研究概要

当研究室では、生体分子間の相互作用(反応)に基づく様々な生命現象を解明し、その作動原理に基づく技術を開発し、バイオ関連産業、特にバイオ医薬品開発に資することを目標としている。また、生体触媒である酵素の活性部位構造や立体構造、触媒反応機構を明らかにするべく研究を展開している。

研究課題

  1. B型肝炎ウイルスの生体内標的化能、ステルス能、細胞内侵入能、エンドソーム脱出能等を模倣した薬物送達システム(DDS用ナノキャリア; バイオナノカプセル(BNC))の開発、及び同ウイルスの初期感染機構の解析(PI:黒田)
  2. 全自動1細胞解析単離装置(独自開発ロボット、商品化済)をコアとする1細胞解析技術(1細胞育種法、モノクローナル抗体迅速樹立法)の開発(PI:黒田、立松)
  3. 任意のニオイ分子に対する嗅覚受容体群の網羅的解析技術及びヒト型ニオイセンサーの開発(PI:黒田、立松)
  4. バイオセンシング分子(抗体等)のナノレベル整列固定化技術による超高感度・超高特異性バイオセンサーの開発(PI:黒田、飯嶋)
  5. 生体内不要タンパク質を選択的に除去するバイオミサイルの開発(PI:立松)
  6. アミン酸化酵素(AGAO)の立体構造に基づく共有結合型補酵素(ビルトイン型補酵素TPQ)の生成機構及び反応機構の解析(PI:岡島)
  7. キノヘムプロテインアミン脱水素酵素(QHNDH)の立体構造に基づく共有結合型補酵素(ビルトイン型補酵素CTQ)の生成機構、補酵素形成に関連して起こるペプチド架橋形成機構の解析(PI:岡島)
  8. バイオフィルム形成や病原性発現に関わる細菌情報伝達系(TCS)の立体構造に基づく新規TCS標的抗菌剤の開発(PI:岡島)
  9. 醗酵食品の開発(PI: 黒田)