大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 特別プロジェクト研究部門 > 極微材料プロセス研究分野

極微材料プロセス研究分野

Laboratory of Atomic Scale Materials Processing

スタッフ

  • Photo
    招へい教授 柳田 剛
    Visiting Prof.
    T. YANAGIDA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    長島 一樹
    Specially Appointed Assis. Prof.
    K. NAGASHIMA

研究内容

自然界では生体系に代表されるように、極めて小さなエネルギーで三次元的に自ら組みあがり、僅かな外場環境変化に巧みに反応し機能する階層的な高次極微構造を生み出す高度に洗練された極微材料プロセスが存在する。本研究分野では自然の摂理に立脚した極微材料プロセスの学理を構築し、高次極微ナノ構造体とその機能物性・新奇デバイス群を創出することを目指している。

研究課題

  1. 1.酸化物1次元ナノワイヤ構造体の創出と極微形成プロセスの原理解明
  2. 2.単一酸化物ナノワイヤ構造体に於ける制限ナノ空間物性の探索
  3. 3.グリーンエレクトロニクスデバイス(低消費電力不揮発性メモリ、エネルギー変換等)及び生体分子分析デバイスへの展開

図・グラフ

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 特別プロジェクト研究部門 > 極微材料プロセス研究分野

極微材料プロセス研究分野

Laboratory of Atomic Scale Materials Processing

スタッフ

  • Photo
    招へい教授 柳田 剛
    Visiting Prof.
    T. YANAGIDA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    長島 一樹
    Specially Appointed Assis. Prof.
    K. NAGASHIMA

研究内容

自然界では生体系に代表されるように、極めて小さなエネルギーで三次元的に自ら組みあがり、僅かな外場環境変化に巧みに反応し機能する階層的な高次極微構造を生み出す高度に洗練された極微材料プロセスが存在する。本研究分野では自然の摂理に立脚した極微材料プロセスの学理を構築し、高次極微ナノ構造体とその機能物性・新奇デバイス群を創出することを目指している。

研究課題

  1. 1.酸化物1次元ナノワイヤ構造体の創出と極微形成プロセスの原理解明
  2. 2.単一酸化物ナノワイヤ構造体に於ける制限ナノ空間物性の探索
  3. 3.グリーンエレクトロニクスデバイス(低消費電力不揮発性メモリ、エネルギー変換等)及び生体分子分析デバイスへの展開

図・グラフ