【大阪大学産業科学研究所 戦略室(阪大産研戦略室)のご紹介】

2020年4月1日より、大阪大学産業科学研究所(阪大産研)の産学連携を担う産学連携室と所内企画を担当する企画室が合併した「戦略室(The SANKEN Strategy Office)」が設立されました。メンバーは、阪大産研所長(室長)、事務部長(副室長)、新産業創造研究分野の3名の教員(井関特任教授、小倉特任教授、加藤特任准教授)から構成されます。産学連携・知的財産活用全般、所内企画(主に広報、国際関係)に加えて研究所の戦略計画策定までを総合的に担うセクションとして新たに活動を開始しました。産学連携・共同研究のご相談、競争的資金獲得のための公募申請など、企業の皆様並びに所内外研究者の皆様から幅広くご相談をお受けさせていただきます。

【阪大産研戦略室は何をしているのか?】

阪大産研の研究内容や施設を紹介します

産学の共同研究等の企画・推進を行います

阪大産研が持つ研究シーズの実用化開発・事業化を支援します

企業リサーチパークの運営

産研テクノサロンの運営

日本だけでなく海外の研究機関と阪大産研の国際的な連携・協働の推進を行います

【阪大産研戦略室 メンバー(2023年10月1日現在)】

室 長:関野 徹 教授(産業科学研究所 所長)
副室長:山本浩司 事務部長(産業科学研究所 事務部長)
室 員:小倉基次 特任教授(常勤)(産業科学研究所 新産業創成部門 新産業創造システム研究分野)
室 員:加藤久明 特任准教授(常勤)(産業科学研究所 新産業創成部門 知的財産研究分野)
室 員:鍵谷 圭 特任研究員(産業科学研究所 戦略室)
室 員:山崎知奈美 特任事務職員(産業科学研究所 戦略室)
室 員:後藤里香 特任事務職員(産業科学研究所 戦略室)

兼 任:家島明彦 准教授(キャリアセンター 副センター長)