EN
SANKEN
研究室情報

分子システム創成化学研究分野(山口研) Division of Synthetic Chemistry for Molecular Systems (Yamaguchi Lab.)

# 合成分子システム # 細胞 # 生体高分子 # バイオテクノロジー

データサイエンスの発展に伴い、生命システムに関わる大規模な情報が、ライフサイエンスや医療、産業に利活用されています。そこで、私達の研究室では、有機合成化学を使って、これまでに獲得できなかった未知の生命情報を得るための新しい分子システムを創り出すことを目的として研究を行っています。望みの機能を有する合成分子を創出して、標的とする生体分子や細胞を制御するシステムや可視化するシステム、効率良く生産するシステムを開発する研究に取り組み、生体分子や細胞を操作するための新しい学理の探究を行っています。開発した分子システムは、再生医療や創薬、診断、ドラックデリバリーといった医療分野から、有用物質生産やバイオセンサーなどの食料・環境分野までの幅広い課題を解決するプラットフォーム技術として、国内外の共同研究者と一緒に応用研究を行っています。

メンバー

山口 哲志 Satoshi Yamaguchi 教授
Research Map
学位:
博士(工学)(2004年3月 東京大学)
経歴:
2024年1月 - 現在 大阪大学 産業科学研究所 教授
2022年4月 - 2023年12月 東京大学 大学院工学系研究科, 准教授
2016年10月 - 2020年3月 科学技術振興機構 さきがけ研究員(兼任)
2013年2月 - 2022年3月 東京大学 先端科学技術研究センター 講師 (2019年8月より准教授)
2006年4月 - 2013年1月 東京大学 大学院工学系研究科 特任助教 (2008年12月より助教)
2005年8月 - 2006年3月 京都大学 大学院工学研究科 研究員
2004年4月 - 2005年7月 九州大学 先導物質化学研究所 研究員
滝澤 忍 Shinobu Takizawa 准教授 Research Map
山平 真也 Shinya Yamahira

研究紹介

光活性化細胞付着表面を用いた異種細胞の光パターニング技術と異種細胞ペア(緑:がん細胞、無:免疫細胞)の1細胞相互作用アッセイ
生体高分子や細胞を光応答性に変換する嵩高いケージング法とケージド毒性タンパク質の細胞内光制御およびケージド免疫細胞の貪食の光制御

最新の研究テーマ

  • どんな細胞の接着も自在に光制御できる光応答性細胞培養表面の開発
  • 1細胞観察画像を指標に細胞を大規模に選別して遺伝子解析を行うワークフローの開発
  • どんな生体分子や細胞も化学的に刺激応答性に変換する分子システムの開発
  • 生命システム内の構成分子や細胞を選択的に可視化する刺激応答性プローブの開発
  • タンパク質や細胞の大量生産を介助する化合物や材料の開発
研究室情報

分子システム創成化学研究分野(山口研) Division of Synthetic Chemistry for Molecular Systems (Yamaguchi Lab.)