EN
SANKEN

研究成果

年度
タンパク質上の糖鎖合成はゴルジ体のどこで行われる? 最新技術で明らかにしたゴルジ体の真の姿 ~糖鎖合成異常から起こる病気の診断、治療法開発に期待~
\陽イオンも陰イオンもこれ一つ!/電気の力で二役をこなすイオンフィルタを開発~海水の淡水化や発電技術への応用展開に期待~
\実現!理想的なアミノ酸のクリーンな変換手法/ ホウ素触媒を巧みに設計。水素を用いて多様なアミノ酸・ペプチドをアルキル化
光電子運動量顕微鏡を二刀流にアップグレード 物性を決定づける原子軌道の完全解析への革新
「ねんねナビ®」に AI を搭載! 子どもの眠り改善に向け、家庭に応じたアドバイスを自動で ~弘前市での実証実験で有用性を確認~
大阪大学産業科学研究所と株式会社タツノオトシゴ【日本伝統文化×脳科学】産学共同研究プロジェクトスタート
  「豊かな社会を、脳で」をビジョンに掲げる株式会社タツノオトシゴ(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長 小倉進太郎、以下「タツノオトシゴ」)は、「着物・浴衣」の着用と着用時の活動が ...
生体内部が見える超解像顕微法を開発 ―3D多細胞組織内部を高解像で観察可能に―
 研究成果のポイント・厚みのある細胞や3D多細胞組織の内部を観察可能な超解像蛍光顕微法※1,※2を開発。 ・これまでの超解像顕微法は、焦点外からの背景光※3を多く生じる生体内部の観察には向か ...
水から水素を製造する「グリーン水素製造」効率を向上! 水の酸化反応速度に電解液が与える影響を解明
 研究成果のポイント・水の電気分解によるグリーン水素※1製造の効率の低下要因とそのメカニズムを解明 ・多くの高活性電極材料※2が開発されてきたが、その効率向上は頭打ちになってきており、電極材 ...