Tanaka Laboratory

田中研究室では、機能性酸化物・二次元原子層材料などの人工ナノヘテロ構造形成技術と超微細加工技術を駆使した極限ナノ構造の創製により、新奇ナノ機能材料デバイスの創出を行っています。

掲示板

新着情報

2021年4月1日

谷口 勇貴君、田之畑 攻己君、梅﨑 景都君が新メンバーして加わりました。

2021年3月16日

第68回応用物理学会春季学術講演会「機能性酸化物エレクトロニクス~はじめの一歩~」で田中教授が講師の一人としてチュートリアルを行いました。

田中教授、大坂助教、Umar君、玄地君が講演を行いました。

2021年3月5日

4年生の2名が卒業発表を行いました。
小泉遼太君:高変調度NdNiO3ナノ細線チャネルFET実現に向けた取り組み笠松泰成君:SmNiO3薄膜の作製とプロトン誘起抵抗変調の優位性評価
堂々とした発表でした。

2021年2月8日

M2の3名が修士論文発表を行いました。
野中信君「SmNiO3プロトンレジスターにおけるプロトン拡散挙動のモデル化による抵抗変調制御」
余博源君「2次元材料六方晶窒化ホウ素上の極薄VO2膜における金属-絶縁体転移挙動」
滝川潤君「六方晶窒化ホウ素-イオン液体複合ゲートVO2電界効果トランジスタの作製と評価」
お疲れ様でした。

2021年1月7日

奈良先端大 服部賢先生グループ、三次元ナノ構造科学研究分野 服部先生・大阪先生との共同研究「世界初!原子サイズの高精度で乱れのない立体表面の作製に成功」がCryst. Growth Des, 21(2021) 946–953に掲載されました。