大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 第2研究部門(材料・ビーム科学系) > 量子ビーム発生科学研究分野(磯山研)

量子ビーム発生科学研究分野(磯山研)

Department of Accelerator Science

スタッフ

  • Photo
    助教 入澤 明典
    Assis. Prof.
    A. IRIZAWA

研究内容

粒子加速器は基礎科学から産業まで広い範囲で使われている。我々は、新しい光や量子ビームと呼ばれる新しいビームの発生という観点から加速器をとらえて研究している。加速器は人工物であるが極限性能を追求すると非線型性や集団運動などの物理の基本問題が現れる。新しい光や量子ビームは人が見ることの出来る世界を広げるので、基礎研究から応用まで広い範囲の利用が期待出来る。これに加えて光発生の基礎過程自身が興味ある研究対象である。

研究課題

  1. 1.電子線形加速器の高性能化・高安定化の研究
  2. 2.線形加速器による高輝度・超短パルス電子ビームの発生
  3. 3.赤外自由電子レーザーの開発と短波長自由電子レーザーの基礎研究
  4. 4.コヒーレント放射などの高エネルギー電子による光の発生の研究
  5. 5.放射光光源の開発研究
  6. 6.大強度テラヘルツ波を用いた物質科学研究

図・グラフ

  • Fig.1
    自由電子レーザーの模式図
    Schematic drawing of a free electron laser
  • Fig.2
    量子ビーム科学研究施設の赤外自由電子レーザ
    Infrared free electron laser at the Research Laboratory for Quantum Beam Science

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 第2研究部門(材料・ビーム科学系) > 量子ビーム発生科学研究分野(磯山研)

量子ビーム発生科学研究分野(磯山研)

Department of Accelerator Science

スタッフ

  • Photo
    助教 入澤 明典
    Assis. Prof.
    A. IRIZAWA

研究内容

粒子加速器は基礎科学から産業まで広い範囲で使われている。我々は、新しい光や量子ビームと呼ばれる新しいビームの発生という観点から加速器をとらえて研究している。加速器は人工物であるが極限性能を追求すると非線型性や集団運動などの物理の基本問題が現れる。新しい光や量子ビームは人が見ることの出来る世界を広げるので、基礎研究から応用まで広い範囲の利用が期待出来る。これに加えて光発生の基礎過程自身が興味ある研究対象である。

研究課題

  1. 1.電子線形加速器の高性能化・高安定化の研究
  2. 2.線形加速器による高輝度・超短パルス電子ビームの発生
  3. 3.赤外自由電子レーザーの開発と短波長自由電子レーザーの基礎研究
  4. 4.コヒーレント放射などの高エネルギー電子による光の発生の研究
  5. 5.放射光光源の開発研究
  6. 6.大強度テラヘルツ波を用いた物質科学研究

図・グラフ

  • Fig.1
    自由電子レーザーの模式図
    Schematic drawing of a free electron laser
  • Fig.2
    量子ビーム科学研究施設の赤外自由電子レーザ
    Infrared free electron laser at the Research Laboratory for Quantum Beam Science