EN
SANKEN
研究室情報

知的インタラクション研究分野 Department of Intelligent Interaction

# 人工知能 # 機械学習 # 深層学習 # 知識発見

知能アーキテクチャ研究分野では、人工知能、機械学習、深層学習を基に、複雑な実世界の現象を対象にしたデータ解析方法論の研究開発を行っています。観測データからの知識発見に関する基礎指向の研究、ならびに実問題に即した応用指向の研究の両輪にて研究を進めています。基礎指向の研究では、特に時空間データからの知識発見と予測に関する研究を行っており、一方、応用指向の研究ではこれまで気象、地震、海洋、燃料電池、地熱、睡眠、歯学等、幅広い領域において共同研究を実施してまいりました。人工知能、機械学習技術に基づくデータサイエンスのさらなる進展を目指します。

メンバー

福井 健一 Ken-ichi Fukui 准教授 Research Map

研究紹介

時空間点過程データからの時空間パターン抽出
睡眠中の音に基づく睡眠評価と睡眠個性の解析

最新の研究テーマ

  • 時空間点過程データからの時空間パターン抽出
  • ノイズ環境における観測データからの偏微分方程式の発見
  • 睡眠中の音に基づく睡眠評価と睡眠個性の解析
  • 深層学習に基づく周期性を活用した気象予測

 

研究室情報

知的インタラクション研究分野 Department of Intelligent Interaction