大阪大学 産業科学研究所 複合分子化学研究分野

複合分子化学研究分野では、有機化学を基盤として意図した活性を発現する有機化合物の創造とその生物学への応用(ケミカルバイオロジー)、医薬への応用(創薬)に取り組んでいます。有機合成化学・反応化学・構造化学・生化学・計算化学などの幅広い知識を活用しケミカルバイオロジー・創薬化学研究に取り組み、新しい生理活性物質の合成と作用機構の解明を行っています。特に、人間を対象とする生命科学研究(ライフサイエンス研究)分野において、「ヒトへの適用が可能となるような薬の種を探す研究、病態の発症メカニズムを解明する研究」を進めています。

 

医薬品化学研究分野の後を継ぐ研究室

複合分子化学研究分野は、加藤修雄先生の医薬品化学研究分野の後にできた研究室です。