大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english
HOME > 研究紹介 > 第2研究部門(材料・ビーム科学系) > 量子ビーム発生科学研究分野

量子ビーム発生科学研究分野

Department of Accelerator Science

スタッフ

  • Photo
    助教 入澤 明典
    Assis. Prof.
    A. IRIZAWA

研究内容

粒子加速器とそこから得られる量子ビームは基礎科学から産業まで広く利用されている。当研究部門は、量子ビーム発生とその利用という観点から高輝度パルス電子ビームとこれを用いたテラヘルツ自由電子レーザーに関する研究をおこなっている。最も新しい放射光の一つである自由電子レーザー(FEL)はその波長が可変であり、大強度性、コヒーレント性、パルス性、偏光特性などの特長を活かした、基礎から応用まで広い範囲の利用が期待される。当部門の扱うテラヘルツ・遠赤外領域は、電磁波の中でちょうど電波と光の中間領域に位置し、現在、技術発展・利用展開が最も期待される周波数・波長帯の一つである(テラヘルツギャップ)。当部門では、物性制御・物質制御などの基礎物理研究からテラヘルツ計測技術の開発など応用を視野に入れた研究まで、学内外・国内外問わず様々な研究者および研究施設・量子ビーム施設と協力してテラヘルツFELの先進性を積極的に活かした様々な利用分野の研究展開を行っている。

研究課題

  1. 1.電子線形加速器の高性能化・高安定化の研究
  2. 2.線形加速器による高輝度・超短パルス電子ビームの発生
  3. 3.赤外自由電子レーザーの開発と短波長自由電子レーザーの基礎研究
  4. 4.コヒーレント放射などの高エネルギー電子による光の発生の研究
  5. 5.放射光光源の開発研究
  6. 6.大強度テラヘルツ波を用いた物質科学研究

図・グラフ

  • Fig.1
    自由電子レーザーの模式図
    Schematic drawing of a free electron laser
  • Fig.2
    量子ビーム科学研究施設の遠赤外自由電子レーザー
    Far-infrared free electron laser at the Research Laboratory for Quantum Beam Science

大阪大学 産業科学研究所

contact home english
HOME > 研究紹介 > 第2研究部門(材料・ビーム科学系) > 量子ビーム発生科学研究分野

量子ビーム発生科学研究分野

Department of Accelerator Science

スタッフ

  • Photo
    助教 入澤 明典
    Assis. Prof.
    A. IRIZAWA

研究内容

粒子加速器とそこから得られる量子ビームは基礎科学から産業まで広く利用されている。当研究部門は、量子ビーム発生とその利用という観点から高輝度パルス電子ビームとこれを用いたテラヘルツ自由電子レーザーに関する研究をおこなっている。最も新しい放射光の一つである自由電子レーザー(FEL)はその波長が可変であり、大強度性、コヒーレント性、パルス性、偏光特性などの特長を活かした、基礎から応用まで広い範囲の利用が期待される。当部門の扱うテラヘルツ・遠赤外領域は、電磁波の中でちょうど電波と光の中間領域に位置し、現在、技術発展・利用展開が最も期待される周波数・波長帯の一つである(テラヘルツギャップ)。当部門では、物性制御・物質制御などの基礎物理研究からテラヘルツ計測技術の開発など応用を視野に入れた研究まで、学内外・国内外問わず様々な研究者および研究施設・量子ビーム施設と協力してテラヘルツFELの先進性を積極的に活かした様々な利用分野の研究展開を行っている。

研究課題

  1. 1.電子線形加速器の高性能化・高安定化の研究
  2. 2.線形加速器による高輝度・超短パルス電子ビームの発生
  3. 3.赤外自由電子レーザーの開発と短波長自由電子レーザーの基礎研究
  4. 4.コヒーレント放射などの高エネルギー電子による光の発生の研究
  5. 5.放射光光源の開発研究
  6. 6.大強度テラヘルツ波を用いた物質科学研究

図・グラフ

  • Fig.1
    自由電子レーザーの模式図
    Schematic drawing of a free electron laser
  • Fig.2
    量子ビーム科学研究施設の遠赤外自由電子レーザー
    Far-infrared free electron laser at the Research Laboratory for Quantum Beam Science