大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

国際共同研究センター

International Collaboration Center
国際共同研究センター

スタッフ

【センター長】小口 多美夫
  • 教授
    【センター長】小口 多美夫
  • Director Prof.
    T.OGUCHI

研究内容

国際共同研究センターは、国際交流における持続的な人材交流と国際共同研究を推進するために、平成21年4月に産研内に設置されたセンターである。本センターは、国際交流を行う大学・研究機関等との間に設立した複数の連携研究ラボ群から構成されている。現在、10件の連携研究ラボが下記の内容で設置されており、今後、更に連携研究ラボ数を増やしていく予定である。

北京大学−ICTラボ(連携相手:中国・北京大学情報科学技術学院、ラボ長:槇原准教授)
連携テーマ:3次元復元と距離計測、画像のセグメンテーションと物体検出、人運動解析と人物認識

浦項工科大学校−RPMラボ(連携相手:韓国・浦項工科大学校環境工学部/化学工学科、ラボ長:真嶋教授)
連携テーマ:光応答物質の機構解明、光触媒反応の分解機構解明、高効率光触媒の開発、可視光応答型光触媒の開発

忠南大学校−AMRラボ(連携相手:韓国・忠南大学校自然科学大学、ラボ長:真嶋教授)
連携テーマ:ナノ構造物質から生体までの先端物質の科学に関する研究、ビームおよびビームを利用した基礎および応用に関する研究

デ・ラ・サール大学−ICTラボ(連携相手:フィリピン・デ・ラ・サール大学、ラボ長:沼尾教授)
連携テーマ:共感計算(Empathic Computing)、生体計測等の各種センサを用いたユーザのモデル化、適応インタフェースと機械学習

ビーレフェルト大学−SOCラボ(連携相手:独・ビーレフェルト大学化学科、ラボ長:笹井教授)
BU-SOC lab.

アーヘン工科大学−SOCラボ(連携相手:独・アーヘン工科大学有機化学研究所、ラボ長:笹井教授)
AU-SOC lab.

KAERI−QBSラボ(連携相手:韓国・韓国原子力研究所/高度放射線技術研究所、ラボ長:吉田教授)
連携テーマ:量子ビーム科学に関する研究

チュラロンコン大学-ICTラボ(連携相手:タイ・チュラロンコン大学、ラボ長:沼尾教授)
連携テーマ:機械学習

鮮文大学校−グローバルエコマテリアルラボ(連携相手:韓国・鮮文大学校、ラボ長:関野教授)
連携テーマ:環境・エネルギー材料システムの創出

上海大学−SECラボ(連携相手:中国・上海大学環境及び化学工学科、ラボ長:真嶋教授)
連携テーマ:環境科学研究