大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 特別プロジェクト研究部門 > 感染制御学研究分野

感染制御学研究分野

Laboratory of Microbiology and Infectious Diseases

スタッフ

研究内容

近年、薬で治療することのできない感染症が出現し、世界共通の深刻な問題となっている。本研究分野では、これら抗菌薬が効かなくなった細菌による感染症の振興を未然に防ぐことを目的として、研究に取り組んでいる。病原菌の適応力と進化の仕組みを明らかにした上で、細菌の薬剤耐性と病原性を同時に軽減することのできる新規治療法確立を目指している。

研究課題

  1. 1.感染症の新規治療薬開発
  2. 2.膜輸送体による細胞機能制御の解明
  3. 3.膜輸送体制御のナノシステムバイオロジー
  4. 4.細菌検出キットの開発
  5. 5.3次元電子顕微鏡による生体ナノ構造イメージング法の開発

図・グラフ

  • Fig.1
    膜輸送体制御のナノシステムバイオロジー
    NanoSystems biology of a transporter regulation Science (2005) Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2005) J. Biol. Chem. (2008, 2011)
  • Fig.2
    3次元電子顕微鏡法による生体ナノ構造イメージング
    3D imaging of bio-nanostructures by electron tomography Science (2007) Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2008) Nature Cell Biol. (2009)
  • Fig.2
    マイクロ流路による細菌排出活性測定法の開発
    Development of microfluidic channels to measure bacterial efflux activities PLoS One (2011) Lab Chip (2012)
  • Fig.2
    膜輸送体の生理的役割と輸送機能
    Physiological function and mechanism of membrane transporters Mol. Microbiol. (2006) Nature (2011)

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 特別プロジェクト研究部門 > 感染制御学研究分野

感染制御学研究分野

Laboratory of Microbiology and Infectious Diseases

スタッフ

研究内容

近年、薬で治療することのできない感染症が出現し、世界共通の深刻な問題となっている。本研究分野では、これら抗菌薬が効かなくなった細菌による感染症の振興を未然に防ぐことを目的として、研究に取り組んでいる。病原菌の適応力と進化の仕組みを明らかにした上で、細菌の薬剤耐性と病原性を同時に軽減することのできる新規治療法確立を目指している。

研究課題

  1. 1.感染症の新規治療薬開発
  2. 2.膜輸送体による細胞機能制御の解明
  3. 3.膜輸送体制御のナノシステムバイオロジー
  4. 4.細菌検出キットの開発
  5. 5.3次元電子顕微鏡による生体ナノ構造イメージング法の開発

図・グラフ

  • Fig.1
    膜輸送体制御のナノシステムバイオロジー
    NanoSystems biology of a transporter regulation Science (2005) Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2005) J. Biol. Chem. (2008, 2011)
  • Fig.2
    3次元電子顕微鏡法による生体ナノ構造イメージング
    3D imaging of bio-nanostructures by electron tomography Science (2007) Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2008) Nature Cell Biol. (2009)
  • Fig.2
    マイクロ流路による細菌排出活性測定法の開発
    Development of microfluidic channels to measure bacterial efflux activities PLoS One (2011) Lab Chip (2012)
  • Fig.2
    膜輸送体の生理的役割と輸送機能
    Physiological function and mechanism of membrane transporters Mol. Microbiol. (2006) Nature (2011)