学生のみなさんへ

Message to students


我々の研究室では、フェムト秒・アト秒という超短パルス電子ビームを発生し、世界最高性能を誇るフェムト秒・アト秒時間分解能を持つパルスラジオリシスの開発を推進しています.
時間空間反応解析により、量子ビーム誘起反応・現象の全貌を解明し、ナノ極限ファブリケーションへ展開としています.

  • 量子ビーム実験によるアト秒・ナノ空間の研究へ - 極短パルス電子線が切り拓く新しい科学領域の先駆者に一緒になりましょう。極短パルス電子線、アト秒領域の電子線とは、電子線の占める空間が、大きめの原子の原子サイズに匹敵する、電子線です。この極短パルス電子線が作り出す電場は非常に強く、一般に言われている電子線と物質との相互作用とは異なる、非常に強い相互作用、集団イオン化現象を引き起こすことが予想されています。

研究室見学・配属に興味をお持ちの方へ

吉田陽一研究室は、下記に所属しています。
  1. 大阪大学産業科学研究所 「ナノ極限ファブリケーション研究分野」
  2. 大阪大学工学部 環境・エネルギー工学科 協力講座「量子ビーム材料プロセス工学領域」
  3. 大阪大学大学院工学研究科 環境エネルギー工学専攻 協力講座「量子ビーム材料プロセス工学領域」
研究室見学は随時受け付けますが、事前にご連絡下さい。連絡先はコチラです。
住所 / Address

〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1 N404
8-1 Mihogaoka, Ibaraki, Osaka 567-0047, Japan

連絡先 / Contacts

Email: adv-nano-fab@sanken.osaka-u.ac.jp
Phone: +81 (6) 6879 4285
Fax: +81 (6) 6879 4287

Web page was made with Mobirise