大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english

複合分子化学研究分野

Department of Complex Molecular Chemistry

スタッフ

  • Photo
    助教 樋口 雄介
    Assis. Prof.
    Y. HIGUCHI

研究内容

高度福祉社会、高齢化社会に必要な新しい医薬品のシード・リード化合物の創製および薬物と薬物受容体との相互作用など医薬品の作用機構解明を目的とする。この目的達成のために、薬剤を用いたケミカルゲノミクスによるタンパク質の機能解析と、その結果に基づく創薬と創薬に向けた新手法の提案を目指し、特に、タンパク質間相互作用の制御を主たる研究標的とする。

研究課題

  1. 1.有機低分子化合物による細胞内信号伝達系の制御を基盤とする創薬
  2. 2.異物排出タンパクに対する阻害剤の分子設計および化学合成
  3. 3.生理活性脂質のプローブ化と脂質輸送タンパクの活性評価系の構築

図・グラフ

  • Fig.1
    ジテルペン配糖体をリードとする新規抗がん剤の開発
    Anti-cancer agents based on natural diterpene glycosides
  • Fig.2
    新規核酸塩基を利用したウイルスゲノム配列の目視診断
    Identification of virus genome using novel type of nucleobases

紹介ビデオ

大阪大学 産業科学研究所

contact home english

複合分子化学研究分野

Department of Complex Molecular Chemistry

スタッフ

  • Photo
    助教 樋口 雄介
    Assis. Prof.
    Y. HIGUCHI

研究内容

高度福祉社会、高齢化社会に必要な新しい医薬品のシード・リード化合物の創製および薬物と薬物受容体との相互作用など医薬品の作用機構解明を目的とする。この目的達成のために、薬剤を用いたケミカルゲノミクスによるタンパク質の機能解析と、その結果に基づく創薬と創薬に向けた新手法の提案を目指し、特に、タンパク質間相互作用の制御を主たる研究標的とする。

研究課題

  1. 1.有機低分子化合物による細胞内信号伝達系の制御を基盤とする創薬
  2. 2.異物排出タンパクに対する阻害剤の分子設計および化学合成
  3. 3.生理活性脂質のプローブ化と脂質輸送タンパクの活性評価系の構築

図・グラフ

  • Fig.1
    ジテルペン配糖体をリードとする新規抗がん剤の開発
    Anti-cancer agents based on natural diterpene glycosides
  • Fig.2
    新規核酸塩基を利用したウイルスゲノム配列の目視診断
    Identification of virus genome using novel type of nucleobases

紹介ビデオ