大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

産業科学ナノテクノロジーセンター

Department of Nano-Intelligent Systems
ナノ知能システム分野

研究内容

>実験・計測技術の発達によって、ナノテクノロジー分野では大量のデータが収集・蓄積されつつある。しかし、人間の情報処理能力には限界があり、大量のデータから短時間に有意義な知見を得ることは難しい。そこで、種々の推論・探索機構を用いて、大量のデータから有用な規則性抽出や推定を効率よく行う手法の研究に取り組む。

研究課題

  • 1.探索推論と統計数理解析を融合したナノ知識の発見
    2.グラフ等の大量構造データからのナノ知識の発見
    3.以上の理論・技術の産業分野などへの適用研究