大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english

励起物性科学研究分野

Department of Excited Solid-State Dynamics

スタッフ

  • Photo
    准教授 田中 慎一郎
    Assoc. Prof.
    S. TANAKA
  • Photo
    准教授 金崎 順一
    Assoc. Prof.
    J. KANASAKI

研究内容

電子系の励起状態を介した固体構造制御は、従来の熱的・化学的な手法では得られない新奇構造相の創製を可能とし、材料科学における新しいパラダイムの構築につながるものと期待できる。本研究分野では、この最終目的につながる明確な指針を確立するために、固体内部及び表面における電子・正孔・格子系の非平衡励起状態に関する詳細な知見を得ると共に、その後の緩和ダイナミクスを解明することを目指した基礎的研究を推進している。パルスレーザー光、シンクロトロン放射光、電子線、プローブ顕微鏡によるキャリア注入等、多彩な励起手段を用いて発生させた電子励起状態の動的挙動を、角度・時間分解光電子分光法を主とする様々な分光法を用いて、実空間・運動量空間・エネルギー・時間といった多次元空間において解明すると共に、創製される新奇構造相を走査トンネル顕微鏡等によって直接観察している。

研究課題

  1. 固体内部および固体表面における
  2. 1.非平衡励起キャリア系の超高速ダイナミクス
  3. 2.レーザー誘起構造変化と原子放出過程
  4. 3.電子系の多体相互作用
  5. 4.内殻励起・緩和ダイナミクス

図・グラフ

大阪大学 産業科学研究所

contact home english

励起物性科学研究分野

Department of Excited Solid-State Dynamics

スタッフ

  • Photo
    准教授 田中 慎一郎
    Assoc. Prof.
    S. TANAKA
  • Photo
    准教授 金崎 順一
    Assoc. Prof.
    J. KANASAKI

研究内容

電子系の励起状態を介した固体構造制御は、従来の熱的・化学的な手法では得られない新奇構造相の創製を可能とし、材料科学における新しいパラダイムの構築につながるものと期待できる。本研究分野では、この最終目的につながる明確な指針を確立するために、固体内部及び表面における電子・正孔・格子系の非平衡励起状態に関する詳細な知見を得ると共に、その後の緩和ダイナミクスを解明することを目指した基礎的研究を推進している。パルスレーザー光、シンクロトロン放射光、電子線、プローブ顕微鏡によるキャリア注入等、多彩な励起手段を用いて発生させた電子励起状態の動的挙動を、角度・時間分解光電子分光法を主とする様々な分光法を用いて、実空間・運動量空間・エネルギー・時間といった多次元空間において解明すると共に、創製される新奇構造相を走査トンネル顕微鏡等によって直接観察している。

研究課題

  1. 固体内部および固体表面における
  2. 1.非平衡励起キャリア系の超高速ダイナミクス
  3. 2.レーザー誘起構造変化と原子放出過程
  4. 3.電子系の多体相互作用
  5. 4.内殻励起・緩和ダイナミクス

図・グラフ