大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 第3研究部門(生体・分子科学系) > 精密制御化学研究分野(中谷研)

精密制御化学研究分野(中谷研)

Department of Regulatory Bioorganic Chemistry

スタッフ

  • Photo
    教授 中谷 和彦
    Prof.
    K. NAKATANI
  • Photo
    准教授 堂野 主税
    Assoc. Prof.
    C. DOHNO
  • Photo
    助教 村田 亜沙子
    Assis. Prof.
    A. MURATA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    相川 春夫
    Specially Appointed Assis. Prof.
    H. AIKAWA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    山田 剛士
    Specially Appointed Assis. Prof.
    T. YAMADA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    柴田 知範
    Specially Appointed Assis. Prof.
    T. SHIBATA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    サンジュクタ ムケルジー
    Specially Appointed Assis. Prof.
    S. MUKHERJEE

研究内容

本研究分野では、有機合成化学を基盤としたケミカルバイオロジーとナノテクノロジーを指向した研究を進めている。DNA、RNAの特異な構造に結合する小分子化合物の創製とそれら分子による遺伝子発現制御、DNAナノ構造の機能化、天然には存在しない新奇化学構造を持つ核酸の創製などを目指している。

研究課題

  1. 1.DNAミスマッチ塩基対に結合する分子の開発
  2. 2.トリプレットリピート病のケミカルバイオロジー
  3. 3.ミスマッチ結合性リガンドを基盤とする核酸高次構造の制御
  4. 4.RNAを標的とする新規分子の探索
  5. 5.RNA結合性分子を用いたRNAレベルでの遺伝子発現制御
  6. 6.実用的遺伝子検出法の開発
  7. 7.脂質膜と相互作用する核酸の開発と利用

図・グラフ

  • Fig.1
    CAGリピートと低分子リガンド複合体のNMR構造
    NMR structure of a complex between CAG repeat and a small-molecule ligand.
  • Fig.2
    RNA結合性分子を用いた遺伝子発現制御
    Regulation of gene expression by an RNA binding ligand.

紹介ビデオ

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 第3研究部門(生体・分子科学系) > 精密制御化学研究分野(中谷研)

精密制御化学研究分野(中谷研)

Department of Regulatory Bioorganic Chemistry

スタッフ

  • Photo
    教授 中谷 和彦
    Prof.
    K. NAKATANI
  • Photo
    准教授 堂野 主税
    Assoc. Prof.
    C. DOHNO
  • Photo
    助教 村田 亜沙子
    Assis. Prof.
    A. MURATA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    相川 春夫
    Specially Appointed Assis. Prof.
    H. AIKAWA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    山田 剛士
    Specially Appointed Assis. Prof.
    T. YAMADA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    柴田 知範
    Specially Appointed Assis. Prof.
    T. SHIBATA
  • Photo
    特任助教(常勤)
    サンジュクタ ムケルジー
    Specially Appointed Assis. Prof.
    S. MUKHERJEE

研究内容

本研究分野では、有機合成化学を基盤としたケミカルバイオロジーとナノテクノロジーを指向した研究を進めている。DNA、RNAの特異な構造に結合する小分子化合物の創製とそれら分子による遺伝子発現制御、DNAナノ構造の機能化、天然には存在しない新奇化学構造を持つ核酸の創製などを目指している。

研究課題

  1. 1.DNAミスマッチ塩基対に結合する分子の開発
  2. 2.トリプレットリピート病のケミカルバイオロジー
  3. 3.ミスマッチ結合性リガンドを基盤とする核酸高次構造の制御
  4. 4.RNAを標的とする新規分子の探索
  5. 5.RNA結合性分子を用いたRNAレベルでの遺伝子発現制御
  6. 6.実用的遺伝子検出法の開発
  7. 7.脂質膜と相互作用する核酸の開発と利用

図・グラフ

  • Fig.1
    CAGリピートと低分子リガンド複合体のNMR構造
    NMR structure of a complex between CAG repeat and a small-molecule ligand.
  • Fig.2
    RNA結合性分子を用いた遺伝子発現制御
    Regulation of gene expression by an RNA binding ligand.

紹介ビデオ