大阪大学 産業科学研究所

ISIR OSAKA UNIVERSITY

第3研究部門(生体・分子科学系)

_fieldName

本研究部門は、改組前の生体応答科学研究部門と機能分子科学研究部門を母体とした生体科学系研究分野および分子科学系研究分野からなる研究部門で、励起分子化学、機能物質化学、精密制御化学、複合分子化学、生体触媒科学、生体情報制御科学、生体分子機能科学の7研究分野で構成されている。
生体科学系においては、これまで、酵素の構造と触媒機能、情報受容と制御、生体エネルギー変換、膜輸送、遺伝子発現制御など生物にとって最も基本的な反応の分子機構を解明すべく研究を進めてきた。一方、分子科学系においては、分子化学の基礎から応用に及ぶ多様な研究を基盤として、有機化学、物理化学、触媒化学、表面化学、ビーム化学、材料化学、さらには生体機能の分子化学的解明などにも研究を展開してきた。本研究部門では、各研究分野の独自の研究をさらに深化させることを基本としつつ、生体科学と分子科学の新たな融合研究の創成も目指す。
教育面では、理学研究科(化学専攻、生物科学専攻)、工学研究科(応用化学専攻、応用生物工学専攻)、薬学研究科(創成薬学専攻・医療薬学専攻)、および生命機能研究科から大学院学生を受け入れており、広い視野を持つ研究者の育成を目指している。