大阪大学 産業科学研究所

contact
home
english

励起分子化学研究分野

Department of Molecular Excitation Chemistry

スタッフ

  • Photo
    准教授 藤塚 守
    Assoc. Prof.
    M. FUJITSUKA
  • Photo
    准教授 川井 清彦
    Assoc. Prof.
    K. KAWAI
  • Photo
    准教授
    (高等共創研究院) 小阪田 泰子
    Assoc. Prof.(iacs)
    Y. OSAKADA

研究内容

光および放射線を空間的・時間的に制御し、誘起される励起分子化学を基盤として、分子・反応場の立体的・時間的・電子的・構造的・化学的性質を利用した反応制御化学の研究を行っている。ナノ秒~フェムト秒レーザーフラッシュフォトリシス、パルスラジオリシス、時空間分解一分子蛍光顕微鏡などを使用して、以下の研究を推進している。

研究課題

  1. 1. 多波長多レーザー多段階励起法を用いた励起分子化学
  2. 2. 光触媒
  3. 3. 一分子レベル生体分子分析・診断手法開発
  4. 4. 生体分子の構造変化・化学反応ダイナミクス
  5. 5. 光・放射線を用いたバイオサイエンス

図・グラフ

  • Fig.1

紹介ビデオ

大阪大学 産業科学研究所

contact home english

励起分子化学研究分野

Department of Molecular Excitation Chemistry

スタッフ

  • Photo
    准教授 藤塚 守
    Assoc. Prof.
    M. FUJITSUKA
  • Photo
    准教授 川井 清彦
    Assoc. Prof.
    K. KAWAI
  • Photo
    准教授
    (高等共創研究院) 小阪田 泰子
    Assoc. Prof.(iacs)
    Y. OSAKADA

研究内容

光および放射線を空間的・時間的に制御し、誘起される励起分子化学を基盤として、分子・反応場の立体的・時間的・電子的・構造的・化学的性質を利用した反応制御化学の研究を行っている。ナノ秒~フェムト秒レーザーフラッシュフォトリシス、パルスラジオリシス、時空間分解一分子蛍光顕微鏡などを使用して、以下の研究を推進している。

研究課題

  1. 1. 多波長多レーザー多段階励起法を用いた励起分子化学
  2. 2. 光触媒
  3. 3. 一分子レベル生体分子分析・診断手法開発
  4. 4. 生体分子の構造変化・化学反応ダイナミクス
  5. 5. 光・放射線を用いたバイオサイエンス

図・グラフ

  • Fig.1

紹介ビデオ