大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト

附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト

Post-Silicon Materials and Devices Reserch Aliance

研究内容

本プロジェクトは、次世代エレクトロニクス、エネルギー、医療、環境調和材料の「物質・デバイス・システム創製基盤技術」を「ナノとマクロの融合」により研究開発することを目的とし発足したものである。物質・デバイス・システム基盤技術は、安全安心で質の高い生活のできる社会の実現に必須であり、物質・デバイス研究において豊富な実績を有する5研究所が、得意の分野で戦略的に連携を組み、ネットワーク型共同研究を推進する事により物質・デバイス・システム創製研究の格段の進展を図るものである。
 本プロジェクトは、産研、東北大学多元物質科学研究所(多元研)、北海道大学電子科学研究所(電子研)、東京工業大学資源化学研究所(資源研)、九州大学先導物質化学研究所(先導研)の5研究所横断で、1)次世代エレクトロニクス、2)新エネルギー材料・デバイス、3)医療材料・デバイス・システム、4)環境調和材料・デバイスに関する研究グループを組織し、戦略的プロジェクト研究を推進している。具体的に、各研究所における長期滞在研究、人材の交流・シェアリング、装置・場所のシェアリングにより、効率的にプロジェクト研究の推進を行っている。またアライアンス連携研究の成果の社会還元のために、産研インキュベーション棟を積極的に利用し、物質・デバイス・システム創製基盤技術を格段に進展させ、実用化を目指した産業応用に繋げることを目指す。これにより安全安心で質の高い生活のできる社会実現への大きな寄与とともに、ナノとマクロ融合の新学術分野の創成を実現する。
 本プロジェクトでは、5研究所からなる運営委員会により運営されており、産研からの運営委員は、田中秀和教授(副委員長)、八木康史教授、小口多美夫教授である。
 産研の各研究グループのメンバー及びグループ長は次の通りである。

  1. (G1)「次世代エレクトロニクス」研究グループ(9名)
    松本和彦 教授(グループ長)、安蘇芳雄 教授、安藤陽一 教授、小口多美夫 教授、田中秀和 教授、鷲尾 隆 教授、大岩顕 教授、関谷毅 教授、能木雅也 准教授
  2. (G2)「新エネルギー材料・デバイス」研究グループ(7名)
    小林光 教授(グループ長)、菅沼克昭 教授、竹田精治 教授、沼尾正行 教授、誉田義英 准教授、鈴木健之 准教授、田中慎一郎 准教授
  3. (G3)「医療材料・デバイス・システム」研究グループ(9名)
    中谷和彦 教授(グループ長)、加藤修雄 教授、山口明人 特任教授、八木康史 教授、谷口正輝 教授、永井健治 教授、駒谷和範 教授、西野邦彦 教授、黒田俊一 教授
  4. (G4)「環境調和材料・デバイス」研究グループ(6名)
    吉田陽一 教授(グループ長)、真嶋哲朗 教授、笹井宏明 教授、磯山悟朗 教授、古澤孝弘 教授、関野徹 教授

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト

附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト

Post-Silicon Materials and Devices Reserch Aliance

研究内容

本プロジェクトは、次世代エレクトロニクス、エネルギー、医療、環境調和材料の「物質・デバイス・システム創製基盤技術」を「ナノとマクロの融合」により研究開発することを目的とし発足したものである。物質・デバイス・システム基盤技術は、安全安心で質の高い生活のできる社会の実現に必須であり、物質・デバイス研究において豊富な実績を有する5研究所が、得意の分野で戦略的に連携を組み、ネットワーク型共同研究を推進する事により物質・デバイス・システム創製研究の格段の進展を図るものである。
 本プロジェクトは、産研、東北大学多元物質科学研究所(多元研)、北海道大学電子科学研究所(電子研)、東京工業大学資源化学研究所(資源研)、九州大学先導物質化学研究所(先導研)の5研究所横断で、1)次世代エレクトロニクス、2)新エネルギー材料・デバイス、3)医療材料・デバイス・システム、4)環境調和材料・デバイスに関する研究グループを組織し、戦略的プロジェクト研究を推進している。具体的に、各研究所における長期滞在研究、人材の交流・シェアリング、装置・場所のシェアリングにより、効率的にプロジェクト研究の推進を行っている。またアライアンス連携研究の成果の社会還元のために、産研インキュベーション棟を積極的に利用し、物質・デバイス・システム創製基盤技術を格段に進展させ、実用化を目指した産業応用に繋げることを目指す。これにより安全安心で質の高い生活のできる社会実現への大きな寄与とともに、ナノとマクロ融合の新学術分野の創成を実現する。
 本プロジェクトでは、5研究所からなる運営委員会により運営されており、産研からの運営委員は、田中秀和教授(副委員長)、八木康史教授、小口多美夫教授である。
 産研の各研究グループのメンバー及びグループ長は次の通りである。

  1. (G1)「次世代エレクトロニクス」研究グループ(9名)
    松本和彦 教授(グループ長)、安蘇芳雄 教授、安藤陽一 教授、小口多美夫 教授、田中秀和 教授、鷲尾 隆 教授、大岩顕 教授、関谷毅 教授、能木雅也 准教授
  2. (G2)「新エネルギー材料・デバイス」研究グループ(7名)
    小林光 教授(グループ長)、菅沼克昭 教授、竹田精治 教授、沼尾正行 教授、誉田義英 准教授、鈴木健之 准教授、田中慎一郎 准教授
  3. (G3)「医療材料・デバイス・システム」研究グループ(9名)
    中谷和彦 教授(グループ長)、加藤修雄 教授、山口明人 特任教授、八木康史 教授、谷口正輝 教授、永井健治 教授、駒谷和範 教授、西野邦彦 教授、黒田俊一 教授
  4. (G4)「環境調和材料・デバイス」研究グループ(6名)
    吉田陽一 教授(グループ長)、真嶋哲朗 教授、笹井宏明 教授、磯山悟朗 教授、古澤孝弘 教授、関野徹 教授