産業科学研究所

大阪大学 産業科学研究所 学生オープンインスティチュート

 大阪大学産業科学研究所では、大学院で最先端の研究がしてみたいと考えている学生やポスドクとして研究を希望されている方々を対象とした研究説明会と研究室公開を開催いたします。
 産業科学研究所は、新たな産業創成の源泉となる基礎科学を極め、その成果に立脚して応用科学を展開することを目的として、関西産業界の強い期待と要望を背景に、昭和14年に誕生した歴史ある研究所です。現在では日本を代表する総合理工型研究所とし情報・量子科学系、材料・ビーム科学系、生体・分子科学系、そしてナノテクノロジーを中心とした最先端の科学研究を行っています。教育においては、「高度産業科学研究者の育成」を目指し、理学、薬学、工学、基礎工学、情報科学、生命機能の6研究科の教育・研究指導を担当しています。働き学ぶ研究所全構成員の成長を第一に、それぞれがオンリーワンとなる独自性の高い世界最先端の研究による、社会課題の解決と新産業創成を行っています。大学院で最先端研究に挑戦したい学生の方や当研究所で研究をしたいと意欲のあるポスドクの方は、ぜひ研究室公開に参加して、魅力的な研究分野と研究室を見つけてください。ご興味のある方は事前申し込みの上、ぜひご来場ください。

日時 平成30年 5月26日(土)13:00~(受付12:30)
場所 大阪大学 産業科学研究所
対象者 大学生・大学院生・博士研究員
スケジュール

12:30 受付開始

13:00 挨拶

13:10 各研究グループの紹介(ショートプレゼン)

14:00 各研究科の入試案内

14:30 研究室訪問

17:00 終了

お申込

メールにて下記情報をお送り下さい。後日事務局から登録完了のメールを返信いたします。

件名:産研 研究室見学希望
宛先:renkei-kyouiku[at]sanken.osaka-u.ac.jp ※[at]を@に変更してください。
1.氏名(漢字・ふりがな)
2.所属(大学・学部名/大学院・研究科名)
3.(2018年4月現在の)学年など

(返信の無い場合は、再度メールをお送りいただくか、お電話等でご確認ください。)

お問い合わせ 大阪大学 産業科学研究所 企画室(06-6879-8380)

公開研究室一覧(随時更新中)

量子システム創成研究分野
(大岩研)
 大岩研究室では、21世紀の高度情報化社会を支える新しい光・電子・スピンデバイスの研究を行っています。半導体を中心に、電子スピンや光子の量子力学的性質を利用した量子情報処理や、新しい光・電子・スピン材料の創製と融合とそれらに基づいたスピントロニクスが研究の主な舞台です。高品質材料の創製と評価そして精密な量子輸送測定まで一貫して行い、光、電子、スピンの量子性を自由に操る量子ナノ構造がもたらす新しい現象の実現をめざしています。
(大学院担当)理学研究科(物理学専攻)
(大学院担当)工学研究科(電気電子情報工学専攻)
先進電子デバイス研究分野
(関谷研)
 関谷研究室では、多様性に富む、有機材料の分子構造、電子状態、物性を高度に制御する技術を用いた「フレキシブルなエレクトロニクス、フォトニクス」の研究開発を行っています。 「本当に社会で使えるモノづくり」をキャッチフレーズに、基礎科学と先端技術の融合科学を研究しています。
 数学、物理学などの基礎科学に根ざした学術から実社会に貢献する回路設計、システムまでを包括的に研究開発し、社会に貢献する真のモノ づくりに取り組んでいます。 具体的には、世界初のシート型脳波センサ、埋め込み型の医療機器、 構造物の状態診断が可能なシート型センサの研究開発を行っています。
(大学院担当)工学研究科(精密科学・応用物理専攻 応用物理学コース)
複合知能メディア研究分野
(八木研)
 八木研究室では、コンピュータビジョンと映像メディア処理に関する研究をしています。センサ開発などの基礎技術から、ロボットに高度な視覚機能を与えることをめざした知能システムの開発まで、視覚情報処理に関する幅広いテーマを扱っています。 例えば、周囲360度を撮影できる全方位視覚センサ、内視鏡映像の医用画像処理、人間の歩き方に基づく個人認識や意図・感情推定、反射特性の計測とCGへの応用、ウェアラブルカメラを用いた防犯システム、近赤外光を用いた人体計測、3次元形状計測技術の開発などの研究を行っています。

(大学院担当)情報科学研究科(コンピュータサイエンス専攻)
知能推論研究分野
(鷲尾研)
 情報通信ネットワークやセンシング技術の発達によって、さまざまな科学・社会分野で大規模データが収集・蓄積されつつあります。人間はこのようなデータが表す事実に基づいて推論や学習を行い、新たなものを創造します。しかし、人間の情報処理能力には認知的・生理的な限界があり、非常に大量のデータから短時間に有意義な知識を導き出すことは困難です。鷲尾研究室では、一般的な数学的制約や統計的探索機構を用いて、大規模データが示す規則性を知識として効率よく発見する手法の研究を行っています。博士後期課程進学希望者を募集します。

(大学院担当)工学研究科(電気電子情報工学専攻)
知識科学研究分野
(駒谷研)
 駒谷研究室では、音声やことばを使って人と賢く対話するコンピュータに関する研究をしています。これは音声対話システムと呼ばれ、ここ数年では店頭で人に反応するロボットや、人の声を認識するスマホ上のアプリが有名です。しかし現状のシステムは、(システム開発者が事前に用意した)一問一答であればうまく応答できますが、「どんな状況でも、どんなことを聞いても、うまく応答できる」という状態にはまだまだ至っていません。賢い対話システムを実現するために、音響信号処理、自然言語処理、機械学習、知識表現などに関する基礎技術から、ロボット上での対話システム開発まで、幅広く研究を行っています。

(大学院担当)工学研究科(電気電子情報工学専攻)
知能アーキテクチャ研究分野
(沼尾研)
 パソコンを初めとする情報環境が普及するにつれて、インタフェースの悪さに起因するテクノストレスや、スパムメール、多量データによる情報洪水の問題に社会の関心が集まっています。
 沼尾研究室では、これらの原因がコンピュータシステムの柔軟性の欠如にあることを早くから指摘し、その対策として適応および学習能力を持った人口知能の開発を提唱してきました。心理実験と高度な機械学習技術の組合せにより、こうした課題の克服をめざしています。

(大学院担当)情報科学研究科(情報数理学専攻)
自然材料機能化研究分野
(能木研)
 樹木をはじめとする植物細胞壁は、幅4-20nmのセルロースナノファイバー(セルロースミクロフィブリル)からできています。セルロースナノファイバー材料研究分野では、このナノファイバーを植物から取り出し、新しい材料を開発しています。
 さらに、それらの材料をエレクトロニクス産業分野などに結びつけるため、ナノファイバー材料の特性向上技術やプロセス技術を開発しています。

(大学院担当)工学研究科(工学研究科 応用化学専攻)
先端ハード材料研究分野
(関野研)
 関野研究室では、セラミックスや金属などを中心とした材料のナノからマクロまでの構造設計・制御および融合技術をキーテクノロジーとして、多様な機能を獲得した「機能共生型」バルク材料やナノ材料の創製を行い、構造や基礎物性・特性評価およびその機構解明を通じて、新規な構造特性や機能特性を有する先端材料の研究開発を目的としています。
 具体的には、力学機能と電磁気・光学的機能などが共生したセラミックス基 材料やナノハイブリッド材料、新規な弾性率計測・解析手法に基づく特性支配 因子の解明、酸化物ナノチューブなど低次元 ナノマテリアルの設計と環境・エ ネルギー・センシング・生体適合性などの高次機能開拓研究を通じ、次世代社 会を担う基盤材料創出とその応用展開を指向しています。

(大学院担当)工学研究科(マテリアル生産科学専攻)
先端実装材料研究分野
(菅沼研)
 菅沼研究室では、ナノレベルの異相界面制御で、次世代電子、自動車、自然エネルギー、航空宇宙分野の新技術を切り開き産業を盛り上げながら、新学際領域の形成に寄与しています。

(大学院担当)工学研究科(知能・機能創成工学専攻)
量子ビーム物質科学研究分野
(古澤研)
 半導体製造における極端紫外光リソグラフィ、粒子線ガン治療等、今後電離放射線領域にある量子ビームの利用が大きく展開していくことが予想されます。古澤研究室では最先端の量子ビーム(電子線、極端紫外光、レーザー、放射光、X線、ガンマ線、イオンビーム)を利用して、量子ビームが物質に引き起こす化学反応と反応場の研究を行っています。量子ビームによる物質へのエネルギー付与から、化学反応を経て、機能発見に至るまでの化学反応システムの解明を常温常圧下だけでなく、高温高圧状態や超臨界状態といった極限状態下においても測定し、得られた知見から新規化学反応システムの構築を行ってます。

(大学院担当)工学研究科(応用化学専攻)
機能物質化学研究分野
(笹井研)
 笹井研究室では、医薬品などの原料として有用な光学活性化合物を効率良く供給できる「触媒的不斉合成」の研究を行っています。
 実用性の高いエナンチオ選択的触媒反応の創出をめざして、新しい概念に立脚したキラル触媒や反応メディアを設計し、それらを利用した省エネルギー・環境調和型合成プロセスの開発に取り組んでいます。

(大学院担当)理学研究科(化学専攻)
精密制御化学研究分野
(中谷研)
 中谷研究室では、有機合成化学を基盤としたケミカルバイオロジーとナノテクノロジーを指向した研究を進めています。
 DNA、RNAの特異な構造に結合する小分子化合物の創製とそれら分子による遺伝子発現制御、DNAナノ構造の機能化、天然には存在しない新奇化学構造を持つ核酸の創製などをめざしています。

(大学院担当)理学研究科(化学専攻)
医薬品化学研究分野  人類は薬によって多くの病気を克服してきましたが、近年、創薬標的の枯渇が現実のものとなりつつあり、従来とは異なる新たな創薬標的が求められています。医薬品化学研究分野では、次世代の創薬標的の1つであるタンパク質間相互作用(Protein-Protein Interaction;PPI)に着目し、特に未開拓領域であるの低分子化合物による細胞内PPIの安定化に関する研究を化学、生物学の両面から進めています。
 また、ペプチド核酸を用いたウイルスゲノム診断デバイスの創製などの研究も行っています。
生体分子反応科学研究分野
(黒田研)
 黒田研究室では、生体分子間の相互作用(反応)に基づくさまざまな生命現象を解明し、その作動原理に基づく技術を開発し、バイオ関連産業、特にバイオ医薬品開発に資することを目標としています。具体的には、生体内の特定組織や細胞を認識し感染するウイルスをモデルとする薬物送達システム(DDS用ナノキャリア:バイオナノカプセル)、独自開発した全自動1細胞解析単離ロボットをコアとする1細胞解析技術(1細胞育種、モノクローナル抗体迅速樹立)、生体分子のナノレベル整列固定化技術(超高感度・超高特異性バイオセンサー)、生体内の病原タンパク質を選択的に除去するバイオミサイル技術の開発を行っています。また、生体触媒である酵素の活性部位構造や立体構造、触媒反応機構を明らかにするべく研究を展開しています。特に、キノヘムプロテイン・アミン脱水素酵素の共有結合型補酵素(ビルトイン型補酵素)の生成機構、補酵素形成に関連して起こるペプチド架橋形成の機構解明に力を注いでいます。そのほか、タンパク質構造解析技術を応用して、バイオフィルム形成や病原性発現に関わる細菌情報伝達系を標的とする新規抗菌剤の開発や、薬物送達システムの最終段階に関わる細胞内膜系のダイナミクスの機構の解明にも取り組んでいます。

(大学院担当)理学研究科(生物科学専攻)
(大学院担当)生命機能研究科
生体分子制御科学研究分野
(西野研)
 生物界には異物排出トランスポーターと呼ばれる一群の膜輸送体が広く分布しており、細胞レベルのもっとも基本的な生体防御機構を担っています。これらトランスポーターは病原細菌やガン細胞の多剤耐性因子であり、今日の医療現場で大きな問題となっています。また、近年の研究からこれらトランスポーターは多剤耐性に加え、病原性発現や情報伝達等の重要な生理機能を担っていることが分かってきています。
 西野研究室では、多剤耐性病原細菌による感染症を未然に防ぐこと、トランスポーターの生理機能を明らかにすることを目的として研究を推進しています。トランスポーターとその制御因子をターゲットとした阻害剤を開発することで、新規治療法の確立をめざしています。

(大学院担当)薬学研究科
生体分子機能科学研究分野
(永井研)
 生命現象の本質の一つとして、“数個から数10個程度”の少数の要素分子から構成されるナノシステムが“協同的”に動作することか挙げられます。永井研究室では、生体分子、細胞レベルの生命現象を研究対象として、遺伝子工学技術に基づく生体分子可視化技術を駆使し、「個と多数の狭間が織りなす生命システムの動作原理」を明らかにすることを大きな研究テーマに掲げています。
 個々の分子、個々の細胞のふるまいを生きた状態で可視化するのみならず、蛍光共鳴エネルギー移動などを利用した細胞内斥候分子を細胞内や組織内のあらゆる部位に放つことによって、細胞内シグナル伝達を担うタンパク質のリン酸化状態や細胞内カルシウムイオン濃度の変化といった細胞内シグナルの流れを可視化し、さらには操作します。細胞内生体分子の数・個性をターゲットととした「少数性生物学」という新しい学問領域を切り開くために、研究を推進しています。
 また、次世代の超省エネルギー社会の実現に向けて、高光度で多色に発光する植物の作出を進めています。

(大学院担当)工学研究科(生命先端工学専攻)
(大学院担当)生命機能研究科
(大学院担当)薬学研究科
ナノ機能材料デバイス研究分野
(田中研)
 田中研究室では、原子・分子配列を直接的に制御するボトムアップ手法によりナノ構造を形成し、機能をナノレベルで有機的に連携する方法論を確立することにより、従来の原理を超えた機能を発現するマテリアル・デバイスの創出を行います。
(1) Siに無い機能を有するエキゾティクマテリアルに対し、ボトムアップナノテクノロジーの一つである原子・分子層制御人工格子形成技術を駆使し、空間的、エネルギーレベル的に最適な配置・組み合わせを考慮した原子・分子配列を有するナノ機能材料を創製します。量子効果が支配的となるナノスケールにおいて物質の性質を設計することにより、従来に無い、あるいは凌駕する機能を創出し、その発現機構を明らかにします。
 (2) 人工格子結晶成長法(ボトムアップ・ナノプロセス)とナノ加工技術(トップダウン・ナノプロセス)とを融合し、ナノ機能材料を望みの位置に、3次元方向全てに制御して形成することにより機能集積された新奇ナノデバイスを構築します。
(3)上記のナノ機能材料デバイスを用いたスピンエレクトロニクス、省・創エネルギーデバイス、生体類似機能デバイス応用に関する研究を行っています。

(大学院担当)基礎工学研究科(物質創成専攻)
ナノ極限ファブリケーション研究分野
(吉田研)
 吉田研究室では、最先端のレーザーフォトカソードRF電子銃加速器を用いてフェムト秒・アト秒短パルス電子ビームを発生し、フェムト秒・アト秒パルスラジオリシスとフェムト秒超高速電子顕微鏡・電子回折装置を開発しています。パルスラジオリシスと超高速電子顕微鏡・電子回折装置を用いて、量子ビーム誘起初期過程や化学反応ダイナミクスを明らかにし、新機能性物質・ナノ極限ファブリケーションプロセスの開発に役立てます。

(大学院担当)工学研究科(環境・エネルギー工学専攻)
ナノ機能予測研究分野
(小口研)
 第一原理計算に基づき、種々の固体系・表面系で発現する物性・機能を理論的に予測する研究を行っています。発現機構を電子状態の特異性から明らかにすることによって、新たな物質を設計する研究への展開を試み、多くの実験研究グループと共同研究を進めています。また、第一原理計算に必要となる基礎理論や計算手法の開発にも取り組んでいます。

(大学院担当)基礎工学研究科(物質創成専攻)
バイオナノテクノロジー研究分野
(谷口研)
 谷口研究室では、ナノテクノロジーを駆使して作るナノデバイスを用いることで、1分子の電気伝導度、温度、熱、構造などを調べる1分子解析技術を開発し、1分子科学の基礎を開拓しています。
 また、1分子解析技術の応用により、オーダーメイド医療を担う1分子DNA・RNAシークエンサーや1分子構造解析法を開発しています。基礎から応用まで一貫した研究により、安心・安全・健康な社会に資するバイオイノベーションの創出をめざしています。

(大学院担当)理学研究科(化学専攻)

大学院について

 産業科学研究所の教員は、大阪大学大学院の理学研究科、薬学研究科、工学研究科、基礎工学研究科、情報科学研究科、生命機能研究科の6研究科に所属しています。入試情報については下記をご参照ください。
●印がついている専攻が、今回公開している研究室の所属先です。

理学研究科 >>>●物理学専攻 >>>●化学専攻 >>>生物科学専攻
薬学研究科 >>>●薬学研究科
工学研究科 >>>●電気電子情報工学専攻 >>>●マテリアル生産科学専攻 >>>●知能・機能創成工学専攻 >>>●生命先端工学工学専攻 >>>応用化学専攻 >>>●応用物理専攻
基礎工学研究科 >>>物質創成専攻
情報科学研究科 >>>●情報数理学専攻
生命機能研究科 >>>●生命機能研究科

アクセス

大阪府茨木市美穂が丘8-1(大阪大学吹田キャンパス内)

大阪モノレール「阪大病院前」徒歩15分

阪急千里線「北千里」徒歩25分

阪急バス・近鉄バス「阪大本部前」徒歩15分