大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 第1研究部門(情報・量子科学系) > 知能アーキテクチャ研究分野(沼尾研)

知能アーキテクチャ研究分野(沼尾研)

Department of Architecture for Intelligence

スタッフ

  • Photo
    教授 沼尾 正行
    Prof.
    M. NUMAO
  • Photo
    准教授 福井 健一
    Assoc. Prof.
    K.FUKUI

研究内容

パソコンを初めとする情報環境が普及するにつれて、インタフェースの悪さに起因するテクノストレスや、スパムメール、多量データによる情報洪水の問題に社会の関心が集まっている。本研究部門では、これらの原因がコンピュータシステムの柔軟性の欠如にあることを早くから指摘し、その対策として適応および学習能力を持ったコンピュータおよびインタフェースの開発を提唱してきた。心理実験と高度な機械学習技術の組合せにより、こうした課題の克服を目指している。

研究課題

  1. 1.コンピュータのための学習機構
  2. 2.帰納論理プログラミング
  3. 3.マルチエージェント学習
  4. 4.構成的適応インタフェース
  5. 5.学習結果の可視化
  6. 6.データ中心科学

図・グラフ

  • Fig.1
    Constructive Adaptive User Interfaces (CAUI*)

紹介ビデオ

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 第1研究部門(情報・量子科学系) > 知能アーキテクチャ研究分野(沼尾研)

知能アーキテクチャ研究分野(沼尾研)

Department of Architecture for Intelligence

スタッフ

  • Photo
    教授 沼尾 正行
    Prof.
    M. NUMAO
  • Photo
    准教授 福井 健一
    Assoc. Prof.
    K.FUKUI

研究内容

パソコンを初めとする情報環境が普及するにつれて、インタフェースの悪さに起因するテクノストレスや、スパムメール、多量データによる情報洪水の問題に社会の関心が集まっている。本研究部門では、これらの原因がコンピュータシステムの柔軟性の欠如にあることを早くから指摘し、その対策として適応および学習能力を持ったコンピュータおよびインタフェースの開発を提唱してきた。心理実験と高度な機械学習技術の組合せにより、こうした課題の克服を目指している。

研究課題

  1. 1.コンピュータのための学習機構
  2. 2.帰納論理プログラミング
  3. 3.マルチエージェント学習
  4. 4.構成的適応インタフェース
  5. 5.学習結果の可視化
  6. 6.データ中心科学

図・グラフ

  • Fig.1
    Constructive Adaptive User Interfaces (CAUI*)

紹介ビデオ