大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

第1研究部門(情報・量子科学系)

Department of Semiconductor Electronics
界面量子科学研究分野(千葉研)

スタッフ

千葉 大地
  • 教授
    千葉 大地
  • Prof.
    D.CHIBA
井上 恒一
  • 准教授
    井上 恒一
  • Assoc. Prof.
    K.INOUE
金井 康
  • 助教
    金井 康
  • Assis. Prof.
    Y.KANAI
小野 尭生
  • 助教
    小野 尭生
  • Assis. Prof.
    T.ONO
小山 知弘
  • 助教
    小山 知弘
  • Assis. Prof.
    T. KOYAMA

研究内容

当研究分野では、スピントロニクス材料・ナノカーボン材料・フレキシブル素材などの様々な材料の潜在能力を引き出したり、それらを積極的に融合することによって、様々な社会要請に資する新たなエレクトロニクスデバイスやセンシング原理等を創出することを目指している。特に、ナノメートル程度の厚みの金属磁石膜やそれらを用いた積層構造を舞台としたスピントロニクスデバイス、それらをフレキシブル基板上に配備した柔らかいスピンデバイスや、グラフェンを用いた次世代の量子・バイオデバイスなど、基礎から産業応用に至るまでの幅広い研究を進めている。

研究課題

  • 1. スピントロニクス素子に柔らかさを付与した知能集積デバイスの開発
    2. 電流や電界・応力による磁性の変化・制御に関する研究
    3. ナノカーボンの合成、およびそれらを用いたトランジスタの作製
    4. ナノカーボンを用いた量子デバイスやバイオデバイスの開発
    5. 社会課題を解決するスピン・磁気デバイスに関する研究
    6.

図・グラフ

様々な手段を用いた磁性の制御
  • 様々な手段を用いた磁性の制御
  • Control of magnetism using external means
ナノカーボンを用いた量子デバイスやバイオデバイスの開発
  • ナノカーボンを用いた量子デバイスやバイオデバイスの開発
  • New nanocarbon devices