産業科学研究所

大阪大学 産業科学研究所 一般公開

今年も開催します!産研一般公開!!研究室公開をはじめ、ものづくり体験サイエンス教室、そしてスタンプラリーなど盛りだくさん♪ GWの1日はぜひ産研で楽しんでください♪ 皆様のご来場楽しみにしております。

日時 2019年 5月3日(金・祝)10:00~16:00
場所 大阪大学 産業科学研究所 A棟(管理棟)正面玄関で受付
アクセス
電車
阪急千里線 北千里駅下車 東へ徒歩20分
バス
阪急バス 北大阪急行千里中央駅発「阪大本部前行」
近鉄バス 阪急京都線茨木市駅発「阪大本部前行」
(JR茨木駅経由)いずれも、阪大本部前下車 徒歩10分
モノレール
大阪モノレール 阪大病院前駅下車 徒歩15分

ページトップボタン

公開内容(随時更新中)

人工知能 -見る・学ぶ・考える・話す-

「見る、学ぶ、考える、話す」という人間が持つ知能を、コンピュータを始めとする情報科学技術を駆使して解明し、工学的な応用を目指す研究を分かりやすく紹介します。

加速器装置公開

電子線形加速器、コバルト60ガンマ線照射装置の紹介と、これら装置で発生する放射線と物質との相互作用にかかわる基礎過程から応用研究、産業利用までの説明を行います。 (1回目10:15、2回目11:15、3回目13:15、4回目14:15、5回目15:15 
※説明開始時間にあわせて、お越しください。)

電子で開く1000兆分の1秒の世界

『高速カメラは1万分の1秒の瞬間を静止画に切り取り、電子回路は10億分の1秒で動作する。さらに短い瞬間には何があるのか。』本企画では、1000兆分の1秒の瞬間を見るための、電子ビーム発生装置を紹介します。

分子の世界で遊んでみよう

簡単な実験を通して分子の世界に触れてみよう。
① 液体でも固体でもない不思議な物体「スライム」の合成
② 同じ分子なのに匂いが違う!?「キラル識別体験」

医療・ヘルスケアにむけたIoTセンサ

関谷研究室では、材料・プロセス・回路・システムを融合して、先進的な電子デバイスを研究開発してます。今回、ゴムのように柔らかい電子デバイスを用いた、医療・ヘルスケア用IoTセンサを展示します。
(公開時間は、10:00~14:00です。)

ナノテクノロジー関連施設公開

ナノテクノロジー(ナノテク)は、目に見えない程小さいもの(分子や原子な どの大きさ)を自在に制御する技術です。コンピュータやスマホにも使われています。そんなナノテクの世界についてご紹介します。

ロボットアクセサリーを作ろう

ボルトやナットを使って、自由にロボットアクセサリー作りが楽しめます。
体験可能人数に限りがあります。

産研サイエンスカフェ

サイエンスカフェは、講演会やシンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の方がカフェなど比較的小規模な場所で科学について気軽に語りあう場をつくろうというヨーロッパ発祥の試みです。
今回、産業科学研究所一般公開では、産研サイエンスカフェをオープンします。 時間帯によって主なトークテーマは決めていますが、数名の研究者(AI、1分子分析、物質予測、未来材料、バイオテクノロジー)が常駐しているので、気軽に科学の話を楽しんでみてください。(OPEN 10:30~15:30

産研サイエンス教室
小学生・中学生向けプログラム

研究者が実験しながら、科学の不思議を解説します!
OPEN 10:30~15:30

スタンプラリー開催

研究室をまわってスタンプを集めると記念品をプレゼント!
(記念品には数に限りがあります。)

 

アクセス

大阪府茨木市美穂が丘8-1(大阪大学吹田キャンパス内)

大阪モノレール「阪大病院前」徒歩15分

阪急千里線「北千里」徒歩25分

阪急バス・近鉄バス「阪大本部前」徒歩15分