大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

産業科学ナノテクノロジーセンター

Department of Nanocharacterization for Nanostructures and Functions
ナノ構造・機能評価研究分野

スタッフ

吉田 秀人
  • 准教授
    吉田 秀人
  • Assoc. Prof.
    H. YOSHIDA
神内 直人
  • 助教
    神内 直人
  • Assis. Prof.
    N. KAMIUCHI
麻生 亮太郎
  • 助教
    麻生 亮太郎
  • Assis. Prof.
    R. ASO

研究内容

ナノ構造ならびに機能の評価には電子顕微鏡法は必須の手法である。特に、電子顕微鏡を利用したナノ構造・ナノデバイスの生成プロセスの評価に加えて、ナノ構造・ナノデバイスが機能を発現中の評価も今後、重要になる。当研究分野では、気体中のナノ構造・ナノデバイスを原子スケールで観察できる高分解能の環境制御型透過電子顕微鏡(ETEM)を開発してきた。このETEMを利用して、各種気体と固体の界面で生じる動的な現象を原子・電子構造的に解析することで、新規なナノ構造・ナノデバイスの生成プロセスや機能の開発に貢献する。

研究課題

  • 1. 金属ナノ粒子の触媒能の原子・電子構造的解析
    2. カーボンナノ構造体の生成初期過程の解析
    3. 新規ナノ構造・機能解析法の開発
    4. 熱電ナノ材料の構造と特性の評価
    5. ナノギャップデバイス

図・グラフ

ナノプロセス評価のための環境制御型透過電子顕微鏡
  • ナノプロセス評価のための環境制御型透過電子顕微鏡
金ナノ粒子触媒の真空中とCO酸化反応環境下における環境制御型透過電子顕微鏡観察
  • 金ナノ粒子触媒の真空中とCO酸化反応環境下における環境制御型透過電子顕微鏡観察

紹介ビデオ