大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

企業の方へ

産業科学研究所では、民間企業等との共同研究、受託研究や、企業様を対象とした講習会の開催、社会人教育など産学連携に積極的に取り組んでおります。

技術を相談したい(技術相談/学術相談)

技術相談
技術相談
 技術課題や解決したい問題点について本研究所の専門スタッフが内容をお聞きし、ご相談内容に応じた研究者や各種制度の紹介など課題解決に向けた助言を行います。
学術相談
学術相談
 本研究所の教職員が専門的知識に基づき学術上の課題解決等について指導助言を行う制度です。
お問い合わせ:産学連携室
air-office@ sanken.osaka-u.ac.jp
※@の後ろに空白(ブランク)が入っていますので、取り除いてメールを送信してください。

大学のシーズを使いたい(共同・受託研究/共同研究部門/講習会の開催)

共同研究
共同研究
 御社と本研究所の教員が共通の研究テーマを持ち、研究業務を分担し、あるいは本研究所に御社の研究員を受け入れて実施します。
受託研究
受託研究
 御社の研究テーマに基づき、本研究所の研究者が研究を実施し、成果を受託者に報告する制度です。
研究成果有体物の提供(MTA)
 研究の結果得られた成果有体物の産業等への利用を希望される場合に利用できる制度です。
共同研究部門の設立
 御社から資金を提供いただき、大学内に研究組織を設置し共同して研究を実施します。
各種講習会の開催
各種講習会の開催
 研究成果を中心とした講演会と相互の意見交換と懇親をはかるための親睦交流会などを開催しております。また、特定のテーマについて最先端の情報入手と深い議論が可能な研究会を開催しております。
● 産研テクノサロン
● 産研ざっくばらんトーク
● 新産業創造研究会
お問い合わせ:産学連携室
air-office@ sanken.osaka-u.ac.jp
※@の後ろに空白(ブランク)が入っていますので、取り除いてメールを送信してください。

大学の施設を使いたい

企業リサーチパーク
企業リサーチパーク

 研究開発、実験用のスペースです。企業が研究開発のために利用することができるインキュベーション施設です。

公式サイトへ

ナノテクノロジー設備供用拠点
ナノテクノロジー設備供用拠点

 ナノテクノロジーに関する先端的な研究施設・機器を供用する施設です。産業科学研究所では微細加工、分子・物質合成に必要な技術支援を行ないます。

公式サイトへ

量子ビーム科学研究施設
量子ビーム科学研究施設

 放射線共同利用研究施設です。主要装置は、Lバンド電子ライナックと、SバンドRF電子銃ライナック、Sバンド150MeV電子ライナック、コバルト60ガンマ線照射装置です。それぞれ大阪大学ばかりではなく、海外を含む学外の多数の研究者による施設利用や共同研究に利用されています。

公式サイトへ

無響実験室
無響実験室

 広さ4.0m×7.2m(高さ4.0m)、室内音圧レベルは30dB以下となるよう設計された無響室を備えており、壁面や床面、天井による音響的な反射や残響のない環境下での音響特性測定が可能です。

公式サイトへ

試作工場
試作工場

 機械加工室とガラス加工室から構成されており、種々の理科学実験装置や実験器具を、試作段階から研究者と綿密な連携を保ちながら、設計・製作し、研究支援を展開しています。CNC旋盤、CNC円筒研削盤をはじめ機械設備の充実を図り、加工範囲の拡充・高精度化などの最新技術を提供している。

公式サイトへ

お問い合わせ:産学連携室
air-office@ sanken.osaka-u.ac.jp
※@の後ろに空白(ブランク)が入っていますので、取り除いてメールを送信してください。

研究内容を知りたい

研究紹介をご覧ください。

研究紹介

寄付金について

科学技術研究の振興や特定の研究分野の発展のために寄付をお願いいたします。ご希望の方は下記までお問い合わせください。
お問い合わせ:産学連携室
air-office@ sanken.osaka-u.ac.jp
※@の後ろに空白(ブランク)が入っていますので、取り除いてメールを送信してください。

まずはご相談ください。

まずはご相談ください。

産学連携室では、産研の研究内容や施設の紹介、産学の共同研究等の企画・推進、研究の実用化開発・事業化を支援します。

公式サイトへ

お問い合わせ:産学連携室
air-office@ sanken.osaka-u.ac.jp
※@の後ろに空白(ブランク)が入っていますので、取り除いてメールを送信してください。

研究所を支援する産研協会

研究所を支援する産研協会

大阪大学産業科学研究所に対する産業界の後援団体として、産業の発展に貢献するために、産業科学に関する知識の普及、研究成果の実用化並びに産業創造人材の育成に係る事業を展開しています。

公式サイトへ