「生命機能 物質・デバイス・システム」(G3)の3グループに分かれて研究課題を設定し、戦略的で卓越した融合研究を推進することで、人と環境と物質とを繋ぐイノベーション創出を志向したプロジェクトを展開している。
 これに加え、ダイナミック・アライアンスでは、若手人材育成を効果的に推進するために、若手研究者をリーダーとして滞在型の濃密な共同研究を推進するCOREラボの設置や、若手研究交流会、院生を対象とした次世代若手プログラムの推進、更には技術支援シンポジウムなど研究支援組織のネットワーク活動推進と積極的なプロジェクト関与などのプログラムを実施し、コバレント(濃密な)およびダイナミックを基軸とし、人材・機器・場所のシェアリングを通じた戦略的融合研究を進めている。これらを実践する上で、本ダイナミック・アライアンスは、「物質・デバイス領域共同研究拠点」と相補的かつ密接なプログラム連携を取りながら展開している。
 本プロジェクトは、産研をプロジェクト事業本部とし、中谷和彦所長(事業本部長)のもと、5研究所からなる運営委員会により運営されており、産研からは、関野徹教授がアライアンス運営委員長を務める。

産研における各研究グループのメンバーは次の通りである。

  1. (G1)「エレクトロニクス 物質・デバイス」研究グループ(10名)
    関谷 毅 教授(副リーダー)、松本和彦 教授、安蘇芳雄教授、大岩 顕 教授、小口多美夫 教授、古澤孝弘 教授、田中秀和 教授、吉田陽一 教授、鷲尾 隆 教授、能木雅也 准教授
  2. (G2)「環境エネルギー 物質・デバイス・プロセス」研究グループ(7 名)
    小林 光 教授(副リーダー)、菅沼克昭 教授、関野 徹教授、竹田精治 教授、真嶋哲朗 教授、田中慎一郎 准教授、誉田義英 准教授
  3. (G3)「生命機能 物質・デバイス・システム」研究グループ(12 名)
    西野邦彦 教授(副リーダー)、加藤修雄 教授、黒田俊一 教授、駒谷和範 教授、笹井宏明 教授、谷口正輝 教授、中谷和彦 教授、永井健治 教授、沼尾正行 教授、山口明人 特任教授、槇原 靖 准教授、鈴木健之 准教授