第14回 日本カテキン学会 年次大会のご案内 本文へジャンプ

期日:2017年11月16日(木)~17日(金)
会場:大阪大学 産業科学研究所 講堂
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1





プログラム 11月11日更新
第14 回日本カテキン学会年次学術大会 プログラム
11 月16 日(木)産業科学研究所 管理棟1階・講堂

開会挨拶 13:00~13:10
大会長 開發 邦宏(大阪大学 産業科学研究所)

依頼講演-1, 2 13:10~14:40

   座長:増田 修一(静岡県立大学・食品栄養科学部)

I-1 13:10~13:55
「茶ポリフェノールの渋味受容とその生理的意義の解析」
    石井 剛志(神戸学院大・食品栄養学科)

I-2 13:55~14:40
「新規骨再生材料エピガロカテキンガレート結合ゼラチンの開発と機序解明」
    本田 義知(大阪歯科大学・中央歯学研究所)

ティーブレイク 14:40~14:50


口頭発表(発表12 分、質疑応答3 分)


O-1 14:50~15:05
「(-)-Epigallocatechin-3-gallate の胃粘膜細胞に対するレプチン分泌刺激作用の発見」
    太田 裕基(大阪府立大学大学院・生命環境科学研究科)

O-2 15:05~15:20
「緑茶カテキンEGCG のマクロファージ極性調節作用」
    福富 拓哉(九州大学大学院・農学研究院)

O-3 15:20~15:35
「烏龍茶重合ポリフェノールの生体成分に対する分子挙動とその構造特性」
    辻 愛(神戸学院大学・栄養学部)

ティーブレイク 15:35−15:45

特別講演-1 15:45~16:45
   座長:原 征彦(茶研究・原事務所(株))

「緑茶カテキンの脳機能低下抑制作用における機構解明」
    海野 けい子(静岡県立大学・薬学部)

交流会 17:00~18:30
産業科学研究所・サロンドサンケン(講堂前)

11 月 17 日(金) 産業科学研究所 管理棟 1 階・講堂

特別企画 9:30~10:20
「大阪における淹茶文化の発展」
   座長:開發 邦宏(大阪大学・産業科学研究所)

「日本喫茶史における堺発掘の大発見―淹茶のはじまり」
    谷本 順一((株)つぼ市製茶本舗)

ポスターセッション 10:20~11:50

ポスター撤去&ランチタイム 11:50~13:00


役員会 12:00~13:00
カテキン学会総会 13:00~13:30


特別講演-2 13:30~14:30
  座長:島村 忠勝(昭和大学名誉教授)

「ポリフェノール・パラドックスの観点からみたカテキンの機能性に関する考察」
    芦田 均(神戸大学大学院・農学研究科)


ティーブレイク 14:30~14:40

依頼講演-3 14:40~15:25


I-3 14:40~15:25
「Influence of acute ingestion and regular intake of green tea catechins on resting oxidative stress biomarkers assays in a paralleled randomized controlled crossover supplementation study in healthy humans」
○Mahendra P. Kapoor(Taiyo Kagaku Co. Ltd., Nutrition Division)

口頭発表(発表12 分、質疑応答3 分)

O-4 15:25~15:40
「黄色ブドウ球菌の毒素活性に対するカテキン類の制御機構の解明」
    内海 未央(静岡県立大学大学院・薬食生命科学総合学府)

O-5 15:40~15:55
「カテキン誘導体浸透マスクのインフルエンザ様疾患予防効果:ランダム化二重盲検比較対照試験」
    富島 勝夢(静岡県立大学・薬学部医薬品情報解析学分野)

表彰・閉会挨拶 15:55~16:05

会場


VENUE


アクセス