大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

産業科学ナノテクノロジーセンター

Department of Theoretical Nanotechnology
ナノ機能予測研究分野(小口研)

スタッフ

小口 多美夫
  • 教授
    小口 多美夫
  • Prof.
    T.OGUCHI
白井 光雲
  • 准教授
    白井 光雲
  • Assoc. Prof.
    K.SHIRAI
山内 邦彦
  • 助教
    山内 邦彦
  • Assis. Prof.
    K.YAMAUCHI
籾田 浩義
  • 助教
    籾田 浩義
  • Assis. Prof.
    H.MOMIDA

研究内容

第一原理計算に基づき、種々の固体系・表面系で発現する物性・機能を理論的に予測する研究を行っている。発現機構を電子状態の特異性から明らかにすることによって、新たな物質を設計する研究にも展開している。また、第一原理計算に必要となる基礎理論や計算手法の開発にも取り組んでいる。

研究課題

  • 1.対称性の破れと新奇物性発現機構
    2.相図予測に基づく物質設計
    3.マルチフェロイクス物性・トポロジカル物性
    4.第一原理計手法の開発とマテリアルズインフォマティクス

図・グラフ

Aサイト秩序型ペロフスカイトCaCu3Ge4O12とCaCu3Ti4O12のa)結晶構造とb)非占有軌道に対応する部分電荷密度分布図(スピン分極密度を色で表す)。CaCu3Ti4O12の反強磁性秩序はTiサイトの非占有軌道を経由する超交換相互作用によるものであることが第一原理計算によって明らかにされた。
  • Aサイト秩序型ペロフスカイトCaCu3Ge4O12とCaCu3Ti4O12のa)結晶構造とb)非占有軌道に対応する部分電荷密度分布図(スピン分極密度を色で表す)。CaCu3Ti4O12の反強磁性秩序はTiサイトの非占有軌道を経由する超交換相互作用によるものであることが第一原理計算によって明らかにされた。

紹介ビデオ