概要

量子ビーム科学研究施設は2009年に大阪大学産業科学研究所附属産業科学ナノテクノロジーセンター加速器・量子ビーム実験室を基に新しく設立されました。同実験室のすべての設備、40 MeVのLバンド電子ライナック、150 MeVのSバンドライナック、レーザーフォトカソードRF電子銃を装備した40MeVのSバンド電子ライナック、そしてコバルト60ガンマ線放射装置などが本施設に引き継がれました。これらの設備は大阪大学内の関係者で共同利用されています。本施設は施設長のほか2名の専任教員、1名の技術職員と1名の事務職員、および兼任教員で構成され、量子ビーム誘起化学反応過程に関する研究、量子ビーム科学に基づく環境工学関連分野、先端ビーム科学、新エネルギー資源と先進医療技術、特に強力極超短時間放射線発生装置による、医療効果の研究、等に取り組んでいます。また、放射線管理や施設の維持管理を含むすべての設備の運営は、共同利用関係者の協力のもと行っております。 現在の主な研究課題は以下の通りです。

  • 量子ビームによる環境科学や、新エネルギー技術、先進医療技術の研究
  • 放射線関連施設の利用促進、維持、安全管理
  • 量子ビームによる材料解析手法の研究
  • 有機化合物および光触媒の反応を含んだ放射線の研究